アドナン・アル=ケイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アドナン・アル=ケイシー
プロフィール
リングネーム ビリー・ホワイト・ウルフ
チーフ・ホワイト・ウルフ
シーク・アドナン・アル=ケイシー
ジェネラル・アドナン
シーク・オブ・シークス・オブ・バグダッド
アドナン・ケイシー
本名 Adnan Bin Abdulkareem Ahmed Alkaissy El Farthie
ニックネーム 白狼酋長
バグダッドの盗賊
身長 183cm
体重 109kg - 111kg
誕生日 (1939-03-01) 1939年3月1日(77歳)
出身地 イラクの旗 イラクバグダッド
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1959年
テンプレートを表示

アドナン・アル=ケイシーAdnan Al-Kaissie1939年3月1日 - )は、イラクバグダッド出身の元プロレスラー

インディアンギミックビリー・ホワイト・ウルフBilly White Wolf)、アラブ人ギミックのシーク・アドナン・アル=ケイシーSheik Adnan Al-Kaissie)などのリングネームを名乗り、アメリカ合衆国の各メジャー団体で活躍した。

来歴[編集]

イスラム教イマームを父に持ち、10代の頃に家族でアメリカのオクラホマ州に移住。州立大学でレスリングの選手となり、1959年アドナン・ケイシーの名義でプロレスラーとしてデビューする[1]

その後、インディアンギミックベビーフェイスビリー・ホワイト・ウルフに変身。1960年代太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト地区を主戦場に、ハワイテキサスでも活動。1962年11月21日にはキング・イヤウケアを破り、ハワイ版のNWA USヘビー級王座を獲得[2]1963年は7月5日にマッドドッグ・バションからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を、9月24日にマーク・ルーインからNWAテキサス・ヘビー級王座をそれぞれ奪取している[3][4]

アメリカ国外にも遠征し、オーストラリアでは1967年2月11日にレイ・スティーブンスを下してIWA世界ヘビー級王座を獲得[5]。日本には1964年4月、チーフ・ホワイト・ウルフのリングネームで日本プロレスの第6回ワールドリーグ戦に初来日[6]1969年1月には国際プロレスに参戦し、1月28日に東京の足立区体育館にて、ビル・ロビンソンIWA世界ヘビー級王座に挑戦した[7]

1974年8月、本来の出自であるアラブ人ギミックのシーク・オブ・シークス・オブ・バクダッドSheik of Sheiks Baghdad)を名乗り、ヒールのポジションで新日本プロレスに登場。フレッド・ブラッシーがマネージメントしていたニコライ・ボルコフとタッグを組み、9月10日に愛知県体育館にて、アントニオ猪木&坂口征二の黄金コンビが保持していた北米タッグ王座に挑戦した[8]

帰米後はベビーフェイスのビリー・ホワイト・ウルフに戻り、ニューヨークWWWFチーフ・ジェイ・ストロンボーとインディアン・タッグを結成。ジ・エクスキューショナーズ(1号=キラー・コワルスキー、2号=ビッグ・ジョン・スタッド)との抗争の末、1976年12月7日にWWWF世界タッグ王座を獲得、翌1977年9月27日にプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジに敗れるまでタイトルを保持した[9]。WWWFを離れてからはハワイを主戦場とし、キラー・トーア・カマタリッパー・コリンズと抗争を展開した。

1981年、アラブ人ヒールのシーク・アドナン・アル=ケイシーに変身してAWAに登場。クラッシャー・ブラックウェルを配下に引き入れ、シーク・スタイルのアヤトーラ・ブラックウェルを名乗らせる。その後、AWAの悪徳マネージャーだったボビー・ヒーナンから「アラブ・マネー」でケン・パテラのマネージメント権を購買し、ブラックウェルのパートナーに起用。自らはプレイング・マネージャーとなって彼らを指揮し、1983年6月から1984年5月までAWA世界タッグ王座に就かせた[10]。以降もマネージャーとしてAWAに定着し、ブルーザー・ブロディアブドーラ・ザ・ブッチャーなど特別参戦の大物選手も担当。AWA末期の1990年まで、リングサイドに欠かせない存在であり続けた。

Al-Kassie with Saddam in the early 1970s

1990年下期、AWAでの抗争相手でもあったサージェント・スローターのマネージャーとして、ジェネラル・アドナン(アドナン将軍)を名乗ってWWFに登場。同時期に勃発した湾岸戦争を追い風に「サッダーム・フセインの友人」[11]という設定でスローターと共に大ヒールを演じる。後にイラン出身のアイアン・シークもカーネル・ムスタファ(ムスタファ大佐)の名で加わり、ハルク・ホーガンアルティメット・ウォリアーを相手に「WWF版湾岸戦争」を繰り広げた[12]

WWF退団後は1994年頃にシカゴのAWFでカウボーイ・ボブ・オートンらのマネージャーを担当[1]。近年は居住先のミネソタにて、ケン・パテラと共同でインディー団体 "World All-Star Wrestling Alliance" をプロデュースした[1]

得意技[編集]

ビリー・ホワイト・ウルフ
シーク・アドナン・アル=ケイシー

獲得タイトル[編集]

以下はすべてビリー・ホワイト・ウルフ名義での戴冠。

NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:2回[3]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:4回(w / シャグ・トーマス、ペッパー・マーティン、ベアキャット・ライト、ジョニー・ウォー・イーグル)[14]
NWAビッグタイム・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション

マネージャー担当選手[編集]

以下はシーク・アドナン・アル=ケイシーに変身後、マネージャーを担当した主な選手。

アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・フェデレーション
アメリカン・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c Adnan Al-Kaissie”. Online World of Wrestling. 2016年1月4日閲覧。
  2. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Hawaii]”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月6日閲覧。
  3. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月6日閲覧。
  4. ^ a b NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月6日閲覧。
  5. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  6. ^ JWA 1964 The 6th Annual World League & World Selection Match Series”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  7. ^ IWE 1969 Big Winter Series”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  8. ^ NJPW 1974 Toukon Series”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  9. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  10. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  11. ^ アドナンは実際にバグダッドではフセインと同じ学校に通っており、2006年11月22日にFNCのニュース番組 "Hannity & Colmes" に出演して当時のフセインについて語っている。
  12. ^ WWE Yearly Results 1991”. The History of WWE. 2016年1月4日閲覧。
  13. ^ NWA Hawaii Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  14. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  15. ^ NWA World Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  16. ^ IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]