レイ・キャンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイ・キャンディ
プロフィール
リングネーム レイ・キャンディ
カリーム・モハメッド
コマンド・レイ
スーパー・マリオマン
マスクド・スーパーフライ
ブラックスタッド・ウィリアムス
本名 レイ・キャンティ
ニックネーム 黒い重戦車
身長 195cm
体重 155kg(全盛時)
誕生日 1951年12月3日
死亡日 (1994-05-23) 1994年5月23日(42歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州
ディカーブ郡ディケーター[1]
スポーツ歴 アメリカンフットボール
ボクシング
トレーナー ドリー・ファンク・ジュニア
デビュー 1973年
テンプレートを表示

レイ・キャンディRay Candy、本名:Ray Canty[2]1951年12月3日 - 1994年5月23日)は、アメリカ合衆国プロレスラージョージア州ディケーター出身のアフリカ系アメリカ人

巨漢の黒人レスラーとして、アメリカ南部を主戦場に活動。日本にも昭和期の各団体に参戦し、アブドーラ・ザ・ブッチャーと組んでインターナショナル・タッグ王座を獲得するなどの実績を残した[3]

来歴[編集]

1973年に地元のジョージア地区(アン・ガンケル主宰のオール・サウス・レスリング・アライアンス)でデビュー[2]。大型の黒人ベビーフェイスとして売り出され、1975年7月30日にテキサス西部のアマリロ地区にてボビー・ジャガーズからNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を奪取[4]、8月20日にはドリー・ファンク・ジュニアと組んで同タッグ王座にも戴冠している[5]

以降もアメリカ南部を転戦し、テネシーでは1977年ピストル・ペッツ・ワトレーとの黒人タッグで活躍。巨漢のキャンディと小柄なワトレーという凸凹コンビで人気を博す。1978年にはルイジアナアーニー・ラッドジョージアアブドーラ・ザ・ブッチャーら先輩の黒人ヒールと抗争を展開して名を売った。ジョージアでは1979年8月3日にブラックジャック・ランザ、11月30日にキラー・カール・コックスを破りTV王座を2回獲得している[6]

ジョージアでの抗争を通しブッチャーに目をかけられ、1979年10月にブッチャーのパートナーとして全日本プロレスに初来日[7]。10月12日に旭川ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田の師弟コンビからインターナショナル・タッグ王座を奪取する[3]。1週間後、郡山で馬場と鶴田に奪回されるが、それまでブッチャーが自分の子分として帯同してくる黒人選手(ビッグ・バッド・オー、ビッグ・レッド・ジョンなど)は期待外れが多かったこともあり、注目を集めた[8]

1980年3月にはブッチャー軍団の副将となってチャンピオン・カーニバル第8回大会に再来日。テリー・ファンクディック・スレーターテッド・デビアスのファンク・ファミリーと抗争を展開した[9]。同年8月の来日ではオースチン・アイドルのパートナーを務め、PWF杯争奪タッグトーナメントに出場。1回戦でプリンス・トンガ&大仁田厚を下すも、準決勝でザ・デストロイヤー&ザ・クルーザーに敗退した[10]

1981年2月には国際プロレスに参戦し、3月24日の宮城県泉市大会でラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座に挑戦[11](これが東京12チャンネル国際プロレスアワー』レギュラー放送における最後の中継試合となった[12])。シリーズ中は同年秋に開催予定だった『ルー・テーズ杯争奪戦』の後期予選も行われ、アニマル浜口ルーク・グラハム寺西勇らを下して決勝リーグ進出を決めたが、開催前に国際プロレスが崩壊したため出場は幻に終わった[13]

帰国後の同年6月29日、アラバマサウスイースタン地区にてジミー・ゴールデンからNWAアラバマ・ヘビー級王座を奪取[14]。その後、覆面レスラーマスクド・スーパーフライThe Masked Superfly)に変身するなどアメリカでもヒールとして活動するようになり、1982年セントラル・ステーツ地区にてルーファス・ジョーンズブルース・リードアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦[15]。テキサス東部のダラス地区ではキングコング・バンディワイルド・ビル・アーウィンと共闘し、フォン・エリック兄弟と抗争した[16]

1983年下期からはフロリダ地区でイライジャ・アキームことレロイ・ブラウンと合体。カリーム・モハメッドKareem Muhammad)と名乗り、迷彩服を着用したイスラム系アフリカ兵ギミックの超巨漢黒人タッグチーム、ザンブイ・エクスプレスThe Zambuie Express)を結成[17]ダスティ・ローデス&ブラックジャック・マリガンなどのチームと抗争した[18]ジェリー・ローラージェリー・ジャレットが主宰していたメンフィスCWAサンアントニオのテキサス・オールスター・レスリングにも出場し、各地のタッグ王座を奪取している[19]

1984年3月にはザンビア・エクスプレスのチーム名で新日本プロレスに初登場[20]。以降、ブラウンとのタッグを解散してからも新日本プロレスの常連外国人選手となり、1986年10月の来日ではスーパー・マリオマンSuper Marioman)なる覆面レスラーにも変身している(当時、大ブームだったファミコン用ゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』にあやかった急造マスクマンだが、もともとは別の人物が変身する予定だったともされている)[20]

アメリカではフロリダを主戦場に迷彩服スタイルを続け、コマンド・レイCommando Ray)を名乗ることもあった。1986年11月25日にはバリー・ウインダムを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得[21]1987年プエルトリコWWCに遠征し、ブルーザー・ブロディとも抗争[2]。6月6日にはマイティ・イゴールからプエルトリカン・ヘビー級王座を奪取している[22]。新日本プロレスには1988年2月にも参戦したが、後に体調を崩して引退し、これが最後の来日となった。

1994年5月23日心臓発作のため死去[1]。42歳没。晩年はレスラーの指導にも携わり、後にECWで活躍するニュー・ジャックWWEスーパースターのケインらを育てた[23][24]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
NWAトライステート
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・TV王座:2回[6]
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:1回[14]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回[21]
  • NWAフロリダ・グローバル・タッグ王座:1回(w / イライジャ・アキーム)[30]
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):2回(w / イライジャ・アキーム、ハクソー・ヒギンズ[31]
テキサス・オールスター・レスリング
  • TASW 6人タッグ王座:1回(w / イライジャ・アキーム&カマラ[32]
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリカン・ヘビー級王座:1回[22]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ray Candy (1951 - 1994)”. Find A Grave Memorial. 2014年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c Ray Candy”. Online World of Wrestling. 2010年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c NWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。
  4. ^ a b NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。
  5. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。
  6. ^ a b NWA Georgia Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年8月7日閲覧。
  7. ^ AJPW 1979 Giant Series”. Puroresu.com. 2015年11月23日閲覧。
  8. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P43(2002年、日本スポーツ出版社
  9. ^ The AJPW matches fought by Ray Candy in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  10. ^ PWF杯争奪タッグトーナメント”. ミック博士の昭和プロレス研究室. 2015年11月23日閲覧。
  11. ^ IWE 1981 Super Fight Series”. Puroresu.com. 2015年11月23日閲覧。
  12. ^ 『忘れじの国際プロレス』P99(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  13. ^ 『Gスピリッツ Vol.16』P76(2010年、辰巳出版ISBN 4777808017
  14. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年5月11日閲覧。
  15. ^ The CSW matches fought by Ray Candy in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  16. ^ The WCCW matches fought by Ray Candy in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  17. ^ Zambuie Express”. Cagematch.net. 2015年5月11日閲覧。
  18. ^ The CWF matches fought by Ray Candy in 1983”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  19. ^ Zambaui Express”. Online World of Wrestling. 2014年10月25日閲覧。
  20. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P57、P76(2002年、日本スポーツ出版社)
  21. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年8月7日閲覧。
  22. ^ a b WWC Puerto Rican Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年8月7日閲覧。
  23. ^ New Jack”. Online World of Wrestling. 2009年6月22日閲覧。
  24. ^ Kane”. SLAM! Sports (March 26, 2005). 2010年1月26日閲覧。
  25. ^ NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  26. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  27. ^ NWA Arkansas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  28. ^ NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  29. ^ NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月23日閲覧。
  30. ^ NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  31. ^ NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  32. ^ Texas All-Star Wrestling USA 6-man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]