デビッド・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・シュルツ
プロフィール
リングネーム "ドクターD" デビッド・シュルツ
"レッドネック" デビッド・シュルツ
デビッド・フォン・シュルツ
ニックネーム 雷神
催眠博士
身長 195cm
体重 122kg(全盛時)
誕生日 1950年6月1日(66歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗 テネシー州マディソン郡
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 1974年
引退 1987年
テンプレートを表示

デビッド・シュルツ"Dr. D" David Schultz1950年6月1日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテネシー州マディソン郡出身。

現役選手時代はヒールラフファイターとして活躍し、私生活でも喧嘩っ早いことで知られた[2]。引退後は犯罪者を捕えて報酬を得るプロのバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)となって活動[3]

来歴[編集]

ハイスクール時代はアメリカンフットボールの選手だったが、膝を負傷してプロ入りを断念[1]ベトナム戦争に従軍後、1974年に地元テネシー州NWAミッドアメリカ地区でプロレスラーとしてデビュー。以降テネシーを主戦場に、アラバマのガルフ・コースト地区やカナダ大西洋岸マリタイム地区イースタン・スポーツ・アソシエーション)にも転戦してキャリアを積む。喧嘩ファイトを身上とするヒールとして頭角を現し、荒っぽい試合スタイルが多いことから当時「無法地帯」と呼ばれていたテネシーでも名うてのラフファイターとなった[4]

1978年9月、国際プロレスに初来日(表記は「ダビッド・ショルツ」)。シリーズのエース格だったオックス・ベーカーリップ・タイラーの相棒となって、ラッシャー木村アニマル浜口と対戦した。翌1979年8月18日にはテネシー州チャタヌーガにてジプシー・ジョーを破り、ラフファイターの称号であるNWA世界ブラスナックル王座を獲得[5]。11月22日にはノックスビルにてデニス・コンドリーをパートナーに、ディック・スレーター&ポール・オーンドーフからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取している[6]。テネシーではその後もメンフィスCWAでコンドリーとコンビを組み、ジェリー・ローラービル・ダンディージミー・バリアントリッキー・モートンココ・ウェアロッキー・ジョンソンビル・ロビンソンリッキーロバートのギブソン・ブラザーズなどと抗争した[7]

1981年から1982年にかけてはカナダ・アルバータ州カルガリースタンピード・レスリングに参戦。ブレット・ハートレオ・バークミスター・ヒトを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルだった北米ヘビー級王座を通算3回獲得した[8]。1982年7月18日にはエドモントンにて、カルガリー地区に遠征してきたニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に挑戦[9]。これを機に翌1983年AWAと契約し、メジャー・テリトリーへの本格的な進出を果たした。

AWAではバロン・フォン・ラシクブラッド・レイガンズジム・ブランゼルスティーブ・オルソノスキーらを下し、ミスター・サイトーのパートナーとなってハルク・ホーガンと抗争を展開[10]。その活躍ぶりをビンス・マクマホンに認められ、ホーガンと同時期にWWFに移籍する。ホーガンとの抗争はWWFでも継続させ、1984年よりスタートしたWWFの全米進出サーキットではAWA圏侵攻の目玉カードとしてホーガン対シュルツのWWF世界ヘビー級王座戦が組まれた。WWFではホーガンをはじめ、アンドレ・ザ・ジャイアントボブ・バックランドサージェント・スロータージミー・スヌーカなどベビーフェイス陣営のトップと各地で対戦[11]。同年7月にはWWFとの提携ルートで新日本プロレスに初参加している[12]

しかし1984年12月28日、ニューヨークMSGでの試合前にABCアナウンサーのジョン・ストッセルの取材を受け、プロレスの内部事情に関する質問に激高。殴打事件を起こしたために謹慎処分を受け、後に解雇される[13][14]。なお当日、シュルツは日本から遠征してきたアントニオ猪木と対戦し[15]、この試合は日本でも放送された。当時のWWFにおいてシュルツはロディ・パイパー&ポール・オーンドーフとヒール・ユニットを結成しており、パイパーの用心棒として活躍していたが、その役どころをカウボーイ・ボブ・オートンに譲ることとなった。

WWF解雇後は各地を転戦し、古巣メンフィスのCWAではWWF入り前のランディ・サベージともタッグを組み、1985年5月6日にはミッドサウス・コロシアムにてジェリー・ローラー&ブルーザー・ブロディのチームと対戦[16]ジノ・ブリットディノ・ブラボーらが主宰していたカナダのモントリオール地区では、1986年11月にグレート・サムゥことサムラ・アノアイを破ってインターナショナル・ヘビー級王座を獲得した[17]

1987年に引退してからはバウンティ・ハンターに転身。世界を股にかけて犯罪者を追跡し、FBIDEAをはじめ各地の警察機関の捜査に協力している[14]。引退後は1990年代にWWFのステロイド裁判に原告側の証人として出廷[3]した以外はプロレスリング業界との関わりを絶っていたが、近年はファンが主催するイベントなどに登場している[14]

エピソード[編集]

  • ジョン・ストッセル殴打事件の後、最後の来日となった1985年3月の新日本プロレスへの再来日時にも、当時の実況アナウンサーだった古舘伊知郎に控室で暴行を加えたことがある。これは、レスラー間のケーフェイを部外者に知られることを危惧し、古館を控室から追い返そうとしたための行為だったともいわれている[18]。関係者がシュルツを制止したため大事には至らなかったが、機転を利かせた古館は、無傷にもかかわらず頭に包帯を巻いて当日の生中継に臨み、この出来事を自身の恐怖体験として視聴者に伝えることで、シュルツのヒールとしての凶悪なイメージを煽った[18]。なお、ハルク・ホーガンも新人時代に間違えて別の控室に入ってしまい、中にいたシュルツに「よそ者は出ていけ!」などと激しく罵倒されたことがあると自著で記している[19]
  • リング外でも気性が激しかったようで、ダイナマイト・キッドの自著では、キッドにけしかけられたシュルツがバックステージでハルク・ホーガンと乱闘を起こしたエピソードが書かれている[20]
  • バウンティ・ハンターに転身後、日本では「犯人に射殺された」という誤報が報じられたことがあった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回[25]
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座(南部版):1回[26]
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / デニス・コンドリー)[6]
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:3回[8]
イースタン・スポーツ・アソシエーション
インターナショナル・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P41(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P69(2001年、エンターブレインISBN 4757706391
  3. ^ a b David Schultz”. Online World of Wrestling. 2009年4月4日閲覧。
  4. ^ DVD-BOX『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット「1978年 ダイナマイト・シリーズ」(2011年、クエスト)
  5. ^ a b NWA World Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月21日閲覧。
  6. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月7日閲覧。
  7. ^ The USWA matches fought by David Schultz in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年7月27日閲覧。
  8. ^ a b Stampede North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月27日閲覧。
  9. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1982”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月27日閲覧。
  10. ^ The AWA matches fought by David Schultz in 1983”. Wrestlingdata.com. 2014年9月14日閲覧。
  11. ^ The WWE matches fought by David Schultz in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年7月27日閲覧。
  12. ^ The NJPW matches fought by David Schultz in 1984”. Cagematch.net. 2015年2月13日閲覧。
  13. ^ ABC Reporter May Sue Wrestler Who Hit Him”. New York Times (February 23, 1985). 2009年4月4日閲覧。
  14. ^ a b c Dr. D dominates PWHF dinner”. SLAM! Sports (October 9, 2006). 2009年4月4日閲覧。
  15. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1980-1989”. The History of WWE. 2009年4月4日閲覧。
  16. ^ The USWA matches fought by David Schultz in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年7月27日閲覧。
  17. ^ a b International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月3日閲覧。
  18. ^ a b ミスター高橋『悪役レスラーのやさしい素顔』P227(2015年、双葉社ISBN 4575308420
  19. ^ 『ハリウッド・ハルク・ホーガン - ハルク・ホーガン自伝』P47(2003年、エンターブレイン、ISBN 4757714483
  20. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P146(2001年、エンターブレイン、ISBN 4757706391
  21. ^ NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  22. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  23. ^ NWA Southern Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  24. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  25. ^ NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  26. ^ NWA Southeastern Heavyweight Title [Southern Division]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。
  27. ^ Canadian Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]