ノーベル・オースチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノーベル・オースチン
プロフィール
リングネーム ノーベル・オースチン
ザ・シャドウ
ニックネーム 狂った黒猫
身長 177cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 1951年????[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州
エスカンビア郡ペンサコーラ
トレーナー スプートニク・モンロー
デビュー 1970年代初頭
引退 1980年代
テンプレートを表示

ノーベル・オースチンNorvell Austin1951年[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州ペンサコーラ出身のアフリカ系アメリカ人

1970年代から1980年代にかけて、フロリダ、アラバマテネシージョージアなど南部を主戦場に、主にタッグ・プレイヤーとして活動した。

来歴[編集]

デビュー後の1970年代初頭はスプートニク・モンロー(Sputnik Monroe)のパートナーとしてヒールのポジションで活動、1972年2月にはモンローに帯同して日本プロレスに初来日している[2]。帰国後もモンローと共に南部エリアを転戦し、エディ・グラハムの主宰するNWAフロリダ地区ではジャックジェリーのブリスコ・ブラザーズとフロリダ・タッグ王座を争った[3]。なお、モンローとのコンビは当時では珍しい白人と黒人によるヒールの混成タッグチームとして、"Black is Beautiful, White is Wonderful" をキャッチフレーズにしていた[4]

モンローとのチーム解散後、メキシコ湾岸のガルフ・コースト地区を経て、1975年よりテネシー州メンフィスのNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)に定着。ベビーフェイスに転じてパット・バレットビル・ダンディーとタッグを組み、ハリウッド・ブロンズなどのチームと南部タッグ王座を争った[5]。1970年代末にはジム・バーネットの運営するNWAジョージア地区にも進出、黒人レスラーの先輩ルーファス・ジョーンズと組み、1979年4月25日にイワン・コロフ&オレイ・アンダーソンからジョージア・タッグ王座を奪取している[6]

1980年9月には、ビル・ドロモロン・バス、そして第2次シリーズより参加のビッグ・ジョン・クインアレックス・スミルノフらと共に国際プロレスに来日[7]。エースのラッシャー木村をはじめ、大木金太郎阿修羅・原ともシングルマッチで対戦した[8]

以降もベビーフェイスのポジションでアラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングを主戦場としたが、1981年に再びヒールターンして、ランディ・ローズ&デニス・コンドリーミッドナイト・エクスプレスThe Midnight Express)を結成[9]1980年代に一世を風靡した歴史的タッグチーム・ユニットのオリジナル・メンバーとなった。1982年には古巣テネシーのCWAにて、コンドリーとのコンビでAWA南部タッグ王座を再三獲得[10]スティーブ・カーンスタン・レーンファビュラス・ワンズなどのチームと抗争を展開した[11]

オリジナル版ミッドナイト・エクスプレスは1983年末に一旦解散、オースチンはCWAに継続参戦し、1984年よりココ・ウェアとの黒人タッグチーム、プリティ・ヤング・シングスThe Pretty Young Things)を結成。PYTエクスプレスThe PYT Express)とも呼ばれ、トミー・リッチエディ・ギルバートのニュー・ファビュラス・ワンズ、イライジャ・アキームカリーム・モハメッドのザンブイ・エクスプレスなどとAWA南部タッグ王座を争った[10]テキサス州ダラスのWCCWやNWAフロリダ地区にも進出し、フロリダではパーシー・プリングル3世マネージャーに迎え、1985年2月26日にジェイ・ヤングブラッドマーク・ヤングブラッドのレネゲード・ウォリアーズからUSタッグ王座を奪取している[12]

PYT解散後はアラバマのSECWに戻り、フェイスターンしてブリックハウス・ブラウンと新コンビを結成[13]1986年1月6日にはエイドリアン・ストリートを破りNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を獲得した[14]

1980年代末の引退後は、2004年9月にアラバマのコンチネンタル・レスリングにレジェンドとして特別出場、ランディ・ローズとのオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを再結成した[9]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング / サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b 『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '80 ダイナマイト・シリーズ(2011年、クエスト)
  2. ^ JWA 1972 Dynamic Series”. Puroresu.com. 2015年10月21日閲覧。
  3. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  4. ^ Greg Oliver and Steve Johnson (2005). “Integrating the south”. The Pro Wrestling Hall of Fame: The Tag Teams. ECW Press. pp. 140?143. ISBN 978-1-55022-683-6. 
  5. ^ a b NWA Southern Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月21日閲覧。
  6. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  7. ^ IWE 1980 Dynamite Series I & II”. Puroresu.com. 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ The IWE matches fought by Norvell Austin in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年10月21日閲覧。
  9. ^ a b The Midnight Express”. Online World of Wrestling. 2010年9月5日閲覧。
  10. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Norvell Austin in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年10月21日閲覧。
  12. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  13. ^ The CCW matches fought by Norvell Austin in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年10月21日閲覧。
  14. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月5日閲覧。
  15. ^ NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月21日閲覧。
  16. ^ NWA United States Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月21日閲覧。
  17. ^ NWA United States Tag Team Title [Gulf Coast]”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]