大熊元司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大熊元司
プロフィール
リングネーム 大熊元司
大熊熊五郎
ビッグ・クマ
グレート・クマ
ミスター・オークマ
本名 大熊元司
ニックネーム 鋼鉄の熊
ビッグ熊
極道
悪役商会
身長 179cm
体重 130kg(全盛時)
誕生日 1941年12月18日
死亡日 (1992-12-27) 1992年12月27日(51歳没)
出身地 埼玉県草加市
所属 日本プロレス
全日本プロレス
スポーツ歴 大相撲
トレーナー ジャイアント馬場
デビュー 1962年6月5日
引退 1992年
テンプレートを表示

大熊 元司(おおくま もとし、本名同じ、1941年12月18日 - 1992年12月27日)は、日本のプロレスラーおよび大相撲力士埼玉県草加市出身。

大相撲時代は崎錦(さきにしき)の四股名伊勢ヶ濱部屋に所属、最高位は幕下93枚目。プロレス転向後は中堅のラフファイターとして活躍した。愛称は「クマさん」。

来歴[編集]

中学校卒業後に大相撲の伊勢ヶ浜部屋に入門し、1957年5月場所に大熊の四股名で初土俵を踏んだ。1958年11月場所から四股名を崎錦と改名したが伸び悩み、1962年5月場所限りで廃業した。大相撲を廃業後すぐの同年5月に日本プロレスに入門し、6月5日に名古屋市金山体育館において、北沢幹之を相手にデビューを果たす[1]。リング外ではジャイアント馬場付き人2代目となった(初代はマシオ駒)。当初は豊登の命名により、大熊熊五郎リングネームだったが、読売ジャイアンツの同名選手・藤田元司の活躍をきっかけに本名に戻している(大熊は全選手の背番号を言い当てるほどの大の巨人ファンだった)。

1965年11月28日、韓国で開催された5カ国親善プロレス試合にて張永哲(チャン・ヨンチョル)と対戦したが、勝敗の取り決めを破り「通常のプロレスではあり得ないほど強い力」での腰への関節技(逆エビ固め)をかけたところ、張の弟子10人が乱入して大熊を殴打するという「大熊リンチ事件」が起こった[2][3]。この事件には警察の捜査が入り、刑事告訴を恐れた張側が、プロレスには脚本があり、それを相手側が破ったことが発端であったと訴えたが、そのことが公に暴露されて韓国でのプロレス人気低下の一因となった[2][3]

1967年下期、グレート小鹿とともに海外修行でアメリカに渡り、南部テネシーおよびジョージア地区でコンビを組んで活動。テネシーでは同年10月に同地区版のNWA世界タッグ王座を獲得したが[4]ホームシックのため体重が大幅に減少し[5]、翌1968年に単独で帰国している。その後、1971年に再渡米し、フロリダを経てテキサス州アマリロ地区にてマシオ駒とのタッグで活動[6]。11月25日にNWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座を獲得し、翌年7月にかけてリッキー・ロメロ&ロード・アル・ヘイズディック・マードック&ボビー・ダンカンなどのチームとタイトルを争った[7]

アメリカ遠征から帰国後の1972年8月、マシオ駒とともに日本プロレスを離脱してジャイアント馬場の新団体全日本プロレスに移籍。10月21日の旗揚げ前夜祭ではフレッド・ブラッシーから反則勝ちを収め、翌22日の旗揚げ第1戦では駒とのコンビでセミファイナルに出場し、ブラッシー&ダッチ・サベージを下した[8]1974年にはカナダマリタイム地区に遠征し、グレート・クマGreat Kuma)のリングネームで活動。5月にレオ・バーク、6月にザ・ビーストを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルだった北米ヘビー級王座を2回獲得している[9]

全日本プロレスではグレート小鹿との「極道コンビ」を復活させ、アンダーカードのタッグ戦線において活動。アジアタッグ王座を4度獲得し[10]1976年から1981年にかけて王者チームとして活躍した。その後はジョバーの役割を負うようになり、スタン・ハンセン阿修羅・原1984年ジャパンプロレスとして参戦した長州力などを相手に、果敢に攻め込みながらも短時間で敗れる「やられ役」となることが多くなった。しかし、ハンセンは大熊に関し自著で以下のように回想している。

私は彼に対して、何度も何度もラリアットを食らわせたものだ。私の左腕が、ちょうど彼の顎に当たるくらいの身長だったから、相当ダメージは大きかったはずだ。ラリアットがヒットしたときは骨同士がぶつかり合うような感触で、私の左腕もかなりひどい痛みが走ったのだから、大熊はそれ以上に痛かったことだろう。それでも彼は一度も愚痴ったり、文句を言うことはなかった。彼はまさに私と同じオールドスクール、昔気質のレスラーだった。 — スタン・ハンセン『日は、また昇る』2015年 徳間書店 ISBN 9784198640460 p87 - 88

現役晩年は永源遙渕正信らと「悪役商会」を結成し、ジャイアント馬場やラッシャー木村ファミリー軍団と明るく楽しいプロレスを展開。「グリコポーズ」はおなじみのアピールだった。

1992年12月27日、現役のまま急性腎不全で死去[1]。51歳没。

特記[編集]

  • 頑強な体を誇り、また酒豪で有名だった。移動中の食堂車で、車内の酒を全て飲み干したというエピソードが残っている。だが死因を見る限り、酒が大熊の死期を早めてしまったことは否定できない(実家も酒屋だったが、現在は廃業)。
  • 同じく力士・レスラーとして活躍した清美川梅之は親戚にあたる。力士時代に所属した部屋も、同じ伊勢ヶ浜部屋である。
  • 小橋建太のデビュー戦の相手を務めている(1988年2月26日、滋賀栗東町大会)。
  • ジャイアント馬場の付け人を務め、またいち早く全日本プロレス設立に馳せ参じた一人であり、馬場の信頼も大きかった。大熊の追悼セレモニーの際、遺影を持つ馬場は悲痛な表情を見せていたが、確執の深かった上田馬之助には訃報すら知らせなかったため、「祝儀不祝儀の付き合いも断つのか」と激怒された。
  • 前述の通り、個人的な事情で初のアメリカ修行を途中で断念してしまった大熊だったが[5]、その後一人残ったグレート小鹿がシングル王座に挑戦すると聞くと「俺も応援に行く」と息巻いたという。極道コンビの絆が伝わるエピソードである。
  • 関東ローカルの「三平グッドカメラ」のCMに出演していた。
  • 1992年12月4日、日本武道館における生涯最後の試合(ジャイアント馬場、アンドレ・ザ・ジャイアントラッシャー木村vs大熊、永源遙渕正信の6人タッグマッチ)でアンドレ・ザ・ジャイアントにフォール負けを喫した[11]。アンドレもまた大熊の死去した1ヵ月後にこの世を去り、お互いに生涯最後の対戦相手となった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:2回(w / マシオ駒[7]
イースタン・スポーツ・アソシエーション
全日本プロレス

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P257(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b 『完本 1976年のアントニオ猪木 』P289-292(2009年、文藝春秋ISBN 4167753650
  3. ^ a b “韓国プロレス、ファン熱狂・韓日戦で60~70年代に人気爆発、今は…”. 中央日報. (2014年9月9日). http://japanese.joins.com/article/842/189842.html 2014年9月9日閲覧。 
  4. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  5. ^ a b ロスでミル・マスカラスと抗争…グレート小鹿<1>”. YOMIURI ONLINE (2015年3月2日). 2015年12月29日閲覧。
  6. ^ The Amarillo matches fought by Motoshi Okuma in 1971”. Wrestlingdata.com. 2015年12月28日閲覧。
  7. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月28日閲覧。
  8. ^ The AJPW matches fought by Motoshi Okuma in 1972”. Wrestlingdata.com. 2015年12月28日閲覧。
  9. ^ a b North American Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月28日閲覧。
  10. ^ a b All Asia Tag Team Title Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月28日閲覧。
  11. ^ AJPW Real World Tag League 1992 - Tag 19”. Cagematch.net. 2015年12月28日閲覧。
  12. ^ International Tag Team Title [Maritime Provinces]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]