小佐野景浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小佐野 景浩(おさの かげひろ 1961年9月5日 - )は、プロレスライター、もしくはプロレス評論家。プロレス雑誌、週刊ゴングの元編集長。

来歴[編集]

ゴング時代[編集]

ゴング時代は、ゴングが全日本がスタン・ハンセン引き抜きをスクープし、ハンセンとブルーザー・ブロディの2ショット写真を月刊ゴング1982年1月号に掲載したところ(実際はニューオーリンズで撮影)、月刊プロレス1982年2月号の記事を見た坂口征二が激怒して小佐野を呼び出し、小佐野を怒鳴りつけたことがある[2]。その後は天龍源一郎の番記者として天龍に関する数々の記事を手がけた。1990年4月、天龍が全日本を退団するという話しを誰よりも早く知っては小佐野である[3]。小佐野はその後のSWSなどの動きを把握しないまま記事を書き、4月25日発行のゴングの表紙に小佐野が伝え聞いた「ジャンボに負けたら辞めるよ」の文字が掲載された。これを見た当時『週刊プロレス』編集長ターザン山本は、天龍が小佐野を使ってゴングに情報をリークしたものだと決めつけゴングやSWSにバッシングを開始した[3][4]。小佐野は後年(2008年)週プロのインタビューに応じ天龍の退団のことは結果的にジャイアント馬場と天龍が話し合いをする前日に本が発行されることになり双方に迷惑をかけてしまったと振り返った[4][5]。1995年、週刊プロレスが東京ドーム興行「夢の架け橋」の開催を決め、ゴングはその裏のWARの後楽園ホール大会を後援するような状態になり、これを期に当時ゴング編集長だった小佐野は対週プロ(対山本)の姿勢を強めた[5]。しかし翌1996年、週プロが新日本プロレスなどから取材拒否を受けその引責で山本が週プロを去ったこと、部数を落とした週プロを追い抜きトコロテン式にプロレス雑誌売り上げトップになったことについては「同じ土俵で勝負したかった」と語り不本意な出来事だったとしている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史vol.8』P13(2015年、ベースボール・マガジン社)ISBN 978-4-583-62269-9
  2. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史vol.8』P15(2015年、ベースボール・マガジン社)ISBN 978-4-583-62269-9
  3. ^ a b 『スポーツアルバム No52. 天龍源一郎 引退特別号 上巻』pp68 - 70 「Sと週プロ。 一体なにがあったのか」(2015年、ベースボール・マガジン社)ISBN 978-4-583-62282-8
  4. ^ a b 『週刊プロレス別冊初夏号 プロレス平成20年史』pp24「時代を読む!2 平成2年コラム」(2009年、ベースボール・マガジン社)雑誌 29689-6/1 L-6/11
  5. ^ a b c 『週刊プロレス別冊青葉号 創刊25周年シリーズ1 週プロ回顧録 四半世紀の真実』pp81 - 83 「元・週刊ゴング編集長から見た週プロ」(2008年、ベースボール・マガジン社) 雑誌 29689-6/1 L-6/22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]