グレッグ・バレンタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレッグ・バレンタイン
グレッグ・バレンタインの画像
プロフィール
リングネーム グレッグ "ザ・ハンマー" バレンタイン
ベビーフェイス・ネルソン
ジョニー・ファーゴ
ジョニー・バレンタイン・ジュニア
ブルー・ナイフ
本名 グレゴリー・ウィスニスキー
ニックネーム ザ・ハンマー
金髪の爆撃機
身長 183cm
体重 113kg(全盛期)
誕生日 (1950-09-10) 1950年9月10日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州の旗 ワシントン州シアトル
トレーナー ジョニー・バレンタイン
スチュ・ハート
ザ・シーク
デビュー 1968年
テンプレートを表示

グレッグ・バレンタインGreg Valentine、本名:Gregory Wisniski1950年9月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーワシントン州シアトル出身。ニックネームはザ・ハンマーThe Hammer)。父親は妖鬼の異名を持つジョニー・バレンタイン

来歴[編集]

学生時代にアルバイトとしてリングに上がった経験を持つ。1970年カルガリースチュ・ハートの門下生となり本格的にプロレスを学び、同年7月にアンジェロ・モスカを相手にデビュー(5分ほどで敗退)。その後ザ・シークの元でもトレーニングを受けている。

若手時代はベビーフェイス・ネルソンジョニー・ファーゴのリングネームを名乗り、AWA傘下のローカル・エリアやNWFテキサスアマリロ地区などで試合をしていた。

1974年からエディ・グラハムの主宰するNWAフロリダ地区のCWFに移り、当初はジョニー・バレンタイン・ジュニア、後にグレッグ・バレンタインの名前で活動する。当時、父親のジョニー・バレンタインはまだ現役選手として第一線で活躍しており、父の意向から息子ではなく「弟」と称していた(息子がデビューするほどの年齢であることが公になると、自分の商品価値が下がってしまうとジョニーが懸念したため[1])。

1975年2月にロサンゼルスエドワード・カーペンティアを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得して注目を浴び、4月には当時ジャック・ブリスコの保持していたNWA世界ヘビー級王座に初挑戦した。

同年10月、父ジョニーやリック・フレアーが乗ったセスナ機が墜落するという事故が起きる。この時の怪我で父は引退。グレッグはこの事件後に、ジョニー・バレンタインの息子であるということを公表し、1976年よりジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区を主戦場とする。リック・フレアーとの金髪コンビで同地区認定のタッグ王座を何度となく獲得し、次代を担うヒールとして期待された。

1978年ニューヨークWWFに登場。当時のWWFヘビー級王者ボブ・バックランドと抗争し、メインイベンターの地位を確立した。1983年まではWWFとNWAを行き来しながら試合をしており、NWAではフレアーやロディ・パイパーワフー・マクダニエルらと抗争し、USヘビー級王座(後のWCW・US王座、現在のWWE・US王座)を3回に渡って獲得するなどトップ戦線で活躍した[2]

ホンキー・トンク・マン(後方)とのタッグチーム、リズム&ブルース

1984年より、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を開始していたWWFに定着。ハルク・ホーガンWWF世界ヘビー級王座に挑戦する一方、ティト・サンタナインターコンチネンタル・ヘビー級王座を巡り名勝負を繰り広げる。1985年からはジョニー・バリアントマネージャーに迎え、ブルータス・ビーフケーキとのドリーム・チームで活動。8月24日にバリー・ウインダム&マイク・ロトンドUSエクスプレスからWWF世界タッグ王座を奪取し、翌1986年4月7日のレッスルマニア2において、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスブリティッシュ・ブルドッグスに敗れるまで戴冠した[3]1989年にはジミー・ハートを新しいマネージャーに、ホンキー・トンク・マンリズム&ブルースを結成し、ブレット・ハート&ジム・ナイドハートハート・ファウンデーションなどと抗争した。1991年のWWF離脱後はWCWに参戦。1992年2月17日、テリー・テイラーと組んでロン・シモンズ&ビッグ・ジョッシュからUSタッグ王座を奪取している[4]

その後インディー団体を転戦し、2004年WWE殿堂に迎えられた(インダクターはジミー・ハート)。2008年3月31日には、WWE・RAWにて行われたリック・フレアーの引退セレモニーに出席した。

日本での活動[編集]

日本には、1970年代半ばから新日本プロレスに参戦し、常連外国人の一人であった。1975年12月4日にはイワン・コロフと組んでアントニオ猪木&坂口征二北米タッグ王座に挑戦。同王座には1979年11月16日にも、マサ斎藤とのコンビで新王者チームの坂口&長州力に挑戦している。同年12月4日には大阪府立体育館にて、藤波辰巳が保持していたWWFジュニアヘビー級王座に体重を減らして挑戦し、好勝負を展開した。1990年代日米レスリングサミットSWSバトラーツなどにも来日しており、日米レスリングサミットではザ・グレート・カブキとシングルマッチで対戦した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション
  • AWAミッドウエスト・タッグ王座:1回(w / ジェリー・ミラー)
ナショナル・レスリング・フェデレーション
  • NWF世界タッグ王座:2回(w / ドン・ファーゴ)
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ドン・ファーゴ)
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:2回
  • NWAビート・ザ・チャンプTV王座:2回
NWAトライステート
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(トロント版):1回
ワールド・レスリング・フェデレーション / ワールド・レスリング・エンターテインメント
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座:1回
インディー
  • NWA北米ヘビー級王座:1回(1994年にダラスで新設されたインディー団体のタイトル)
  • IWCCWヘビー級王座:1回
  • AWFタッグ王座:1回(w / トミー・リッチ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『THE WRESTLER BEST100』P229(1981年、日本スポーツ出版社
  2. ^ NWA United States Heavyweight Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月29日閲覧。
  3. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2015年3月29日閲覧。
  4. ^ WCW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]