ブルーザー・ブロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーザー・ブロディ
プロフィール
リングネーム ブルーザー・ブロディ
キングコング・ブロディ
フランク・ブロディ
フランク・グーディッシュ
本名 フランク・ドナルド・グーディッシュ
ニックネーム 超獣
キングコング
インテリジェント・モンスター
身長 198cm
体重 135kg - 140kg
誕生日 1946年6月18日
死亡日 1988年7月17日(満42歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 ミシガン州デトロイト
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー フリッツ・フォン・エリック
ルー・テーズ
デビュー 1973年または1974年
テンプレートを表示

ブルーザー・ブロディBruiser Brody)のリングネームで知られるフランク・ドナルド・グーディッシュ[1]Frank Donald Goodish1946年6月18日 - 1988年7月17日)は、アメリカ合衆国プロレスラーミシガン州デトロイト出身。

アメリカではNWAの各テリトリーやWWWFなど各団体で実績を築き、日本でも全日本プロレス新日本プロレスでトップ外国人レスラーの一人として活躍した。

来歴[編集]

ウエスト・テキサス州立大学アメリカンフットボール選手として活躍していた(同期にダスティ・ローデスボビー・ダンカン。後輩チームメートがスタン・ハンセンザ・ファンクスは大学の先輩)。1968年夏、NFL球団「ワシントン・レッドスキンズ」に入団するが、膝の故障から3年で引退。その後、朝刊紙「ダラス・モーニング・ニュース」のフットボール・コラムニストとなる(生計を立てるために、酒場の用心棒などもしていたという)[2]

やがてフリッツ・フォン・エリックにスカウトされ、1973年ヒューストンでプロレスラーとしてデビュー(1974年4月29日にフォートワースにてボブ・ループを相手にデビューしたともされる[3])。デビュー時のリングネームは本名「フランク・グーディッシュ」。エリックの主宰するテキサス東部のダラス地区を主戦場に、ルイジアナオクラホマなどミッドサウスのトライステート・エリアにも転戦してキャリアを積んだ。

1974年8月、彼に先んじてデビューしていたスタン・ハンセンとトライステート地区でタッグチームを結成。テキサス出身のハンセンに合わせ、出身地を同じ南西部のニューメキシコ州アルバカーキとし、リングコスチュームもハンセンのテンガロンハットに対しグーディッシュはソンブレロを被っていた。同年10月10日にトライステート版のUSタッグ王座を奪取[4]するが、翌1975年7月の陥落後にタッグを解消し、以降はシングルプレイヤーとして活動。10月17日にアマリロにてレイ・キャンディからNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を、12月31日にはフロリダロッキー・ジョンソンからNWAフロリダ・ヘビー級王座をそれぞれ奪取した[5][6]

1976年7月、「ブルーザー・ブロディ」に改名してニューヨークWWWFへ参戦[7]。同年9月4日と10月4日、マディソン・スクエア・ガーデンブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦[8]アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦して知名度を高め、メインイベンターとしての地位を築く。なお、当時のWWWFには、同年4月26日に首折り事件を起こしたスタン・ハンセンも共にサーキットしていた[9]。また、当時は新日本プロレスとWWWFの提携が本格的に開始された頃であり、1977年1月に予定されていたアントニオ猪木MSGにおける対戦相手候補としてハンセンとブロディの名前が挙がったこともある。当時の日本のプロレス専門誌には「一番強い奴とやりたい。サンマルチノの首を折ったハンセンが一番強いかというと、あれは偶発的なものでハンセンの実力じゃないという声もある。どうもブルーザー・ブロディというのが一番骨があるらしい」などという猪木のコメント記事が載っていた[10]。結局、猪木のMSG登場は延期になり、この対戦は幻に終わっている。1977年にはWWWFとの提携ルートでハンセンが新日本プロレスに来日しているが、ブロディの新日本登場は実現しなかった。

WWWFを離れた1977年、ダラス地区に凱旋。1月3日にフリッツ・フォン・エリックを破りNWAアメリカン・ヘビー級王座(後のWCWA世界ヘビー級王座)を獲得する[11]。翌1978年8月25日にはキラー・カール・クラップからテキサス・ブラスナックル王座を奪取(以降もマーク・ルーイントール・タナカスタン・スタージャックらを下し、ラフファイターの称号である同王座を通算8回獲得)[12]インディアナポリスWWAにも参戦し、1979年8月4日にディック・ザ・ブルーザーとの「ブルーザー対決」を制してWWA世界ヘビー級王座を奪取した[13]

日本には1979年1月、フリッツ・フォン・エリックの斡旋により全日本プロレスに初来日。ジャイアント馬場に反則負けした以外、負けなしの好成績で帰国(タッグマッチながら得意のニー・ドロップをフィニッシュに馬場からのフォール勝ちも収めている)。翌1980年より全日本プロレスの常連外国人レスラーとなり、アンジェロ・モスカアーニー・ラッドをパートナーに馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座にも再三挑戦。1981年10月にはドリー・ファンク・ジュニアからインターナショナル・ヘビー級王座を奪取(このシリーズ中には、宮城県スポーツセンターでのザ・ファンクス上田馬之助&バック・ロブレイ戦の試合直後に乱入し、父親の援護にとリングに上がったドリー・ファンク・ジュニアの息子に攻撃を加え、素人である彼にキングコング・ニー・ドロップを放つなど、凶暴なキャラクターを印象付けるためのアングルも展開された[14]。以後このベルトを巡ってドリー、鶴田、天龍源一郎らと抗争を繰り広げる。1982年からはスタン・ハンセンと全日本プロレスにてコンビを再結成。「超獣コンビ」とのネーミングが与えられた。ハンセンとのコンビでは年末恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝1回・準優勝2回(準優勝2回はいずれも最終公式戦での反則負け)の戦績を残し、また1984年に新設されたPWF世界タッグ王座でも初代王者となった。

1985年3月21日、新日本プロレスへ引き抜かれる形で移籍。これは、前年に長州力ジャパンプロレス勢やブリティッシュ・ブルドッグスを引き抜いた全日本プロレスに対する新日本側の報復措置であり、両団体の関係はさらに険悪となる。アントニオ猪木とは、東京・大阪・札幌・ハワイ[15]で7度シングルマッチで対決(2勝1敗4分けでピンフォール決着は一度もなし)。同年12月、IWGPタッグリーグ戦ジミー・スヌーカとのタッグで出場するが、宮城県スポーツセンターでの決勝戦出場を、上野駅で仙台への移動のために乗車した東北新幹線から発車直前にスヌーカと一緒に下車した後、そのまま新宿のホテルへ直行し、ボイコットして突然の帰国[16]。新日本プロレスからは、永久追放処分となる(新日本はスヌーカとはその後に和解)。金銭トラブルではなく、新日本プロレス側の「外国人レスラーに優勝させたくない」「藤波辰巳&木村健吾に勝たせたかった」「自らが膨らませた坂口負傷アングルを反故にされた」等のブックに反発したトラブルが原因という説が有力。このように、ブロディはブッカーにとって扱いにくいレスラーであり、そのことが後の死につながる。その後、一度は新日本プロレスと和解し、1986年9月に再来日して大阪城ホールにて猪木と、福岡スポーツセンターにて藤波とそれぞれシングルで対決し(藤波戦は『ワールドプロレスリング』の金曜20時における生中継最後の試合となった)、11月開幕の'86ジャパンカップ争奪タッグリーグ戦への出場を来日直前にキャンセルし、再び新日本プロレスから永久追放を宣言された(同シリーズでは、アンドレ・ザ・ジャイアントや前田日明とのシングルマッチも予定されていた)。

この間、北米ではダラスを拠点に主要テリトリーを転戦し、ジョージアではブラックジャック・マリガンフロリダではダスティ・ローデステネシーではジェリー・ローラーAWAではサージェント・スロータープエルトリコではカルロス・コロンなど各地のトップスターと対戦。他地区では常にヒールのポジションだったが、古巣であるダラスのWCCWでは、1980年代からはフォン・エリック・ファミリーの助っ人的なベビーフェイスとして活躍した。また、同じテキサスのサンアントニオ地区(サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング)でも善玉となり、トップ・ベビーフェイスのワフー・マクダニエルとタッグを組んだことがある(しかし、プロモーターからの束縛を嫌ってか、特定の地区を長期間サーキットすることはほとんどなかった)。また、1984年よりビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下でスタートしたWWFの全米侵攻への参加も噂され、新日本プロレス移籍時の記者会見でも新WWF王者ハルク・ホーガンへの挑戦をアピールしたが[17]、結局は実現しなかった(新日本側は当初、ブロディの新日本登場はWWFからのブッキングであったと発表していたが、もともとブロディにはWWFからのオファーはなく、新日本側がブロディ引き抜きの大義名分として、当時提携関係にあったWWFを隠れ蓑にしたともされている)。1986年5月17日、本拠地WCCWにてリック・ルードを破りTV王座を獲得[18]、これがアメリカ国内での最後のタイトル戴冠となった。

1987年10月4日、全日本プロレスに復帰。ジャイアント馬場は当初は来日中止となったリック・フレアーの代役の名前を「X」として公表していなかった。当日の伊勢崎大会のメインイベント終了後にブロディが乱入したことから、「X」はブロディと明らかとなった。同年暮れの世界最強タッグ決定リーグ戦では、タッグマッチながらスタン・ハンセンとの日本における最初で最後の対戦が実現した。1988年3月にはジャンボ鶴田からインターナショナル・ヘビー級王座を奪回。野獣ギミックのキャラクターを守り通したブロディが、この時ばかりはファンや関係者と抱き合って歓びを分かち合った。同年4月19日、鶴田にピンフォール負けを喫し王座転落、3日後の4月22日の川崎市体育館におけるトミー・リッチと組んでの天龍源一郎&阿修羅・原龍原砲)とのPWF世界タッグ王座戦が日本での最後の試合となった。

1988年7月16日、プエルトリコバヤモンのバヤモン・スタジアムでのWWCの興行中、レスラー兼ブッカーのホセ・ゴンザレスと口論を起こし、ドレッシング・ルームにて腹部をナイフで刺される。刺し傷が肝臓に達し、翌7月17日、出血多量により死亡。痛み止めのために常用していたアスピリン副作用により、出血が止まらなかったともいわれている。また、興奮剤を服用していたのが裏目に出たともいう。なお、裁判では、現場に居合わせたレスラー仲間たちが揃って証言を拒否し(脅迫を受けたり、出廷要請の通知が届かなかったりしたため)、最終的にホセ・ゴンザレスは正当防衛として無罪判決を得ている[19]。なお、ゴンザレスは1978年にも、試合中に心臓部へ放ったパンチが原因でマイク・マーテルを死亡させるというリング禍を起こしたことがある[20]

人物[編集]

リング上では超獣ギミックを一貫して演じたブロディだったが、本来は家族思いの穏やかな人柄で「インテリジェント・モンスター」と呼ばれるように独自のレスリング哲学を持っており、インタビューでは彼本来のクレバーさを感じさせる発言が多く見られた(超獣ギミックについてブロディは「プロレスを初めて見る子供やお年寄りに『あのチェーンをブルブル振り回す奴は誰だっけ』という印象を与えるため」という趣旨を語っている)。また、ラフファイトの裏側に隠された緻密な試合運びはジャイアント馬場ジャンボ鶴田も認めていた。「プロレスはチェスのようなもの」と語っていた。

試合だけでなく、自分の言葉と思想で自分の存在をファンに訴えかけた選手であった(生前最後に受けた1988年4月における『週刊プロレス』でのインタビューでは、事前にインタビュアーの斎藤文彦に「今回のインタビューは3週連続で掲載してくれ」と提案するなど、マスコミ向けに常に色々とアイディアを持ちかけていた。そしてこのインタビューは、ブロディの提案通り3週連続で掲載された)。

ブロディは日本人選手の中でジャンボ鶴田を特にライバル視しており、鶴田へのライバル意識から2度目の来日時(1980年1月)には初来日時よりウェイトを落として臨んだという(2000年春ごろのサムライTVでの鶴田追悼番組において百田光雄が証言している)。また、全日本離脱直後に行われた1985年4月掲載の『週刊プロレス』インタビューでは「長州力しょっぱい。鶴田の方が断然優れている」とまで語っている。

馬場の16文キックを最初に止めたのがブロディだった。その馬場もその後の試合でキングコングキックを止めている。馬場は鶴田と組んでハンセン&ブロディと抗争していた当時の解説で、「この二人がいなければ世界チャンピオンになれる、といってもいいくらい強い」と語っている。

一方で各地のプロモーター、ブッカーとは衝突が絶えず、WWWF時代のゴリラ・モンスーンを始めとして、WWAでのディック・ザ・ブルーザーとの大喧嘩など、その最期に至るまでエピソードには事欠かない。1984年より全米侵攻を開始したWWFへも参加を表明していたものの実現せず、その後も何度となく契約が噂されたが、ビンス・マクマホンはブロディとビジネスをしようとはしなかった。トラブルが無かったのは、若手時代に世話になったダラス地区のフリッツ・フォン・エリックくらいであった。スタン・ハンセンによれば、若手時代にトライステート地区でビル・ワットから不当な待遇を受けて以来、彼のプロモーター嫌いが始まったとされ、結果としてそれが、プエルトリコでの刺殺事件につながったという[21](馬場のような信頼に値するプロモーターのことも敵視していたというが[21]、馬場を信頼しなかったのは1985年までのことで、1988年4月の『週刊プロレス』インタビューにおいて、ブロディは「馬場を裏切ったことは本当に失敗だった。馬場に申し訳ないことをした」と悔いていた)。

また、海外遠征時代にブロディとサーキットを共にした武藤敬司は「滅多に他人を褒めなかったが、アドバイスは的確で色々と教えてもらった」と当時のことを語っている。初めて会話した際にいきなり「お前の試合はしょっぱい」と言われたとのこと。

なお、ブロディはアメリカ遠征中の日本人レスラー高千穂明久に「ダラスでヒールのできる日本人を捜している」とダラス転戦を助言、高千穂はダラスでヒールレスラー「ザ・グレート・カブキ」に変身し、大活躍することとなった。結果として、ザ・グレート・カブキ(およびザ・グレート・ムタ)誕生のきっかけにブロディが絡んでいることになる。

アントニオ猪木が一番扱いに困ったレスラーがブロディであったと語っている。ブロディは試合直前にギャラアップを求めることがあり、アップしないなら試合に出ないと理不尽な要求を猪木に叩きつけていた。猪木は出られないのは困るからとそれをいつも仕方なく承諾していた。のちに猪木はブロディについて「自分の物差ししかない男」と回想している。それを物語ってか、新日本プロレス参戦時は日本人選手にシングルはおろか、タッグ戦でもピンフォール負けを許さなかった。逆に全日本プロレス参戦時はジャイアント馬場とジャンボ鶴田にのみシングル戦でピンフォール負けを喫している(馬場には2回、鶴田には1回)。

新日本プロレスから永久追放された半年後の1986年8月、新日本プロレスはハワイ遠征を行ったが、遠征先にはブロディも参戦していた。その際、『週刊プロレス』と『週刊ファイト』の記者はブロディの控室前で待機してスクープ写真を撮影しようとしたが、そのことに気付いたブロディは激怒して全裸で控室から現れ、全裸のまま両記者を追い掛け回した。さらには『週刊ゴング』の記者もその現場に遭遇してしまい、最終的には3社の記者がブロディに追い掛け回された。『週刊プロレス』と『週刊ゴング』の記者はブロディから逃げ切れたものの、『週刊ファイト』の記者はブロディに捕まった挙句、カメラを破壊された[22]

ブロディは毛皮を巻いたレスリングシューズを使用していた。一見、超獣ギミックを演出するための手法と思われるが、馬場によると、足首に傷があり、それを保護するためだったという。また、ブロディは逞しい上半身や太腿に比べて膝下が細いため、それを隠すためとも言われている。

上記の試合前のギャラアップの逸話にもあるように無駄を極端に嫌う性格で、レスラー仲間で食事をするときも、見栄を張って他人に奢るようなことは決してなかったという。また、長期遠征の際には電気の無駄遣いをなくすため、家中のコンセントを片っ端から抜いて出かけたが、冷蔵庫のコンセントまで抜いて中身を腐らせてしまったことがあると夫人が自著で語っている。

得意技[編集]

キングコング・ニー・ドロップ
右腕を高く突き上げて予告した後に助走をつけてのニー・ドロップで主にフィニッシュホールドとして使用した。ポスト最上段からのダイビング・ニー・ドロップは切り札としてよほどの相手にしか出さなかった。キングコング・ニー・ドロップの名称は、1982年第10回チャンピオン・カーニバルでのテッド・デビアス戦を実況していた倉持隆夫と解説の竹内宏介のやり取りにおいて、他のレスラーとの破壊力の差別化を図るべく名付けられた。
キングコング・キック
助走をつけてのビッグ・ブーツ。別名「ブロディ・キック」。インパクトの瞬間に軸足をグッと踏み込むのが特徴。
ギロチン・ドロップ
助走をつけての高角度のレッグ・ドロップ。その高さは古舘伊知郎に「無重力状態」とたとえられた。同時代のアメリカでハルク・ホーガンが同じ技をフィニッシュにしていたが、スピード、高さともブロディが完全に上回っていた。時としてポスト最上段からのダイビング・ギロチン・ドロップも使うことがあった。
ジャイアントスイング
猪木戦をはじめとして、比較的軽量のレスラーに使用していた。
フライング・ボディ・アタック
ロープに振られた際のカウンター技として使用していた。
アトミック・ドロップ
持ち前の怪力でかなりのハイアングルから繰り出した。ブロディの隠れた必殺技で、1978年ディック・ザ・ブルーザーとのWWA世界戦では、無類のタフネスで知られるブルーザーをこの技で戦闘不続行にしている。また1983年世界最強タッグ決定リーグ戦・最終戦の鶴龍コンビとの試合でも、ジャンボ鶴田に場外でこの技を見舞い、動きを止めている。
ワンハンド・ボディスラム(ゴリラスラム)
右腕一本で豪快に投げ飛ばすブロディ独特のボディスラム。自身の怪力をアピールするために開発したとされており、馬場や鶴田のような巨漢が相手でも工夫して右腕一本で投げているように見せていた。また、猪木はこの技に関して「怪我をして力が入らなくなっていた時期でも右腕一本で投げていた。あれは彼のプライドなんだろうね」と語っている。
ブレーンバスター(ブレーンバスター・スラム)
独特のフォームのブレーンバスター。相手の体が垂直になったところで自分の体を捻り、うつ伏せに倒れる。ビル・ゴールドバーグの「ジャックハマー」のヒントとなった技。
パイルドライバー
相手が逆さになった状態で四方に見せつけるように十分タメを作ってからジャンプし、頭頂部をマットに叩き付ける。見た目にも説得力十分な大技だったが、何らかの工夫をしていたのか技が決まった際の音が非常に大きかった。

天龍源一郎とのインターナショナルヘビー級タイトルマッチで逆さ押さえ込みでフォール勝ちしたことがある。また、巨体でありながら抜群の跳躍力をもって放たれるドロップキックも隠れた得意技の一つである。自らも「俺の体格で、これほど動けて飛べる大きな男はいない」と豪語していた。

獲得タイトル[編集]

NWAトライステート
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回
NWAビッグタイム・レスリング / WCCW
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • NWAテキサス・ブラスナックル王座:6回
  • NWAテキサス・タッグ王座:3回(w / マイク・ヨーク、ジノ・ヘルナンデスケリー・フォン・エリック
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:4回
  • NWAアメリカン・タッグ王座:3回(w / ケリー・フォン・エリック)
  • WCWA TV王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:1回(w / アーニー・ラッド
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
  • WWA世界ヘビー級王座:1回
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
全日本プロレス

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本では、会場売りパンフレットや漫画『プロレススーパースター列伝』などに「本名:フランク・ゴーディッシュ」と記載されていた。
  2. ^ スタン・ハンセン著『魂のラリアット』P98(2000年、双葉社ISBN 4575291080
  3. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』P15(2010年、辰巳出版ISBN 4777808661
  4. ^ NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  5. ^ NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  6. ^ NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Bruiser Brody in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年7月3日閲覧。
  8. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2010年2月20日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2010年2月20日閲覧。
  10. ^ 日本スポーツ出版社『別冊ゴング』1976年12月号 本文巻頭記事「闘魂A猪木が来春1月MSG殴り込み!」P98
  11. ^ NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  12. ^ NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  13. ^ WWA World Heavyweight Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  14. ^ ブロディ暴挙!キングコングニーで素人を病院送り東スポweb 2015年7月12日
  15. ^ 両国国技館東京体育館大阪城ホール札幌中島体育センターアロハ・スタジアムで対戦。但し、1986年9月16日に大阪城ホールで行われた試合はテレビ中継が唯一行われなかった。
  16. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol.3』P35(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583622026
  17. ^ 会見においてブロディは、当時のホーガンのチャレンジャー達を「パイパーオーンドーフでは小さい。オートンでは細すぎる。スタッド? ただの木偶の坊じゃないか」などと揶揄していた。
  18. ^ World Class Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月17日閲覧。
  19. ^ Famous Wrestling Deaths”. Fox News: June 26, 2007. 2011年12月21日閲覧。
  20. ^ Michel Martel: Forgotten great”. SLAM! Sports (October 11, 2004). 2011年12月21日閲覧。
  21. ^ a b スタン・ハンセン著『魂のラリアット』P114-115(2000年、双葉社、ISBN 4575291080
  22. ^ 当時の『週刊プロレス』に掲載された再現劇画では、『週刊プロレス』と『週刊ゴング』の記者は2人揃って同一方向へ逃げたために難を逃れたという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]