ブラッド・アームストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラッド・アームストロング
プロフィール
リングネーム ブラッド・アームストロング
バズキル
B.A.
バッドストリート
アラックナマン
本名 ロバート・ブラッドリー・ジェームズ
身長 183cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 (1961-06-15) 1961年6月15日
死亡日 (2012-11-01) 2012年11月1日(満51歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州マリエッタ
トレーナー ボブ・アームストロング
デビュー 1980年
テンプレートを表示

ブラッド・アームストロングBrad Armstrong、本名:Robert Bradley James1961年6月15日 - 2012年11月1日)は、アメリカ合衆国プロレスラージョージア州マリエッタ出身。

父親はWWE殿堂者ボブ・アームストロング。兄はWWEレフェリースコット・アームストロング。弟のスティーブブライアンもプロレスラーである。

来歴[編集]

NWA[編集]

1980年7月にデビューし[1]アラバマサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングジョージアジョージア・チャンピオンシップ・レスリングなど、父ボブ・アームストロングが主戦場としていたNWAディープサウス地区にてベビーフェイスの新鋭として活動。

1980年代初頭はボブとの親子タッグで活躍し、アラバマでは1980年12月、デニス・コンドリー&ランディ・ローズミッドナイト・エクスプレスからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取[2]、ジョージアでは1981年11月25日、トーナメント決勝でミスター・サイトー&ミスター・フジを破りNWAナショナル・タッグ王座を獲得した[3]

シングルでは1981年1月20日にアラバマ地区認定のUSジュニアヘビー級王座に就き[4]、当時レス・ソントンが保持していたNWA世界ジュニアヘビー級王座にも度々挑戦。1983年からはヘビー級戦線に進出し、1984年2月18日にテッド・デビアスからNWAナショナル・ヘビー級王座を奪取、以降も7月にかけてザ・スポイラーを相手にナショナル王座を争った[5]。同年下期からはビル・ワット主宰のMSWAに参戦、12月5日にアーニー・ラッドからミッドサウス北米ヘビー級王座を奪取している[6]

1986年7月、全日本プロレスに初来日。ジョージアでの盟友だったスタン・ハンセンとテッド・デビアスが参戦した『サマー・アクション・シリーズ '86』に後半戦特別参加で出場し、両国国技館にて行われた世界ジュニアヘビー級王座の初代王者決定トーナメント決勝でヒロ斎藤と対戦した[7]

1986年、ジョージアやアラバマでもタッグを組んでいたティム・ホーナーをパートナーに、NWAのジム・クロケット・プロモーションズにてライトニング・エクスプレスThe Lightning Express)を結成。ボビー・イートン&デニス・コンドリーの第2期ミッドナイト・エクスプレスイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフザ・ラシアンズと抗争した。ジム・クロケット・ジュニアがビル・ワットから買収したミッドサウス地区のUWFでは、1987年5月17日にスティング&リック・スタイナーを破りUWF世界タッグ王座を獲得、10月16日にブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムスザ・シープハーダーズに敗れるまで保持した[8]

WCW[編集]

ライトニング・エクスプレス解散後はシングルプレイヤーに戻り、クロケット・プロを買収したWCWのミッドカードに出場していたが、1991年5月、覆面レスラーバッドストリートBadstreet)に変身し、マイケル・ヘイズ&ジミー・ガービンによる第2期ファビュラス・フリーバーズのサブメンバーとなってヒールに転向。6月3日にはトミー・リッチ&ジャンクヤード・ドッグを3対2のハンディキャップ・マッチにて下し、WCW世界6人タッグ王座を獲得した[9]。同年の下期からは、スパイダーマンを模したアラックナマンArachnaman)なるベビーフェイスの覆面レスラーに再変身[10]スタニング・スティーブ・オースチンが保持していたWCW世界TV王座にも挑戦したがブレイクには到らず、いずれも短命のギミックで終わった。

1992年は素顔のブラッド・アームストロングに戻り、7月5日にスコッティ・フラミンゴからWCWライトヘビー級王座を奪取[11]。同時期、日本では新日本プロレスの常連外国人選手となっており(初参戦は1991年9月)、以降1994年にかけて新日本には通算8回来日。1992年の来日時には、2月10日に名古屋レインボーホールにてスコット・ノートンと組み、武藤敬司&馳浩IWGPタッグ王座に挑戦した[12]

1995年に一時WCWを離れ、ジェリー・ジャレット&ジェリー・ローラーUSWAジム・コルネットのスモーキー・マウンテン・レスリング(SMW)で活動。USWAではビリー・ジャック・ヘインズ、SMWではバディ・ランデルテリー・ゴディを破り、各団体のフラッグシップ・タイトルであるヘビー級王座を獲得している[13][14]

1997年のWCW復帰後はジョバー要員となり、しばらく活躍の機会に恵まれなかったものの、1999年にイニシャルのB.A. をリングネームに、ラッパーMaster Pが結成した "No Limit Soldiers" に加入、コナンレイ・ミステリオ・ジュニアと共闘し、カート・ヘニングバリー・ウインダムらによるウエスト・テキサス・レッドネックスと抗争した。ユニット解散後はベルリンとの抗争が組まれ、10月24日の "Halloween Havoc 1999" にて勝利を収めている[15]

以降はWCWのストーリーラインから外され、1999年の末からは再びヒールターンし、当時WWFで人気を博していた弟の "ロード・ドッグ" ジェシー・ジェームズのパロディであるバズキルBuzzkill)なるキャラクターに扮したが、2000年初頭に膝を負傷して戦線を離脱。2001年のWCW崩壊後は古巣のアラバマやジョージアのインディー団体にスポット参戦し、父のボブや兄のスコットとのタッグでレジェンド・マッチに出場していた。

WWE[編集]

2006年9月、第3ブランドECWカラー・コメンテーター兼ロード・エージェントとしてWWEと契約。ハウス・ショーでは試合にも出場し、スティービー・リチャーズらと対戦した[1]2007年はWWEの下部団体だったDSWにも登場、3月17日の "Park Slam" ではメジャー・ブラザーズとトリオを組み、ウィリアム・リーガルデイブ・テイラーフィンレイの英国人チームと6人タッグマッチで対戦している[1]

2011年4月2日、アトランタフィリップス・アリーナで行われたWWE殿堂の記念式典に出席、スコットやブライアンと共に、ボブ・アームストロングの殿堂入りのインダクターを務めた[16]

2012年11月1日、死去[17]。51歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAナショナル・ヘビー級王座:2回[5]
  • NWAナショナル・タッグ王座:2回(w / ボブ・アームストロング、ティム・ホーナー[3]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション / ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
  • ミッドサウス北米ヘビー級王座:1回[6]
  • UWF世界タッグ王座:1回(w / ティム・ホーナー)[8]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
  • USWAヘビー級王座:1回[13]
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWヘビー級王座:2回[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Brad Armstrong”. Cagematch. 2011年7月25日閲覧。
  2. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  3. ^ a b NWA National Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  4. ^ a b NWA United States Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  5. ^ a b NWA National Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  6. ^ a b NWA North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  7. ^ AJPW World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  8. ^ a b UWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  9. ^ a b WCW World 6-Man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  10. ^ Arachnaman”. Online World of Wrestling. 2011年7月25日閲覧。
  11. ^ a b WCW World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  12. ^ The NJPW matches fought by Brad Armstrong in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  13. ^ a b USWA Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  14. ^ a b SMW Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  15. ^ Halloween Havoc 1999”. pWw-Everything Wrestling. 2011年7月25日閲覧。
  16. ^ WWE Hall of Fame Class of 2011 Inductees: "Bullet" Bob Armstrong”. WWE.com. 2011年7月25日閲覧。
  17. ^ Brad Armstrong passes away”. WWE.com. 2012年11月2日閲覧。
  18. ^ NWA Continental Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  19. ^ NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]