デビッド・フォン・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・フォン・エリック
プロフィール
リングネーム デビッド・フォン・エリック
本名 David Allen Adkisson
ニックネーム Yellow Rose of Texas
鉄の爪2世
身長 201cm
体重 118kg
誕生日 1958年7月22日
死亡日 (1984-02-10) 1984年2月10日(満25歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 テキサス州ダラス
トレーナー フリッツ・フォン・エリック
デビュー 1977年
テンプレートを表示

デビッド・フォン・エリックDavid Von Erich、本名:David Allen Adkisson1958年7月22日 - 1984年2月10日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州ダラス出身。

「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの息子(三男。レスラーのフォン・エリック兄弟としては次男)。兄弟の中では一番の長身であり、次期NWA世界ヘビー級王者の有力候補とされていた[1]

来歴[編集]

ハイスクールではバスケットボールのスタープレイヤーであり、アメリカンフットボールの選手でもあった。ノーステキサス大学に進学するも、レスラーになるために退学し、1977年にデビュー。1979年5月、全日本プロレスに初来日。1981年5月の再来日では、5月23日に後楽園ホールにて兄ケビンと組んでグレート小鹿&大熊元司極道コンビからアジアタッグ王座を奪取したが、6月11日に同所で石川隆士&佐藤昭雄に敗れ短命王者に終わった[2]

次期NWA世界ヘビー級王者の最有力候補とされ、ハーリー・レイスリック・フレアーに何度となく挑戦。1981年12月26日にはフロリダにて元NWA世界王者のジャック・ブリスコから南部ヘビー級王座を奪取[3]1983年9月16日にはセントルイスキール・オーディトリアムでフレアーを破り、NWA世界王座への登竜門であるミズーリ・ヘビー級王座を獲得した[4]

地元ダラスのWCCW(World Class Championship Wrestling)ではエース格として活躍し、フラッグシップ・タイトルのテキサス・ヘビー級王座には、ブルーザー・ブロディジノ・ヘルナンデスビル・アーウィンジム・ガービンらを下し通算8回に渡って戴冠している[5]

1984年2月9日、3日に奪取したばかりのUNヘビー級王座を携え来日。天龍源一郎の挑戦を受ける予定であったが、翌2月10日に宿泊先の都内ホテルで急死。死因は諸説あるが、急性胃腸炎と公表された[6][7]

2009年4月4日、フォン・エリック・ファミリーとして父や兄弟たちと共にWWE殿堂入り。インダクターは1980年代前半にダラスで抗争を繰り広げたフリーバーズマイケル・ヘイズが務めた。

幻のNWA世界ヘビー級王者[編集]

デビッドは1984年1月に次のNWA世界ヘビー級王者に推挙され、4月にベルトを巻くことが決定していたが、実際に王座を獲得する前に死去した。リック・フレアーは自著『To Be The Man』の中で、デビッドがチャンピオンとなっていれば長期政権を築くことができたであろうと記述している。

同年5月6日、デビッドの弟ケリー・フォン・エリックテキサス・スタジアムでフレアーを破りNWA世界王座を獲得した。これは、存命であればフレアーを破りNWA世界王者となるはずであったデビッドに捧げられたものであると考えられている。ケリーはその18日後、フレアーに王座を明け渡している。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAビッグタイム・レスリング / WCCW
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
全日本プロレス

フォン・エリック・ファミリー[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリッツ・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック・アドキッソン・ジュニア
(幼少期に死去)
 
ケビン・フォン・エリック
 
デビッド・フォン・エリック
 
ケリー・フォン・エリック
 
マイク・フォン・エリック
 
クリス・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロス・フォン・エリック
 
マーシャル・フォン・エリック
 
 
 
レイシー・フォン・エリック

脚注[編集]

  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P28(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ All Asia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月10日閲覧。
  3. ^ NWA Southern Heavyweight Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  4. ^ NWA Missouri Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月29日閲覧。
  5. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月29日閲覧。
  6. ^ Who's who in the Von Erich Family?”. About.com. 2012年8月18日閲覧。
  7. ^ Wrestler Profiles: David Von Erich”. Online World of Wrestling. 2012年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]