龍原砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

龍原砲(りゅうげんほう)とは、日本プロレスラーである天龍源一郎阿修羅・原タッグチームである。チーム名は、天龍の「龍」と原の「原」を取ったものだが、かつての日本を代表するタッグチームだったジャイアント馬場&アントニオ猪木の「BI砲」をふまえたものでもある。全日本プロレスSWSWARで活躍した。

来歴[編集]

1987年3月に長州力ジャパンプロレス勢が全日本を離脱した際、長州参戦以前の日本人対外国人を主流とした全日本プロレスに戻ることに危機感を抱いた天龍と原が全日本マットの活性化を図り結成され、ジャンボ鶴田輪島大士らに抗争を仕掛けていった。TV収録の無い地方興行でも、連日30分近い熱戦を繰り広げ、ファン支持を集めた。全日本での活動期間は1988年11月に原が全日本を解雇されたため1年5か月と短かったが、全日本のファイトスタイルを馬場・鶴田のアメリカンスタイルから三沢光晴らのプロレス四天王につなぐ架け橋役を果たした功績は大きい。1987年9月にスタン・ハンセン&オースチン・アイドルを破ってPWF世界タッグ王座、1988年8月に鶴田&谷津嘉章を破って世界タッグ王座を獲得している。

龍原砲を中心としてサムソン冬木川田利明を加えた軍団名は天龍同盟、レボリューション、活動そのものは天龍革命と呼ばれた。テレビ収録のない、この「革命」に、数年前からブロディ革命を宣言していたブルーザー・ブロディが、「天龍の革命は俺の真似でスケールも小さい」と噛みついてきたことがある。なお龍原砲は、ブロディの日本における最後の対戦相手でもある(ブロディのパートナーはトミー・リッチ)。

その後、SWSでパートナー難に悩んだ天龍の要請で原が現役復帰、1994年10月にWARで原が引退試合を行うまで龍原砲として活動した。

なお、天龍と原のそもそもの接点は1981年10月、所属していた国際プロレスの崩壊で引退を決意していた原が、天龍がリック・フレアーNWA世界ヘビー級王座に挑戦すると聞いて「同じようなキャリアなのに不公平だ、天龍、俺と戦え!」と申し入れたことにはじまる。この試合が好勝負となり馬場の勧めで原は全日本に定着、1981年と1982年世界最強タッグ決定リーグ戦にはコンビを組んで出場している。ただしこの時は、馬場&鶴田に代えて鶴田&天龍(鶴龍コンビ)を全日本の看板コンビにするという馬場の方針で解消しており、龍原砲という呼び名も存在しなかった。

1989年~1990年に活躍した天龍とハンセンのタッグチームは、ハンセンの日本での異名「不沈艦」から「龍艦砲」と呼ばれた。

関連項目[編集]