ジャガー横田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャガー横田
Jaguar Yokota
ジャガー横田 Jaguar Yokotaの画像
プロフィール
リングネーム ジャガー横田
本名 木下 利美
身長 160cm
体重 58kg
誕生日 (1961-07-25) 1961年7月25日(57歳)
出身地 東京都荒川区
所属 ワールド女子プロレス・ディアナ
パーフィットプロダクション
スポーツ歴 卓球
トレーナー ジャッキー佐藤
デビュー 1977年
テンプレートを表示

ジャガー横田(ジャガーよこた、1961年7月25日 - )は、日本の女子プロレスラータレント。本名:木下 利美(きのした りみ)、旧姓:横田(よこた)。所属団体はワールド女子プロレス・ディアナ。所属事務所はパーフィットプロダクション

経歴[編集]

デビュー[編集]

4人姉妹の末娘として誕生。荒川区立尾久西小学校、荒川区立第七中学校卒業(小・中学校の後輩に伊集院光がいる。伊集院の兄と同級生[1])。中学当時は卓球部に所属していた。卓球淑徳高等学校への推薦入学が内定していたが、家庭の経済的負担を軽減すべく全日本女子プロレス入りする。ちなみに、その時の動機は「これは私にもできそう」だったという。

最古参女子レスラー[編集]

1977年6月28日大田区体育館大会で全日本女子プロレスにデビュー。身長160cmという女子レスラーとしては小柄で恵まれない体格の持ち主ながら、その気迫迫るファイトは「女子プロレス界一のストロングスタイル」と評され、これまでに初代全日本シングル王者、第29代・31代WWWA世界シングル王者など数々のタイトルを所持している。

ジャガーが20代前半の頃の全女の場合、年齢が25歳前後に達するとメインに出ていたレスラーでも扱いが急に悪くなり(前座試合にマッチメイクされたりレフェリーへの転向要請など)、会社と喧嘩して辞めていくパターンが多かったが、ジャガーの場合は引退する1年ぐらい前に「引退はいつですかね?」と全女の運営に相談した。しかし貯金がなかったため「世界チャンピオンにまでなって、犬小屋も建てられずに辞めさせられるか! 最低300万円貯めろ」と言われ、実際に300万円の貯金をして、その10ヶ月後に引退を決めた[2]

1986年、ケガを理由に現役を引退。引退時には全女への貢献を認められたことで退職金を支給された。コーチに転向し、アジャ・コングを始め、後のスター選手など育成するも、全女の人気下降により余裕のなくなった会社側からコーチを解任される。自身が苦労人であったこともあって、コーチとしては出来の悪い弟子にほど親身になって指導したといい、全女経営者である松永一家の「みんなを育てる必要なんかない、10人入ったうち1人スターを作ればいいんだ」という考え方と横田のコーチ哲学は一致しなかった[3]

1990年代には吉本興業企画の女子プロレス軍団『吉本女子プロレスJd'』に所属、若手を指導する。1998年12月26日、2度目の現役引退。その後も2000年まで同団体でコーチを務める。

2011年10月、『ワールド女子プロレス・ディアナ』に入団を発表。コーチ業とスポット参戦でリングにも上がった。

現在は現役最古参女子レスラーとして各女子プロレス団体のリングに上がると共に、フリーの立場で各団体の後輩の指導に当たる。

2015年6月28日、自身の38周年記念大会にてマイクで「私は今のプロレス界の若手に不満だ。ちょっと痛ければ休む。辛ければ休む。そんなのやってたら若手が成長しない。38年目にして生まれ変わる。」と発言し、「VOODOO-MURDERS」へ加入。その後、堀田祐美子やジェニー・ローズを勧誘し、CRYSISを結成。

ジャガーY[編集]

2005年11月3日横浜アリーナで行われた「ハッスル・マニア2005」で、ハッスル軍と戦うモンスター軍に、女豹のようなメイク&コスチュームに身を包んだ、ジャガー横田を思わせる名前とルックスを持つ謎の女「ジャガーY」が現れたが、ジャガー横田との関係は不明である。話すときは語尾が「〜ニャ」となる。

得意技[編集]

ジャガースープレックス
ジャガーバックドロップホールド
ジャガークラッチ

タイトル歴[編集]

プライベート[編集]

結婚[編集]

出産[編集]

  • 2006年5月に妊娠が判明。40歳を過ぎてからの高齢出産であるということも相まって、マスコミに大きく取り上げられた。11月29日(現地時間、日本では11月30日)にハワイホノルルの病院で自然分娩にて男児を出産。
  • 2007年には、年内中にリングに復帰する意向を表明した。この一連の出来事は、朝日新聞朝刊の連載(2006年12月26日開始)「患者を生きる」の妊娠・出産編にて、特集「不屈のジャガー」(全6回)で連載された。
  • 一人息子である長男を溺愛しており親馬鹿ぶりを隠さない。しかし、妊娠中から胎教、誕生直後から英才教育を施している夫の木下博勝とは教育方針が違い、長男の好奇心や身体能力を考慮して自由にのびのび育てたいと考えている。なお、長男は2016年6月から放映されている花王ビオレ u」のCMに出演、五郎丸歩と共演している[4]

人物[編集]

タレント活動[編集]

日本テレビ太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』では、主婦代表として夫の木下博勝と共に出演していた。

1998年2月に日本テレビ『スーパージョッキー』の「熱湯コマーシャル」に宣伝のために出演。熱湯クエスチョンのエッチな質問に大激怒し、そのナレーションをしていた日本テレビアナウンサーの菅谷大介に手を挙げながらも無理矢理自分の目の前に連れて来させ、その場でクエスチョンを読ませた。その後菅谷の顔面を熱湯に突っ込んだり、菅谷の体ごと熱湯に入れたりする等の暴挙に出た。

ラジオ番組寺島尚正 ラジオパンチ!」(文化放送)金曜日レギュラー、バラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)にゲスト出演(不定期)していた。

2007年6月放送分の日本テレビ『行列のできる法律相談所』に夫の木下と共にゲスト出演した際に当時、司会の島田紳助に「40歳で結婚」したことをネタにされ、とっさに横田が「まるで行き遅れたみたいな言い方して」と反論したが、紳助に「まるで私は行き遅れてないみたいな言い方ですよ」と再度つっこまれた。その後も「40歳のジャガー、野生のジャガーやったら死んどるぞ」と紳助にネタにされた。また、夫の木下は同じくゲスト出演し、隣の席に座っていた上戸彩にデレデレした様子だった。

酒に関するエピソード[編集]

1度目の引退の前までは全日本女子プロレスのレスラーに課されていた三禁(酒・煙草・男)を守っており、酒は飲んでいなかった。そもそも当時の全女は中堅クラスにも未成年が多かったためある意味で三禁は必然であった[5]

酒を飲むようになったのは全女のコーチになってからであり、ジャガーよりも2年先に引退していたミミ萩原が働いていた目黒駅近くのスナックが行きつけであった。かつてはブランデーのボトルを軽く1本空けるほどの酒豪であったが、29歳で現役復帰すると試合やトレーニングを優先し「上善如水」のような日本酒ばかり飲んでた。結婚後、産地や種類、年代でワインを選ぶ夫の木下博勝とは対照的に、ジャガーは味が口に合うかどうかでワインを選んでいる[5]

ジャガーは「ワインだと主人と2人で1本空けるぐらいが、酔い方も時間的にもちょうどいい。それが、私たち夫婦が仲よく過ごす秘訣なんです」と2017年10月の週刊誌の記事で語っている[5]

著書[編集]

※夫の木下博勝との共著

音楽[編集]

シングルレコード[編集]

  • ジャガー横田「愛のジャガー」(1983年発売、ミノルフォン(徳間音工))

CD[編集]

テレビドラマ[編集]

社会貢献活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊集院光とらじおと 2016年4月11日放送分より
  2. ^ 双葉社スーパームック『俺たちのプロレスVOL.6』(2016年)25ページ
  3. ^ 双葉社スーパームック『俺たちのプロレスVOL.6』(2016年)27ページ
  4. ^ 息子が、ビオレUのCMに五郎丸さんと一緒に出演させていただいております”. 木下博勝ブログ (2016年6月14日). 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ a b c 多忙な夫には3つの顔 ジャガー横田が語る夫婦円満の秘訣 日刊ゲンダイ 2017年10月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]