ダッチ・マンテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダッチ・マンテル
ダッチ・マンテルの画像
ゼブ・コルター(2013年)
プロフィール
リングネーム "ダーティー" ダッチ・マンテル
ダッチ・バス
テキサス・ダート
アンクル・ゼベカイア
アンクル・ゼブ
ゼブ・コルター
本名 ウェイン・モーリス・キーオン
身長 183cm[1]
体重 102kg[1] - 105kg[2]
誕生日 1949年11月29日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
グレイ郡パンパ[3]
デビュー 1972年
テンプレートを表示

"ダーティー" ダッチ・マンテル"Dirty" Dutch Mantel、本名:Wayne Maurice Keown1949年11月29日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州パンパ出身[3]

生年は1952年、出身地はカンザス州カンザスシティともされる[2]ギミック上の出身地はテキサス州オイル・トラフ[4]テネシー州ナッシュビルなど[1])。

現役選手時代はヒールラフファイターとしてアメリカ南部を主戦場に活躍。引退後はインディー団体のプロデューサーとなって活動し、2003年から2009年にかけてはTNAにてブッカーを担当[4]。近年はWWEにて、ゼブ・コルターZeb Colter)の名でレスラーのマネージャーを務めていた[1]

来歴[編集]

1972年7月8日、NWAジョージア地区のスタジオTVマッチにおいて、アルゼンチン・アポロジョバーとして "Wayne Cowen" の名義でデビュー[4]。以後、テネシー州メンフィスのNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)を中心に、ダッチ・マンテルDutch Mantel)のリングネームで活動。ロン・バスデビッド・シュルツジプシー・ジョーらと組んでヒールのキャリアを積み、1978年3月25日にはランディ・サベージを破りNWAミッドアメリカ・ヘビー級王座を獲得した[5]

1979年プエルトリコWWCに遠征、その提携ルートで翌1980年1月、ビル・ロビンソンブルーザー・ブロディアンジェロ・モスカなどが同時参加した全日本プロレスの『新春ジャイアント・シリーズ』に初来日している[6][7]1981年ジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングにも参戦し、ケビン・サリバンからNWAジョージア・ジュニアヘビー級王座を奪取した[8]

以降も1980年代全般に渡ってCWAを主戦場に、喧嘩ファイトを身上とするヒールとして活躍。1981年から1983年にかけて、ジェリー・ローラービル・ダンディーAWA南部ヘビー級王座を巡る抗争を繰り広げた[9][10]1984年4月には、テリー・ファンクのブッキングで旧UWFの旗揚げシリーズにボブ・スウィータンスコット・ケーシーと共に来日[11]。4月11日の大宮スケートセンターにおける開幕戦のメインイベントで前田日明と対戦した[12]

主戦場のCWAでは1985年11月4日、ヒールターンしたビル・ダンディーと組んでスティーブ・カーンスタン・レーンファビュラス・ワンズからAWA南部タッグ王座を奪取[13]。自身も時折フェイスターンを行い、帝王ジェリー・ローラーのタッグパートナーを務めたこともある[14]。ミッドアメリカ・ヘビー級王座にも、ジェシー・バーデニス・コンドリーバディ・ランデルリップ・ロジャースなどを下して再三返り咲いた[5]

1986年"ハングマン" ボビー・ジャガーズカウボーイ系タッグチームのカンザス・ジェイホークスThe Kansas Jayhawks)を結成[15]ジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区ベビーフェイスのポジションで参戦し、ミッドナイト・エクスプレス(デニス・コンドリー&ボビー・イートン)やザ・ラシアンズイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフ)などのチームと抗争[16]。同年11月27日の『スターケードアトランタ大会では、ラシアンズの保持するUSタッグ王座に挑戦した[17][18]

ジェイホークス解散後はアラバマコンチネンタル・チャンピオンシップ・レスリングにて、1987年4月10日にエイドリアン・ストリートからNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を奪取[19]。以降はCWAの後継団体USWAを経て、1990年代初頭はWCWジム・コルネットのスモーキー・マウンテン・レスリングにおいて、ヒールのマネージャーカラー・コメンテーターを担当。WCWではブラック・バートデッドアイ・ディックを配下に、テキサスアウトローをイメージしたザ・デスペラードスThe Desperados)なるユニットを結成、当時WCWに出場していたスタン・ハンセンとの共闘アングルも予定されていたが、ハンセンが日本でのスケジュールを優先させたため実現には到らなかった[20]

1995年からは、アンクル・ゼベカイアUncle Zebekiah)を名乗りマネージャーとしてWWFに登場。ジェイコブとイーライのブルー・ブラザーズジャスティン "ホーク" ブラッドショーなど、南部出身の大型ラフファイターの司令塔となった[21][22]1997年にメンフィスのUSWAに戻り、選手としてリングに復帰してジェリー・ローラーとの抗争を再開。同年8月8日にローラーを破り、最後のUSWA統一世界ヘビー級王者となった[23]

以降は現場を離れ、2000年代初頭はIWAプエルトリコなどのインディー団体でクリエイティブ・コンサルタントを担当。2003年からはメンフィス時代からの間柄であるジェリー&ジェフ・ジャレットの親子が創設したTNAに参画し、ブッキング・チームの一員となって活動した[4]2009年7月31日付でTNAとの契約が終了し、同年12月には自著 "The World According to Dutch" を発表[24]。その後は2011年12月にTNAのジェフ・ジャレットが創設したリング・カ・キングの運営に参画した。

2013年、ゼブ・コルターと名乗ってWWEに登場(右はジャック・スワガー

2013年2月11日のRAWにて、ジャック・スワガーのマネージャーとしてゼブ・コルターZeb Colter)の名でWWEに復帰。排他的な差別主義者ギミックに、グレート・アメリカン(日本語字幕では「建国の父」)としてスワガーに紹介された。その際、過去のギミックからか、カラー・コメンテーターのジェリー・ローラーには「嫌な奴」として、JBLからは「偉人」として評されている。後にスイス人アントニオ・セザーロも真のアメリカ人として仲間に加え、リアル・アメリカンズのマネージャーとなった[4]

彼らを援護し王座戦線に何度も顔を出させるが失敗を重ね、2014年4月7日にはセザーロに見限られてポール・ヘイマンの下へと去られ、ロブ・ヴァン・ダムも交えてセザーロと抗争を繰り広げた。7月からは、デビュー以来アメリカを罵り続けたルセフと彼のマネージャーのラナに怒りを向け、スワガーと共に宣戦布告するも敗退。その後はボー・ダラスとの抗争を開始したが、12月1日のRAWにてルセフにバックステージで襲撃され、足を負傷したというアングルのもと、長期欠場することになった[4]

その後は2015年10月25日のWWEヘル・イン・ア・セルにて、ジョン・シナが保持するUS王座へのオープン・チャレンジの挑戦者を紹介するために登場し、以前に抗争していたアルベルト・デル・リオを紹介した。

2016年5月にWWEを離れ、以降はグローバル・フォース・レスリングに活動の場を移している[25]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ / CWA / USWA
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング / コンチネンタル・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフ・コースト・タッグ王座:1回(w / ロン・バス[33] ※ダッチ・バス名義
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / ザ・マタドール[34]
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回[19]
  • NWAサウスイースタンTV王座:1回[35]
  • NWAコンチネンタル・ヘビー級王座:1回[36]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ジュニアヘビー級王座:1回[8]
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座:1回[37]
  • WWC北米タッグ王座:4回(w / フランキー・レイン×3、ダニー・コンドリー[38]
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / バウンサー・ブルーノ)[39]
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ミッドサウスTV王座:1回[40]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Zeb Colter”. WWE.com. 2015年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P61(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b Zeb Colter”. Wrestlingdata.com. 2015年11月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Dutch Mantell”. Online World of Wrestling. 2010年8月26日閲覧。
  5. ^ a b c NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  6. ^ The AJPW matches fought by Dutch Mantell in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年1月18日閲覧。
  7. ^ 同シリーズにはワイルド・ビル・アーウィンも初来日していた。マンテルとアーウィンは、共に牛追い鞭を小道具に用いるアウトロー系ヒールであり、1985年の上期にフロリダで "Master of the Bullwhip" と銘打たれた抗争を展開したことがある(The Archives of Championship Wrestling from Florida)。
  8. ^ a b NWA Georgia Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  9. ^ a b AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  10. ^ The History of Wrestling at the Mid-South Coliseum”. Pro Wrestling History.com. 2010年8月26日閲覧。
  11. ^ The UWF matches fought by Dutch Mantell in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年1月18日閲覧。
  12. ^ UWF Opening Series - Tag 1”. Cagematch.net. 2015年1月18日閲覧。
  13. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  14. ^ Matches fought as a team: Jerry Lawler and Dutch Mantell”. Wrestlingdata.com. 2015年11月13日閲覧。
  15. ^ Kansas Jayhawks”. Online World of Wrestling. 2010年8月26日閲覧。
  16. ^ The WCW matches fought by Dutch Mantell in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年11月13日閲覧。
  17. ^ The History of Starrcade”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  18. ^ NWA Starrcade 1986 - "Night Of The Skywalkers" (Halle 2)”. Cagematch.net. 2015年11月13日閲覧。
  19. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  20. ^ Desperados”. Online World of Wrestling. 2011年5月22日閲覧。
  21. ^ WWE Yearly Results 1995”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  22. ^ WWE Yearly Results 1996”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  23. ^ a b USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  24. ^ The World According to Dutch”. Official website of Dirty Dutch Mantell. 2010年8月26日閲覧。
  25. ^ Zeb Colter Set to Work GFW/WrestlePro Show”. 411mania.com. 2016年5月24日閲覧。
  26. ^ NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  27. ^ NWA Mid-America Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  28. ^ NWA Southern Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  29. ^ NWA Tennessee Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  30. ^ CWA Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  31. ^ CWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  32. ^ CWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  33. ^ NWA Gulf Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  34. ^ NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  35. ^ NWA Southeastern Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  36. ^ NWA Continental Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  37. ^ WWC Universal Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  38. ^ WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  39. ^ WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。
  40. ^ Mid-South Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]