ポール・オーンドーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・オーンドーフ
ポール・オーンドーフの画像
Paul Orndorff in 2009
プロフィール
リングネーム ポール・オーンドーフ
本名 ポール・パーレット・オーンドーフ・ジュニア
ニックネーム ミスター・ワンダフル
ザ・ブランドン・ブル
鋼鉄男
身長 185cm
体重 115kg(全盛時)
誕生日 (1949-10-29) 1949年10月29日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州
ヒルズボロ郡ブランドン
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ヒロ・マツダ
ジャック・ブリスコ
エディ・グラハム
デビュー 1976年
引退 1995年
テンプレートを表示

ポール・オーンドーフPaul Orndorff、本名:Paul Parlette Orndorff Jr.1949年10月29日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州ブランドン出身。

ボディビルダー顔負けの鍛え抜かれた肉体を武器に、NWAWWEWCWなど各団体でトップスターとして活躍した。"ミスター・ワンダフル"Mr. Wonderful)のニックネームでも知られる。日本では、その鋼のような肉体から "鋼鉄男" の異名を付けられた。

来歴[編集]

タンパ大学時代はアメリカンフットボールで活動。NFLオークランド・レイダーズで活躍したジョン・マツザック英語版のチームメートであり、オールパーパス・ヤードで2000ヤードを獲得、21タッチダウンを挙げた。卒業後、1973年NFLドラフト12巡全体289位でニューオーリンズ・セインツに指名されたが[1]、NFLへの出場機会を得ることはできず、カンザスシティ・チーフスでも出場を目指したが果たせなかった。1975年にはNFLの対抗リーグであったワールド・フットボール・リーグ英語版ジャクソンビル・シャークス英語版でプレイしている[2]

その後、地元のフロリダに戻ってヒロ・マツダのコーチを受け、1976年にプロレスラーとしてデビュー[3]。デビュー後は南部エリアを中心に活動し、1977年5月29日にテネシー州メンフィスジェリー・ローラーからNWA南部ヘビー級王座を[4]1978年5月29日にはトライステート地区アーニー・ラッドからNWA北米ヘビー級王座を奪取している[5]

その後はジム・クロケット・ジュニアの管理するNWAミッドアトランティック地区に参戦。1978年12月26日、ジミー・スヌーカとのコンビでバロン・フォン・ラシク&グレッグ・バレンタインを破り、同地区認定のNWA世界タッグ王座を獲得した[6]1979年10月にはロン・フラーが主宰していたアラバマSECWにて、タンパ大学時代の盟友ディック・スレーターと組みNWAサウスイースタン・タッグ王者にもなっている[7]

1980年代に入ると、トライステート地区の後継プロモーションであるビル・ワットのMSWAを主戦場に、1981年7月4日にジェイク・ロバーツからミッドサウス北米ヘビー級王座を奪取[5]。以降も同王座を巡り、テッド・デビアスディック・マードックマイク・ジョージボブ・ループら強豪と対戦した。1982年からはジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに進出。バズ・ソイヤースーパー・デストロイヤーマスクド・スーパースタートミー・リッチらを破り、同地区認定のナショナル・ヘビー級王座を4回に渡って獲得するなど[8]、次期NWA世界ヘビー級王者の有力候補に挙げられた(同時期、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座に再三挑戦している)[9]

1983年末にWWFへ引き抜かれ、ミスター・ワンダフルのニックネームでナルシシスト系のヒールとして活躍。1984年よりスタートしたWWFの全米侵攻の重要メンバーとなり、ロディ・パイパーカウボーイ・ボブ・オートンと悪役トリオを結成する。1985年3月31日のレッスルマニア第1回大会のメインイベントでは、パイパーとのコンビでハルク・ホーガン&ミスター・Tと対戦した。その後、この試合の結果(セコンドのオートンとの同士討ちによる敗北)がもとでパイパーと仲間割れしてベビーフェイスに転向、旧敵ホーガンのタッグパートナーとなる。その抜群のルックスで女性ファンからの絶大な支持を獲得し[10]、WWFナンバー2のポジションに就いた[8]

しかし、ホーガン人気への嫉妬心からの裏切りというストーリーのもと再びヒールに戻り、ボビー "ザ・ブレイン" ヒーナンを新しいマネージャーにホーガンとの熾烈な抗争を再開する[8]。特に、1986年8月28日にカナダオンタリオ州トロントエキシビション・スタジアムにて7万4000人の大観衆を集めて開催されたザ・ビッグ・イベントのメイン戦や、1987年1月3日のサタデー・ナイト・メイン・イベントで行われたスチール・ケージ・マッチは、WWE史に残る試合として知られている。

1987年中盤より再度ベビーフェイスとなり、旧マネージャーのボビー・ヒーナンがマネージメントするリック・ルードらと抗争し、同年11月26日に行われた第1回サバイバー・シリーズでは、旧敵のホーガン、バンバン・ビガロドン・ムラコケン・パテラとチームを結成したが、過酷な全米サーキットを通して首を痛めたこともあり、徐々にフェードアウト。WWF離脱後は1988年のセミリタイアを経て1990年WCWに登場するも、短期間で退団。その後は散発的にジム・コルネットのSMWなどのインディー団体に上がった[8]

1993年よりWCWに復帰し、空位となっていたWCW世界TV王座を獲得した他、WWF時代の後輩 "プリティ" ポール・ローマとのタッグチームプリティ・ワンダフル」でも活躍。1994年7月17日にカクタス・ジャック&ケビン・サリバン、同年10月23日にザ・パトリオット&マーカス・バグウェルを破り、WCW世界タッグ王座を2回奪取している[11]。首の怪我の悪化により1995年に引退してからは若手育成機関WCWパワープラントの教官を務める一方、ロード・エージェントとしても活躍し、極東担当を任されていたこともある[8]

2010年

日本には1980年代、WWF入りする以前に新日本プロレスに4回来日した。1980年10月の初来日時は長州力藤波辰巳から勝利を収め、アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦[3][12]新間寿全日本プロレスに転出したスタン・ハンセンの後釜候補に、アドリアン・アドニスと彼の名を挙げていた。しかし、2回目の来日となる1983年4月21日、蔵前国技館にて前田日明のヨーロッパ凱旋帰国初戦の相手を務め[3]、フライング・ニールキック、リバース・アームソルトの連続技に敗退[13]。試合後、首を押さえながらレフェリーに「なぜ、あんな危険な技を使わせるのか?」と抗議する一幕も見られた。同年7月の来日時の再戦でも前田のジャンピング・ニーアタックを食らってのエプロン・カウントアウト負けを喫するなど[14]、前田の売り出しアングルに一役買ったものの、アメリカマットでのスケジュールが多忙だったことや、敗戦によるイメージの悪化からチャンスを与えられなくなったこともあり、新日本プロレスに定着することはなかった[15]。1984年に前田がWWFをサーキットした際も、親身になって面倒を見ていたという[16]

1995年にWCWでIWGPヘビー級王座をかけてグレート・ムタと対戦したことがあるが、新日本プロレス非公認であったため公式にはタイトルマッチとして扱われていない(ベルトを保持していたのはムタではなく武藤敬司であったため)。また、エージェント時代の2000年にはムタのWCWサーキットをプロデュースした。

2005年には1980年代のWWFにおける功績から、WWE殿堂に迎えられている。インダクターはかつてのマネージャーであるボビー・ヒーナンが務めた[17]

2014年8月11日、WWERAWで行われたハルク・ホーガンの誕生日祝賀会に、ジーン・オーカーランドジミー・ハート、リック・フレアー、ロディ・パイパー、ケビン・ナッシュスコット・ホールらと共に、ホーガンとゆかりのあるレジェンドの一人としてゲスト出演。観客の声援を煽ったり、ディーヴァにキスを求めたりなど、往時と変わらぬパフォーマンスを見せた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ
NWAトライステート / ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAナショナル・ヘビー級王座:3回[8]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・エンターテインメント
インディー

エピソード[編集]

  • 現役時代のライバル、ハルク・ホーガンとは非常に仲が悪いことで有名。共にフロリダ出身でヒロ・マツダに師事しており、学生時代から顔を知っていたともいう。2005年のWWE殿堂式典の際は同じく殿堂入りしたホーガンの入退場の際、壇上で一人座ったまま拍手もしなかった。さすがにホーガンから手を差し出された際には苦笑いしながら握手には応じている[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1973 NFL Draft”. pro-football-reference.com. 2013年9月29日閲覧。
  2. ^ Paul Orndorff”. GOOGLE BOOKS. 2013年9月29日閲覧。
  3. ^ a b c 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P40(2002年、日本スポーツ出版社
  4. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  5. ^ a b c d NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic/WCW]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  7. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Paul "Mr. Wonderful" Orndorff”. Online World of Wrestling. 2016年7月4日閲覧。
  9. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1982”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月2日閲覧。
  10. ^ a b DVD『WWE レッスルマニア21』DISC-3(2005年、ジェネオン・エンタテインメント
  11. ^ a b WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  12. ^ NJPW 1980 Toukon Series”. Puroresu.com. 2016年7月4日閲覧。
  13. ^ NJPW 1983 Big Fight Series II”. Puroresu.com. 2016年7月4日閲覧。
  14. ^ NJPW 1983 Summer Fight Series”. Puroresu.com. 2016年7月4日閲覧。
  15. ^ 『日本プロレス史の目撃者が語る真相! 新間寿の我、未だ戦場に在り!<獅子の巻>』P84(2016年、ダイアプレス、ISBN 480230188X
  16. ^ 『Gスピリッツ Vol.32』P38(2014年、辰巳出版ISBN 4777813304
  17. ^ a b WWE Hall of Fame”. Online World of Wrestling. 2016年12月3日閲覧。
  18. ^ Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月24日閲覧。
  19. ^ NWA-WCW World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]