ベビーフェイス (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロレスにおけるベビーフェイスBabyface)は、ギミック上の、プロレス興行のストーリー上の善玉として振舞うプロレスラーおよびプロレスラーのチームである。日本では「ベビー」と略されることが多いが、英語圏では「フェイス」と略すのが一般的である。メキシコルチャリブレでは「リンピオ」「テクニコ」と呼ばれる。対義語として悪玉ヒールが存在する。

ベビーフェイス、および対義語のヒールは、元々アメリカのプロレス業界のスラングであり、それが日本にももたらされて用語として定着した。ヒール同様、プロレス興行において「正義」対「悪」という観客がわかりやすいアングルを展開していく上で欠かせない存在である。

団体の看板レスラーは、通常ベビーフェイスのレスラーが務める。プロレスの古くからのストーリー展開である勧善懲悪的な考えから、悪役を前面に押し出し過ぎないようにするためである。近年ではストーン・コールド・スティーブ・オースチンザ・ロックエディ・ゲレロジョン・シナなどヒール的側面(放送禁止用語の連発、反則攻撃など)を維持したままベビーフェイスとなったレスラーも少なくない。

キャリアのすべて、ないしほとんどの期間をベビーフェイスとして活動している選手は「スーパーベビーフェイス」と呼ばれる。(日本では藤波辰爾初代タイガーマスク小橋建太棚橋弘至。女子プロレスではキューティー鈴木。海外ではリッキー・スティムボートロブ・ヴァン・ダムレイ・ミステリオ・ジュニアなど)

フェイスターン[編集]

ヒールのレスラーがベビーフェイスに転向することを「フェイスターン」と呼ぶ(日本では「ベビーターン」と呼ばれる場合が多い)。フェイスターンは新たなストーリーを展開する上で行われたり、ヒールとして人気が出てきたレスラーを団体の看板として売り出すことを目的として行われる。

  • ベビーフェイスとの抗争を通じて友情が生まれる
  • ヒールユニット内で仲間割れを起こし軍団を離脱する
  • ヒール同士で抗争を行い一方が徐々にベビーフェイス化する
  • 他国ではヒールでも本国もしくは他地域団体でベビーフェイスを演じることもある

等が主なパターンである。