テリー・ファンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テリー・ファンク
テリー・ファンクの画像
プロフィール
リングネーム テリー・ファンク
"テリブル" テリー・ファンク
チェーンソー・チャーリー
本名 テレンス・ファンク
ニックネーム テキサス・ブロンコ
テキサスの荒馬
リビング・レジェンド
身長 188cm
体重 118kg(全盛時)
誕生日 (1944-06-30) 1944年6月30日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州の旗 インディアナ州
レイク郡ハモンド
スポーツ歴 レスリング
アメリカンフットボール
トレーナー ドリー・ファンク・シニア
ドリー・ファンク・ジュニア
デビュー 1965年12月9日
テンプレートを表示

テリー・ファンクTerry Funk、本名:Terrence Funk1944年6月30日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーインディアナ州ハモンド出身、テキサス州アマリロ育ち。

第51代NWA世界ヘビー級王者。実兄ドリー・ファンク・ジュニアとのタッグチームザ・ファンクス」でも活躍し、日本でも人気を博した。日本では「テキサス・ブロンコ」「テキサスの荒馬」などの異名を持つ。

何度となく引退と復帰を繰り返し、俳優として活動していたこともある。

来歴[編集]

NWA〜WWF[編集]

プロレスラーのドリー・ファンク・シニアの次男として生まれ、兄のドリー・ファンク・ジュニアと共にレスリングの英才教育を受けながら育つ。ウエスト・テキサス州立大学アメリカンフットボール選手として活動後、1965年にプロレスラーとしてデビュー。父がプロモートしていたテキサス州アマリロ地区(NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ)にてキャリアを積んだ。

1970年6月、日本プロレスに初来日。1971年12月7日、ドリーとのザ・ファンクスジャイアント馬場&アントニオ猪木BI砲を破りインターナショナル・タッグ王座を獲得。1972年10月には全日本プロレスの旗揚げシリーズに参加、以降、全日本プロレスの看板外国人選手となって活躍した。

アメリカでは、1973年2月10日にジョニー・バレンタインからNWAミズーリ・ヘビー級王座を奪取[1]1975年12月10日にはジャック・ブリスコを破ってNWA世界ヘビー級王座を獲得、兄ドリーと並んで史上初の兄弟世界王者となった[2]。以降、各地で防衛戦を続けたが[3][4]1977年2月6日、兄と同じくハーリー・レイスに敗れ王座陥落[2]

1977年12月に全日本プロレスで開催された世界オープンタッグ選手権にはドリーとのザ・ファンクスで出場し、アブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シークの史上最凶悪コンビを退けて優勝。以降、1979年1982年世界最強タッグ決定リーグ戦でも優勝を果たした。

日本において絶大なベビーフェイス人気を博していた同時期、本国アメリカではレッドネックのワイルドさを強調したラフファイト主体のヒールとして活躍。ロサンゼルスではチャボ・ゲレロフロリダではダスティ・ローデステネシーではジェリー・ローラーサンアントニオではワフー・マクダニエルなど、各地のヒーローと流血の抗争を繰り広げ、業界誌の不人気部門(すなわち悪党人気部門)では常に上位にランキングされていた[5]

1983年8月31日に全日本プロレスのリングで現役を引退したが、翌1984年8月に復帰。1985年6月にWWFと契約し、ジミー・ハートマネージャーカウボーイギミックのヒールとしてハルク・ホーガンジャンクヤード・ドッグと抗争を展開[6]1986年1月にはドリーもホス・ファンクのリングネームでWWF入りし、同年4月7日のレッスルマニア2(ロサンゼルス大会)にはザ・ファンクスとして出場している[7]

その後、膝を負傷してWWFを離脱。再び引退宣言して俳優活動に入り、『オーバー・ザ・トップ』など数本の映画やドラマに出演。

WCW、ECW以降[編集]

1989年5月7日、リック・フレアーリッキー・スティムボートのNWA王座戦に採点ジャッジとして参加。試合後、勝者フレアーに襲い掛かり、史上初とも言われる「テーブル上でのパイルドライバー」を敢行。フレアーとの因縁ドラマでは「イカレた中年Middle Aged and Crazy)」のヒールとして活躍。

以降インディ団体を転戦するようになり、旧敵ザ・シークの甥であるサブゥーとの邂逅などもあり、かつて南部地区でダスティ・ローデスやジェリー・ローラーらと繰り広げてきた荒っぽいラフファイト路線に回帰。ハードコア・レスリングの先駆者として再評価された[8]

1993年からは創世記のECWに参加。1997年末までのECW全盛期を主役の一人として支えた。1998年からはECWと提携関係にあったWWFチェーンソー・チャーリーChainsaw Charlie)のリングネームで久々に登場。弟子のような存在であるフォーリーとのタッグで活躍し、レッスルマニアXIVではニュー・エイジ・アウトローズWWF世界タッグ王座に挑戦。その後はジャスティン・ブラッドショーとのカウボーイ・タッグも結成した。2000年からは末期のWCWに参戦し、ハードコア・タイトルを獲得している。

近年も各地のインディ団体に出場し、一時期は初期TNAにも登場した。2005年にWWEがECWを復活させると、当初は反WWEの立場を取っていたが、翌年のECWワン・ナイト・スタンド2006には参戦した。

2009年、兄ドリーと共にWWE殿堂に迎えられている。2011年には、流血の大抗争を展開した因縁のライバル、アブドーラ・ザ・ブッチャーのWWE殿堂入りのインダクターを務めた[9]

評価[編集]

レスラーとしての姿勢[編集]

NWA王者として活動し超一流のレスラーとしての名声を得た後でも、新しいことに果敢にチャレンジする姿勢は、「リビング・レジェンド」(生ける伝説)と讃えられている。 前述のハードコアマッチデスマッチへの挑戦、50歳を過ぎてからムーンサルトプレスを使い始めるなど(形は不完全であったが)、後に続く者からのリスペクトは絶えない。後年は若手育成にも力を入れ、ECW時代は積極的に若手とも試合を行なっている(他のベテラン勢は自分のポジションを奪われるのを嫌がり、若手との対戦は避けていたという)。

また、長年の酷使により膝が完全に壊れているため、膝サポーターは欠かせず、常にロングタイツを着用している。鎮痛剤を常用しているといわれ、その副作用のせいか、単なる性格的なものなのかは不明だが、感情を抑制出来ず癇癪を起こすことが多いと伝えられている。

日本での活躍[編集]

テリー・ファンクは1970年代後半から1980年代前半にかけて、日本のプロレス界で最も成功した外国人レスラーの一人である。1977年の「世界オープンタッグ選手権」決勝戦において、凶器攻撃を繰り返すアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シークの最凶悪コンビに「テキサス魂」で真っ向勝負を挑む姿に、男女を問わず熱狂的なファンが付き親衛隊も生まれた。

大成功を収めた「世界オープンタッグ選手権」は、年末の興行は不振とされていた日本のプロレス界の定説を覆し、以降「世界最強タッグ決定リーグ戦」へと発展して全日本プロレスの看板シリーズとなった。日本では絶対的なベビーフェイスとして認識されているが、上記の通りアメリカでは地元のアマリロ地区以外では主にヒールとして活動していた。

ブッカーとしても敏腕で、1981年にはスタン・ハンセン新日本プロレスから全日本プロレスへの引き抜きにも成功した。同様にハルク・ホーガンとも契約書を交わすまで至ったが、ホーガンがこれを新日本に提示しギャラの上乗せを要求したため、ホテルでホーガンを殴ったとジャイアント馬場は語っている。しかし、テリー本人は自著などで暴行に関しては否定している。

なお、一度目の引退を発表したのは1980年で、突如「私の膝は皆が思っている以上に状態が良くない。動ける内に身を退きたいので、3年後の誕生日に引退する」と発言し、ファン、そしてプロレスマスコミを驚かせた。1983年の引退試合の前に来日したグランド・チャンピオン・カーニバルIIIには「テリー・ファンクさよならシリーズ」と副題がついていた。

1984年2月のニック・ボックウィンクルvsジャンボ鶴田の一戦では特別レフェリーを務めた。

1993年5月5日にはFMWのリングで弟子ともいえる大仁田厚川崎球場にてデスマッチ対決。1995年5月3日には福岡ドーム大会で新日本プロレスに初参戦した。また、IWAジャパンでは1998年ザ・グレート・カブキの引退試合のタッグパートナーも務めている。

2005年8月4日、「WRESTLE-1 スペシャルタッグマッチ」にて同じく往年のスター選手ミル・マスカラスとコンビを組み、若手選手の本間朋晃&中嶋勝彦組に勝利。

2010年1月4日、新日本プロレス「レッスルキングダムIV IN 東京ドーム」に参戦。長州力蝶野正洋中西学と組み、ブッチャー、矢野通飯塚高史石井智宏組と対戦した。

2013年10月、全日本プロレスに22年ぶりにザ・ファンクスとして来日。両国国技館での第2試合に出場し、渕正信&西村修組と20分1本勝負で対戦した(結果は時間切れ引き分け)[10]

得意技[編集]

スピニング・トーホールド
代名詞ともなっている足殺し技。倉持隆夫アナ曰く「ファンク一家伝家の宝刀」。
テキサスクローバーホールド
仰向けに寝ている相手の右脚を脇の下に抱え込み、左脚を右太腿の上で両手をクラッチしてから逆エビ固めに決める、テリーが考案したオリジナル・ホールド。
1982年夏、兄ドリーとスパーリングをした際に、見学していたジョニー・バレンタインから「テリー、今のレッグロックはそのまま複合技に使えないか?」とアドバイスされたのがヒントになったという[11]
ローリング・クレイドル
別名回転揺り椅子固め、回転股裂き固め。全盛期によく使っていた技で、こちらもテリーが考案したオリジナル・ホールドである。
ナックル・パート
倉持隆夫アナから「テキサス・ナックル・パート」と呼ばれた、右でジャブを数発放ち、左でストレートを入れるコンビネーション。
本来は反則なのだが、アントニオ猪木の怒りの鉄拳制裁、天龍源一郎のグーパンチ同様、何故か反則カウントを数えられる事はほとんどなかった。
バックドロップ
兄ドリー同様抱え式バックドロップをよく使用していた。
ダイビング背面エルボー・ドロップ
NWA王者時代にフィニッシュとして多用していた技で、リングに背を向けてコーナーにのぼり、そのまま後向きに飛び降りながらエルボー・ドロップを繰り出す。このタイプのエルボー・ドロップはファンクス道場での修行中にテリーから直接指導された天龍が使用している。
回転エビ固め
これも全盛期には得意にしていた技で、特にNWA王者時代はコーナー最上段からのダイビング式をフィニッシュに多く用いていた。1983年8月31日の一度目の引退試合でも、テリー・ゴディにコーナートップからのダイビング式回転エビ固めで3カウントを奪っている。
ムーンサルトプレス

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・アライアンス
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座 : 7回
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座 : 2回(w / リッキー・ロメロ
  • NWAブラスナックル王座(アマリロ版) : 1回
NWAビッグタイム・レスリング
NWAハリウッド・レスリング
  • NWA世界タッグ王座(ロサンゼルス版) : 1回(w / ドリー・ファンク・ジュニア)
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座 : 1回
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座 : 1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座 : 1回
  • NWAフロリダTV王座 : 1回
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版) : 2回
  • NWA北米タッグ王座(フロリダ版) : 1回(w / ドリー・ファンク・ジュニア)
  • NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回(w / ドリー・ファンク・ジュニア)
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座 : 1回(w / ドリー・ファンク・ジュニア)
  • NWAジョージアTV王座 : 2回
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW南西部ヘビー級王座 : 1回
  • SCW世界タッグ王座 : 1回(w / ドリー・ファンク・ジュニア)
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
  • USWA統一世界ヘビー級王座 : 1回
エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
WWF / WWE
日本プロレス / 全日本プロレス
その他
  • JCWヘビー級王座 : 1回
  • IWA世界ヘビー級王座 : 1回

俳優での出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NWA Missouri Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  2. ^ a b NWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  3. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  4. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1977”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  5. ^ 『プロレスアルバム16 THE HEEL』P16(1981年、恒文社
  6. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2014年11月21日閲覧。
  7. ^ WWF WrestleMania II - "What The World Is Coming To" (Halle 3)”. Cagematch.net. 2014年11月21日閲覧。
  8. ^ History of the Hard Core Wrestling Match”. BBC: October 22, 2002. 2011年4月4日閲覧。
  9. ^ WWE Hall of Fame Class of 2011 Inductees Abdullah the Butcher”. WWE.com. 2011年4月4日閲覧。
  10. ^ 日刊スポーツ。2013.10.28。
  11. ^ 月刊ビッグレスラー 1982年11月号P130-135 『テリー・ファンク インタビュー』(立風書房

関連項目[編集]

外部リンク[編集]