テリー・ゴディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テリー・ゴディ
プロフィール
リングネーム テリー・ゴディ
テリー "バンバン" ゴディ
テリー・メッカ
ジ・エクスキューショナー
本名 テリー・レイ・ゴディ
ニックネーム 人間魚雷
元祖パワーボム
身長 195cm
体重 135kg(全盛時)
誕生日 (1961-04-23) 1961年4月23日
死亡日 (2001-07-16) 2001年7月16日(満40歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗 テネシー州チャタヌーガ
トレーナー アーチー・ゴルディー
デビュー 1977年
テンプレートを表示

テリー・ゴディ[1]Terry "Bam Bam" Gordy、本名:Terry Ray Gordy1961年4月23日 - 2001年7月16日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州チャタヌーガ出身。日本では「人間魚雷」の異名を持つ。

甥のリチャード・スリンガー、息子のレイ・ゴディもプロレスラーである。パワーボムの元祖であり、この技を日本に定着させた。

来歴[編集]

生まれついての巨漢で、ほとんど訓練もしないまま年齢をごまかし14歳でプロレス入りしたとされ、1977年テリー・メッカTerry Mecca)のリングネームでデビュー。1年後、地元テネシーで出会った2歳年上のマイケル・ヘイズと出会って意気投合し、テリー・ゴディと改名、1978年末よりタッグチームファビュラス・フリーバーズ」を結成する[2]。この名前は彼らが好きだったサザン・ロックのバンド、レーナード・スキナードのヒット曲「フリー・バード」から取ったもので、入場曲も同曲である[3]。なお、これがアメリカマット界で本格的に入場曲が使われるようになったきっかけといわれる。

以降、ヒールのタッグチームとしてテキサス州ダラスを中心に全米で活躍。後にバディ・ロバーツを加えて3人組となり、ダラスの英雄フォン・エリック兄弟(ケビンデビッドケリー)との抗争は凄まじい人気を得た[3]。ヘイズとは1981年ジョージアGCWで一時的に仲間割れし、ゴディはジミー・スヌーカを、ヘイズはテッド・デビアストミー・リッチを新パートナーに抗争を展開したこともある[4]。シングルでは、1980年に中南部のMSWAジャンクヤード・ドッグとルイジアナ・ヘビー級王座を、1982年にはアラバマSECWジョー・ルダックNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を争った[5][6]

1983年8月に全日本プロレスに初来日。日本でのテリー・ファンク引退試合でのザ・ファンクスの対戦相手として、スタン・ハンセンのパートナーに起用された(テリー・ファンクは後に現役復帰)。翌年にはフリーバーズでの来日も実現したが、ゴディのみ全日本の常連となる。デビュー間もない頃に教えを受けたルー・テーズ直伝のパワーボムフィニッシュ・ホールドとして頭角を現す。テリー・ゴディのパワーボムは技を決めた後に、そのままフォールの体勢に持ち込むのが特徴で、それ以降多くの日本のレスラー達が使うようになった。1988年にはスタン・ハンセンとのタッグで世界タッグ王座を獲得。また同年の世界最強タッグ決定リーグ戦を制覇した。1990年3月「殺人医師」ことスティーブ・ウィリアムスとタッグチーム「殺人魚雷」を組み、世界最強タッグ決定リーグ戦を1990年1991年と二連覇する等活躍した。シングルでも1990年6月5日にジャンボ鶴田から三冠ヘビー級王座を奪取している。三冠王者になった外国人選手は、ゴディが初である。この時29歳だったが、20代の三冠王者はゴディと小橋建太の2人だけである。すでに世界タッグ王者でもあったため、外国人レスラー初の五冠王ともなった。また、全日本プロレスに上がる前年の1982年3月1日、ジョージア州アトランタにてジャイアント馬場PWFヘビー級王座に挑戦しており[7]、日本でもその試合が中継された。

1984年8月にはフリーバーズとしてWWFにも出場。シンディ・ローパーとのコラボレーションも実現したが、メンバー個々をシングルプレイヤーとして売り出そうとしたWWFに反発して短期間で離脱[3][8]。その後、フリーバーズはダラスのWCCWを主戦場に、バーン・ガニア主宰のAWAビル・ワット主宰のUWFなどにも参戦。シングルでも1986年5月30日、トーナメントの決勝でジム・ドゥガンを破りUWF世界ヘビー級王座の初代チャンピオンとなった[9]

1988年のオリジナル・フリーバーズ解散後、ゴディは全日本プロレスを主戦場にスタン・ハンセンやスティーブ・ウィリアムスとのタッグで活動。1992年にはスティーブ・ウィリアムスと共にWCWに参戦、スコット・スタイナー&リック・スタイナースタイナー・ブラザーズと抗争する[10]。WCWは当時新日本プロレスと提携し、スタイナー兄弟も新日本に来日したが、ゴディとウィリアムスは全日本との関係を重視して新日本には参戦しなかった。

1993年8月、全日本のシリーズを欠場。内臓疾患ということになっていたが、実際は一度、全日本参戦中に心停止したことがあり、病院に担ぎ込まれたというのが真相である(以下のエピソード含め、和田京平の著書『人生は3つ数えてちょうどいい』より。医者からは「ご家族を呼んでください」と言われたものの、突然起き上がって「帰る」などと言い出し、周囲の人間が仰天したというエピソードがある[要ページ番号])。1年後の1994年7月、サマーアクションシリーズ中盤より全日本マットに復帰したものの全盛期の動きには程遠く、これが最後の全日本への来日となった(スタン・ハンセンの手記によると、ゴディの素行不良のため、全日から解雇を宣告されたらしい[要ページ番号])。

その後1995年IWA・JAPANに参戦。画鋲デスマッチ等を行った。1996年には覆面レスラージ・エクスキューショナーThe Executioner)としてWWFに登場。マンカインドと怪奇派のタッグチームを結成し、短期間ながらジ・アンダーテイカーと抗争した[11]1998年にはWARに登場。かつての三冠戦カードである天龍源一郎とのシングル戦が実現した。

ゴディは非常に強い痛み止めの薬を飲んでいたが、元来の酒豪であり(主にジャックダニエルを愛飲)、チャンポンしていたという。現在で言うステロイド剤の副作用もあり、精神的にも異常な行動が見えたことからそれが原因で全日本には呼ばれなくなったというのが真相である。IWA・JAPANに参戦時には、控え室で尿を垂れ流していたなどの行動も見られたという[要出典]。持病の心臓病が悪化し、2001年7月16日テネシー州チャタヌガの自宅で心不全で急死。40歳没。

最後の来日は同年2月4日のIWA横浜文化体育館大会。死の直前に、プロレスリング・ノアを発足させた三沢光晴と旧交を温める様子がプロレスマスコミに流れたが、本人がノアに上がることはなく、一時息子のレイ・ゴディがノアに参戦するにとどまった。ジャンボ鶴田が苦手意識を持った数少ないトップレスラーで、1990年代前半にはプロレス四天王の大きな壁として立ちふさがった。

2016年、ファビュラス・フリーバーズのメンバーとして、マイケル・ヘイズ、バディ・ロバーツ、ジミー・ガービンと共にWWE殿堂に迎えられた[12]

得意技[編集]

大型レスラーだが抜群のセンスと動きのよさも兼ね備えており、技の引き出しが多い。投げ技が比較的少ないのが特徴。

パワーボム
ルー・テーズ直伝、ゴディの代名詞的必殺技。投げっ放しではなく、叩き付けてホールドしたままエビ固めで体重を乗せてピンフォールした。
魚雷ラリアット
いわゆる「串刺しラリアット」で、この技の創始者。逃げ場のないコーナーの相手に向かって、全体重を浴びせかけるようにラリアットをブチ込み、仰け反って反動で前のめりになった相手を掴んでマットにねじ伏せ、フォールに行くという一連の動きがスピードとパワーに満ちあふれていた。相手をコーナーにホイップしたらすかさず追いかけるように突進し、ラリアットをかわされないようにするのが特徴。対角線のコーナーを利用して、ラリアットを打ち込んだ相手をすぐさま対角線に振って魚雷ラリアットを続け、何往復かする連発式も使用した。(後にスーパー・ストロング・マシンも同様のラリアットを「追っかけラリアット」として使用している)。
この他、通常のラリアットも得意としており、ジャイアント馬場スタン・ハンセンからフォールを奪っている(通常のラリアットも「魚雷ラリアット」と呼ぶこともある)。
DDT
この技でジャンボ鶴田から三冠王座を奪取したこともある秘密兵器。
サソリ固め
ドロップキック
巨体ながらもハンセン、ブロディ同様に隠れた名手。
片足を掴んでの浴びせ倒し
相手の片足を抱え込んで、そのまま体重を浴びせながら押し倒し、フォールする強引な荒技。キックを仕掛けてきた川田利明からこれで勝利を奪った試合では、若林健治アナウンサーは「こんなの技じゃない!」と驚きながら実況していた。
STF
晩年に得意とし、フィニッシュ・ホールドにも使用していた。これもルー・テーズ直伝。
フィッシャーマンズ・スープレックス
柔軟性もあり好んでこの技を使用した。

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
NWAミッドアメリカ
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション / ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
  • ミッドサウス・タッグ王座:2回(w / マイケル・ヘイズ×1、バディ・ロバーツ×1)
  • ミッドサウス・ルイジアナ・ヘビー級王座:1回
  • ミッドサウス・ミシシッピ・ヘビー級王座:1回
  • UWF世界ヘビー級王座:1回
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / マイケル・ヘイズ)
  • NWAナショナル・タッグ王座:4回(w / マイケル・ヘイズ×3、ジミー・スヌーカ×1)
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカン・タッグ王座:1回(w / マイケル・ヘイズ)
  • NWAブラスナックル王座(テキサス版):1回
  • NWA世界6人タッグ王座(テキサス版):5回(w / マイケル・ヘイズ&バディ・ロバーツ)
  • WCWA世界6人タッグ王座:1回(w / バディ・ロバーツ&アイスマン・パーソンズ
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
グローバル・レスリング・フェデレーション
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・エンターテインメント
  • WWE殿堂:2016年度(w / マイケル・ヘイズ、バディ・ロバーツ、ジミー・ガービン)[12]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊プロレス誌上では、表記名を「テリー・ゴーディ」としていたが、当時編集長の山本隆司を始めとするスタッフ達は発音の際、皆「テリー・ゴディ」と呼んでいた。実際には「ゴーディ」の方が原音に近い表記である。
  2. ^ The GWE matches fought by Terry Gordy in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年4月24日閲覧。
  3. ^ a b c Fabulous Freebirds”. Online World of Wrestling. 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ The GCW matches fought by Terry Gordy in 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ Mid-South Louisiana Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月26日閲覧。
  6. ^ NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月26日閲覧。
  7. ^ GCW at Omni Coliseum in Atlanta”. Cagematch.net. 2015年11月26日閲覧。
  8. ^ The WWE matches fought by Terry Gordy in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年11月26日閲覧。
  9. ^ UWF World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月26日閲覧。
  10. ^ The WCW matches fought by Terry Gordy in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年11月26日閲覧。
  11. ^ The WWE matches fought by Terry Gordy in 1996”. Wrestlingdata.com. 2015年11月26日閲覧。
  12. ^ a b The Fabulous Freebirds to be inducted into the WWE Hall of Fame’s Class of 2016”. WWE.com. 2016年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]