ミッドナイト・エクスプレス (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ミッドナイト・エクスプレスThe Midnight Express)は、1981年から1990年にかけて活躍したプロレスラータッグチーム・ユニットである。歴代のメンバーによって、アラバマテネシールイジアナテキサスノース&サウスカロライナなどアメリカ合衆国南部で活動。ロックンロール・エクスプレスロード・ウォリアーズなどの人気チームと敵対するヒールのユニットとして、1980年代のアメリカン・プロレスのタッグ戦線を盛り上げた。

歴代メンバー[編集]

( )内は在籍期間。5選手ともサイズ的には決して大型ではなかったものの、いずれも職人肌の試合巧者であり、各々別のタッグチームにおいても実績を残している。

来歴[編集]

第1期 : コンドリー、ローズ&オースチン[編集]

1980年11月、アラバマサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング(SECW)にて活動していたデニス・コンドリーが、パートナーのドン・カーソンの引退に伴いランディ・ローズと新しいタッグチームを形成。翌1981年、抗争相手だったベビーフェイスの黒人選手ノーベル・オースチンヒールターンして彼らと結託、トリオのタッグチーム・ユニットであるミッドナイト・エクスプレスが編成された。

以降、SECWではコンドリーとローズのコンビでNWAサウスイースタン・タッグ王座を再三獲得[1]テネシー州メンフィスCWAにも登場し、1982年にはコンドリーとオースチンのコンビでビル・ダンディー&スティーブ・カーンを相手にAWA南部タッグ王座を争っている[2]

また、獲得したチャンピオンシップは3者共有のものとし、タイトルマッチにはメンバー間のどの組み合わせで出場しても許されるという、後に「フリーバード・ルール」と呼ばれる非公式ルールをヒール・ユニットのギミックとして早くから取り入れていた(同時期に活動していたファビュラス・フリーバーズの確立したルールとして知られる)[3]

1983年10月、スコット&ブラッドのアームストロング兄弟に敗れサウスイースタン・タッグ王座から陥落したことを機にトリオを解消。ローズはSECWにとどまり、オースチンとコンドリーはCWAで活動することとなった。

第2期 : コンドリー&イートン[編集]

1984年、デニス・コンドリーはミッドサウス地区の団体間における交換トレードにより、ボビー・イートンジム・コルネットと共にCWAからビル・ワットのMSWAに移籍[4]。コルネットをマネージャーに、イートンと第2期ミッドナイト・エクスプレスを結成する。同年3月13日にはミスター・レスリング2号&マグナムTAからミッドサウス・タッグ王座を奪取[5]。以降、同じくCWAから移籍してきたリッキー・モートンロバート・ギブソンロックンロール・エクスプレスを相手に同王座を巡るシーソー・ゲームを展開、両チームの抗争劇はMSWAのドル箱カードとなった[4]

その後、テキサス州ダラスのWCCWを経て、1985年よりNWAのジム・クロケット・プロモーションズに登場。因縁のロックンロール・エクスプレスとNWA世界タッグ王座を争い、ロード・ウォリアーズとも抗争を繰り広げるなど、当時の米マット界のタッグ戦線を代表するチームとして足跡を残した[4]。活動時期およびメジャーテリトリーでの実績において、この第2期をミッドナイト・エクスプレスの全盛期とする声は多く、2008年にはコンドリーとイートンの両者がNWA殿堂に迎えられている。

1986年からはビッグ・ババ・ロジャースがコルネットのボディガードとなり、彼らの試合にも同行。11月27日の『スターケード'86』ではコルネットとロジャースがセコンドに付き、ウォリアーズとの歴史的なスキャフォールド・マッチが行われた(同大会の名称 "The Night of the Skywalkers" は、この試合からネーミングされている)[6]

第3期 : イートン&レーン、コンドリー&ローズ[編集]

1987年4月、デニス・コンドリーがNWAを離脱。ジム・コルネットはコンドリーを解雇したと(アングル上で)発表し[7]、ボビー・イートンの新パートナーにはスティーブ・カーンとのファビュラス・ワンズで活躍していたスタン・レーンが選ばれた。メンフィスCWA時代からの盟友である両者のチームワークに問題はなく、5月16日に行われたUSタッグ王座の争奪トーナメントでバリー・ウインダム&ロニー・ガービンを下し優勝、第4代のチャンピオン・チームとなっている[8]1988年9月10日には、フォー・ホースメンタリー・ブランチャードアーン・アンダーソンを破り、NWA世界タッグ王座にも戴冠した[9]

一方のコンドリーはNWA離脱後、末期のAWAにて旧メンバーのランディ・ローズと再合体。自分達こそがオリジナルだと主張してオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを名乗り、ポール・E・デンジャラスリーを新しいマネージャーに迎え、1987年10月30日にジェリー・ローラー&ビル・ダンディーからAWA世界タッグ王座を奪取、マーティ・ジャネッティショーン・マイケルズのミッドナイト・ロッカーズともタイトルを争った[10]。翌1998年にAWAを離れ、オリジナル・ミッドナイト・エクスプレスとしてNWAに復帰。イートン&レーンはコルネット共々ベビーフェイスに転じ、ユニット名も入場テーマ曲も共通のチーム同士による骨肉の争いを展開[7]。コルネットとデンジャラスリーのマネージャー抗争も行われ、12月26日の『スターケード'88』においても両チームの遺恨試合が組まれた[11]

1989年テッド・ターナーのNWA(クロケット・プロ)買収によるWCWへの体制以降に伴いコンドリーが再び離脱。ローズはジャック・ビクトリーとの新コンビで継続参戦していたが、イートン&レーンとのルーザー・リーブス・タウン・マッチに敗れて彼もWCWを離れた[7]

その後もイートン&レーンはベビーフェイスのポジションにとどまり、ドゥーム(ブッチ・リード&ロン・シモンズ)やフリーバーズ(マイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)などのチームと対戦。1989年秋よりヒールに戻り、1990年トム・ジンク&ブライアン・ピルマンリックスコットスタイナー・ブラザーズを相手に抗争していたが、WCWの新副社長ジム・ハードとの対立により、同年11月にコルネットとレーンがWCWを退団[4]。イートンはシングル・プレイヤーとしてポール・E・デンジャラスリーのデンジャラス・アライアンスに加入することとなり、ミッドナイト・エクスプレスは10年におよぶ活動に終止符を打った。

解散後 : リメイク、リユニオン[編集]

1998年、当時WWFブッカーを担当していたジム・コルネットが「NWA対WWF」というアングルのもと、中堅レスラーだったボブ・ホーリーバート・ガンを組ませてミッドナイト・エクスプレスをリメイクしている。"ボンバスティック" ボブと "ボディシャス" バートのニュー・ミッドナイト・エクスプレスを名乗り、復活版のNWA世界タッグ王座にも戴冠。コルネット自身がマネージャーを務め、6月28日のキング・オブ・ザ・リングではニュー・エイジ・アウトローズWWF世界タッグ王座に挑戦したが、成功は望めず短期間でフェードアウトしていった。

2000年代に入り、旧メンバーは各地のインディー団体やリユニオン・イベントにてミッドナイト・エクスプレスをワンマッチ限りで再結成している。2004年9月25日にはアラバマのコンチネンタル・レスリングにおいて、ランディ・ローズ&ノーベル・オースチンの "オリジナル" ミッドナイト・エクスプレスが久々に再編された[7]2005年8月27日のレッスルリユニオンでは、デニス・コンドリー、ボビー・イートン、スタン・レーンのトリオが実現し、ザ・ファンクス&ミック・フォーリーと対戦している[12]2007年8月17日のメンフィス・レスリングではジム・コルネットが登場し、コンドリー&イートンの黄金コンビのマネージャーを務めた[7]2008年6月7日にジョージア州アトランタで行われた "NWA Anniversary Show" ではコンドリー&イートン(w / コルネット)対ロックンロール・エクスプレスという1980年代のドル箱カードが再現されている[13]

獲得タイトル[編集]

コンドリー&ローズ
コンドリー&オースチン
  • CWA
    • AWA南部タッグ王座:3回[2]
コンドリー&イートン
  • MSWA
    • ミッドサウス・タッグ王座:2回[5]
  • WCCW
    • NWAアメリカン・タッグ王座:1回[14]
  • MACW
  • その他
    • NWAブルーグラス・タッグ王座:1回
    • NWAロッキートップ・タッグ王座:1回
    • IWCタッグ王座:1回
イートン&レーン
  • MACW / WCW
    • NWA USタッグ王座(ミッドアトランティック版):3回[8]
    • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回[9]

マネージャー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  2. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  3. ^ Greg Oliver and Steve Johnson (2005). “the Top 20: 7 The Fabulous Freebirds”. The Pro Wrestling Hall of Fame: The Tag Teams. ECW Press. pp. 46–52. ISBN 978-1-5502-2683-6. 
  4. ^ a b c d Jim Cornette Biography”. Jim Cornette.com. 2010年9月5日閲覧。
  5. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ Going Old School: Starrcade '86”. 411mania.com. 2010年9月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e Tag Team Profiles: The Midnight Express”. Online World of Wrestling. 2010年9月5日閲覧。
  8. ^ a b NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  9. ^ a b c NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  10. ^ a b AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  11. ^ Going Old School: Starrcade '88”. 411mania.com. 2010年9月5日閲覧。
  12. ^ WrestleReunion: August 27, 2005”. Online World of Wrestling. 2010年9月5日閲覧。
  13. ^ NWA 60th Anniversary Show: June 7, 2008”. Cagematch.de. 2010年9月5日閲覧。
  14. ^ NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]