ブレーンバスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般的なブレーンバスターの形。

ブレーンバスターBrainbuster)は、プロレス技の一種である。日本名は脳天砕き(のうてんくだき)。

かつてはブレーンバスターをパイルドライバーバックドロップジャーマン・スープレックスと並ぶ四大必殺技と形容することもあった。

概要[編集]

多くの派生技が存在するが日本における現在の基本的な形は前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して右手で掴み、持ち上げた相手の左腕を自身の首の後ろに引っ掛けて右手でタイツを掴み、相手の体を垂直になるまで持ち上げて後ろに倒れ込み、相手の背中を叩きつける。

しかし、最初に考案された形のフォームは現在の基本形とは異なり、相手を上下逆さまの状態で落下させて頭部を打ちつけるという形であった。しかし、危険すぎるため改良がなされて背面から落とす形に変化して、それが定着し現在に至っている。背面から落とす技なのに「ブレーンバスター」、「脳天砕き」という名称なのは、その名残である。

だが、1990年代前半に当初の頭部から打ちつける形が再び使用されはじめ、すでに「ブレーンバスター」、「脳天砕き」の名称が定着していた背面から落とす形と区別するため、垂直落下式元祖オリジナル式の単語をブレーンバスター(脳天砕き)の技名の前に付けて呼ぶようになった(なお厳密には垂直落下式と元祖(オリジナル式)は若干違いがある。詳しくは下記の「起源」を参照)。

ただし、海外では事情が異なり、頭部から落とす考案時のフォームが使用されなくなり、背面から落とすフォームが使用され始めたとき、混同を避けるため、背面から落とす形の方をバーティカル・スープレックスと呼んで明確に区別している。

起源[編集]

ブレーンバスターを開発したのはキラー・カール・コックスである。また、後に、この技の名手として名を馳せたのが、アメリカ南部でコックスと抗争していたディック・マードックであった。前述の通り、両者共に頭部を下にした体勢から垂直に落とすスタイルのブレーンバスターを使用していた。

なお、現在のプロレス界で垂直落下式ブレーンバスターと呼ばれている技は相手の頭部を打ちつける点で共通しているものの厳密にいえばコックスやマードックが使用していたものとはフォームなどが若干異なる。彼等のブレーンバスターの特徴は自らは完全に倒れ込まず、尻餅をつくような体勢になりながら相手を頭部からマットに落とす点にあり、これに対して近年使用されている垂直落下式は受身をとり易く改良されたものである。このため、コックスやマードックが使用したブレーンバスターおよび、それとほぼ同型のものを「元祖オリジナルブレーンバスター」と呼び、現在一般化している垂直落下式と区別する場合もある。例として小橋建太はコックスらと同型のブレーンバスターを「リアル・ブレーンバスター」と称して通常のものと使い分けている。また、ゲームなどでも同様の例がある(エピソードの項目を参照)。

一方、相手を背面から投げ落とす形のブレーンバスターの開発者はサイクロン・ネグロであるとされる。垂直落下式は危険性が大きいが、反り投げ式は見た目が派手でなおかつ安全であるなどの理由から、この方式が広く普及したといわれている。この反り投げ式ブレーンバスターは、多くのレスラーが得意技として用いた。現在では、この形のブレーンバスターで決着がつくことはほとんどなく、試合序盤から中盤で出される繋ぎ技、痛め技として用いられている。

かけ方[編集]

両フォームに共通だが技を掛ける際に受け手と掛け手の組み方が全く同じになるため、相手に投げ返される危険性が常に伴う技といえる。

背面から投げ落とす形
前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して右手で掴み、持ち上げた相手の左腕を自身の首の後ろに引っ掛けて右手でタイツを掴み、相手の体を垂直になるまで持ち上げて後ろに倒れ込み、相手の背中を叩きつける。
頭部から叩き落とす形
前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して右手で掴み、持ち上げた相手の左腕を自身の首の後ろに引っ掛けて右手でタイツを掴み、相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を打ちつける。また、前述の通りコックスやマードックの使用した元祖の形は落とすときに違いがあり、自分が後方へ倒れるのでなく尻餅を着くような姿勢となりながら相手の頭部を打ちつける。

返し方[編集]

  • 組まれた際に踏ん張り、逆にブレーンバスターで返す。とくに巨漢の選手が軽量級の選手を投げようとして逆に投げられたり、2人がかりで巨漢の選手を投げようとして逆に2人まとめて投げられるなどといったお約束的なムーブも生まれる。
  • 空いている方の手で相手の腹などを殴る。
  • 頂点まで持ち上げられた際に体を捻って脱出してジャーマン・スープレックスバックドロップなどで反撃する。
  • 藤原喜明脇固めで切り返した。
  • PACは相手の上空でロックを抜け出して、そのまま身体を空中で前方に半回転させてウラカン・ラナで切り返した。

ブレーンバスターをこらえた後に両者が組み合ったまま力比べに移行する様はファンに古くから好まれているムーブの1つである。

バリエーション[編集]

セカンドロープからの雪崩式ブレーンバスター。
ブレーンバスターで持ち上げて静止した状態。
ブレーンバスター・ホールド
ブレーンバスターで投げた後、相手の体を離さずそのままブリッジするような体勢になり、相手をフォールする。現在ではあまり使用者はいない。
雪崩式ブレーンバスター
相手をコーナーポスト上に座らせた状態から雪崩式で投げる。スーパー・D(スーパー・デストロイヤー)ことスコット・アーウィンが考案者とされて、そのため、海外ではスーパープレックスSuperplex)と呼ばれる。日本でこの技を初めて披露したのは阿修羅・原である(1981年4月18日、アメリカ武者修行からの帰国第1戦である対スティーブ・オルソノスキー戦。原は当時アーウィンが主戦場としていたミッドサウス地区のMSWAに遠征していた)。大抵は背中から落とす形で投げるが、獣神サンダー・ライガー金丸義信ブラック・タイガー時代のエディ・ゲレロ垂直落下式も使用。なお、原の初披露の前日に木村健吾がこの技にトライしている(後述)。
高速ブレーンバスター
通常は完全に相手が逆さまになるように抱え上げてから繰り出すが、この抱え上げる時間をなくして、相手の体を捕まえた状態から「反り投げ」の様に、ブリッジするかのごとく自分の体を後方へ反らしながら相手を背面からマットへ投げる。スピードが速く低い弧で投げるため、相手は受身が取りづらいのが特徴。アメリカではスナップ・スープレックスSnap Suplex)とも呼ばれる。
ダイナマイト・キッドクリス・ベノワ菊地毅が使い手として知られて特に彼等は相手を捕まえた状態から、両足を踏み込むようにワンステップし、非常に速い速度で投げるのが特徴。
長滞空式ブレーンバスター
高速式とは反対に、相手を抱え上げた状態でしばらく静止した後に相手を投げる。基本は背面から投げ落とすタイプだが、垂直落下式でも使用されることがある。後述のリバウンド式などにも応用される。滞空時間が長いことで、相手に恐怖心を与えると同時に、受身を取るタイミングを惑わす効果がある。長時間抱え上げるほど客が盛り上げるが、その分全身の筋力が必要。
主な使用者はハーリー・レイスリック・フレアーデイビーボーイ・スミスクリス・キャンディードマイク・バートン小橋建太齋藤彰俊志田光
旋回式ブレーンバスター
相手を持ち上げた後、その場で180度から360度旋回してから投げる。垂直落下式で投げるものが多い。垂直落下式ではリッキー・フジローリングストーン望月成晃ツイスター中嶋勝彦ツイスター金丸義信タッチアウト永田裕志サンダー・デス・ドライバーの名称で使用。背面から投げる形を矢野通ナイトキャップの名称で使用。
リバウンド式ブレーンバスター
ブレーンバスターの要領で持ち上げるが、後ろへは投げず前方のロープに相手の腹部を叩き付けて、その後の反動を利用してそのまま反り投げ式で投げる。タリー・ブランチャード齋藤彰俊が使い手として有名。齋藤は滞空時間が長いのが特徴。
前方叩き付け式ブレーンバスター
ブレーンバスター・スラムブレーンバスター・ホイップ前方投げ捨て式ブレーンバスターとも呼ばれる。ブレーンバスターの体勢から、前方に向かって相手を投げ落として背面からマットへ叩き付ける。ブルーザー・ブロディジャンボ鶴田田上明等が得意とした。特にブロディは大きく跳躍しながらダイナミックに繰り出したのが特徴的で、ビル・ゴールドバーグがこの技をヒントにジャック・ハマー(後述)を考案したと言われている。
連続式ブレーンバスター
起き上がり小坊師式ロコモーションとも呼ばれる。投げた後、相手の体を捕まえたまま自分の体を横に捻りながら立ち上がり、再びブレーンバスターに移行する。
スリー・アミーゴス
3回連続での連続式高速ブレーンバスター。投げた後、自分の腰を上げ横に捻ることで、次の投げの体勢へ移行する。エディ・ゲレロ田口隆祐りほの得意技。
Brainbustaaaaahhhhh!!!!!
雪崩式ブレーンバスターの体勢から、マットでなくコーナーポストの頂点、もしくはトップロープへ垂直に落とす技。エル・ジェネリコのオリジナルホールド。ジェネリコはこの他にも、エプロンサイドへ垂直に落とす技「Brainbustaaaaahhhhh at apron」という技も使用。

派生技[編集]

リバース・ブレーンバスター
相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませて相手の喉元にリバースDDTの要領で自身の左腕を巻きつけて相手のタイツを右手で掴み、体を素早くブリッジさせて後方へと反り投げて相手の体をうつ伏せの状態で叩きつける。
ジャックハマー
ビル・ゴールドバーグのオリジナル技であり、代名詞的フィニッシュ・ホールド。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げて相手のタイツを掴んでいた右手を離して自身の体を左方向に捻って相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の背中を叩きつける。前述のブレーンバスター・スラムが原型とされる。Gammaガンマ・スラッシュブルー・ウルフモンゴルハマー浜亮太リョータハマーの名称で使用。
ライスシャワー
小橋建太朝日放送の番組『探偵!ナイトスクープ』の依頼を元に披露した技。完成した暁には小橋が実際に試合で使用する予定だが上記の通り、非常に高難度の技であり、小橋も番組内で「充分な練習が必要」と語っている。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げたあと一旦静止して抱えた首を支点にして相手の体を自身の背中の方へと落下させて相手の両足がマットに着地したところで自身も尻餅をつき、相手の後頭部を自身の右肩に打ちつける。
ゴー・フラッシャー
潮崎豪のオリジナル技。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げて両膝を屈伸させた反動を使って軽く宙に浮き上がらせた相手の体から腕を離して仰向けの状態で落下する相手の喉元を左腕で打ち下ろしのラリアットを叩き込み、自身は尻餅をつく形で倒れ込み、相手の背中や後頭部を叩きつける。

類似技[編集]

フロント・ネックチャンスリー・ドロップ
フロント・ネックロックの体勢から相手を後方へ反り投げる技。日本ではサンダー・ザボーが初公開。ブレーンバスターは、レスリングの基本的な投げ技として知られる、この技からの派生技とする説があるが、開発者であるキラー・カール・コックス本人が否定している。アントニオ猪木アントニオ・ドライバーの名称で使用。
フィッシャーマンズ・スープレックス
網打式原爆固めとも呼ばれる。ブレーンバスター・ホールドを放つ際に相手の片脚の膝裏から、ふくらはぎの辺りを抱えて投げる。主な使用者は小林邦昭。若手レスラーがフィニッシュとして使うことも多い。カート・ヘニングWWF時代に自分のギミックをもじってパーフェクト・プレックスの名称で使用。
フィッシャーマンズ・バスター
投げ捨て(投げっ放し、ホイップ)式フィッシャーマンズ・スープレックスとも呼ばれる。獣神サンダー・ライガーが考案して垂直落下式も使用。女子レスラーではハーレー斉藤が使用。
スタガリンブロー
井上亘のオリジナル技。ブレーンバスターの体勢から右手で相手の右足の膝裏をすくうように四の字型にロックし抱え上げてから落とす変形フィッシャーマンズ・バスター。
フェースバスター
ブレーンバスターの体勢から前方へ倒れ込み、相手を前面からマットへ叩き付ける。リッキー・マルビンプリドゥーラクの名称で使用。ちなみにフェースバスターはブレーンバスターの体勢から仕掛ける形の他にパイルドライバーの体勢からかける形のものもある。
垂直落下式DDT
橋本真也の得意技として有名な技。フォームは垂直落下式ブレーンバスターと酷似しているが落とす際のステップが異なり、垂直落下式ブレーンバスターとは区別されている。

追記[編集]

  • ハーリー・レイスは自分の試合前にこの技が使われることを嫌がり、「自分以外、ブレーンバスターの使用禁止」とするよう全日本プロレスに訴えたことがあった。ダイナマイト・キッドはブレーンバスターに加えて、レイスが、ここ大一番の技として愛用していたダイビング・ヘッドバットも得意技としていたことから同時期に全日本で活躍していたレスラーの中でも特に影響を被ったという。プロレス界では古くから「トップレスラーと同じフィニッシュ・ホールドは使わない」という暗黙の了解が存在していたとされているが、この一件はその極端な例のひとつとして伝えられている。
  • ジョニー・バレンタインブラックジャック・ランザも「ブレーンバスター」と呼ばれる技を使用していたが、バレンタインの技はエルボー・スタンプ、ランザの技は拳によるブレーン・ドリルであり、この項で述べられる投げ技のブレーンバスターとは別の技である。
  • 阿修羅・原雪崩式ブレーンバスター初披露の前日となる1981年4月17日、東京スポーツに、その技の公開練習の記事が出ているのを目にした木村健吾は、その夜の試合で見よう見まねで雪崩式ブレーンバスターにトライしたものの、相手の藤波辰巳に空中で切り返されそのままフォール負けを喫し失敗に終わった[1]。翌日、原はスティーブ・オルソノスキー相手に雪崩式ブレーンバスターを成功させ、正真正銘の「初披露」となった。
  • 2002年から2003年頃の闘龍門JAPANの3WAY6人タッグマッチでは、セコンドレフェリーも巻き込み、総勢10人以上の選手が合体ブレーンバスターの掛け合いを行い、「世界一長いブレーンバスター」と呼ばれていた。毎回、ドン・フジイが誤ってパートナーのCIMAらとは反対側で組んで投げられるのがオチであった。この長いブレーンバスターは、現在もDRAGON GATEで行われることがある。
  • テレビゲーム『ファイヤープロレスリング』シリーズの一部作品には、キラー・カール・コックスディック・マードックが用いた独特のモーションを再現した「元祖ブレーンバスター」が登場している。
  • 漫画『ろくでなしBLUES』で、主人公の前田太尊が新入生の海老原昌利から体育館でタイマン勝負を受けたさい、最後に勝負を決めたのが太尊が繰り出した『元祖ブレーンバスター』だった。また、勝負後に海老原から「変な形のブレーンバスターっスね…」と呟かれたが、太尊は「マードックを真似しただけだ」と返している。
  • LUNA SEAJは、楽曲『ROSIER』の間奏で英語詞で歌うところがあり、ライブでは、その部分を歌った後、マイクスタンドにブレーンバスターをかけていた。

関連項目[編集]