ロス・フォン・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロス・フォン・エリック
プロフィール
リングネーム ロス・フォン・エリック
本名 デビッド・マイケル・ロス・アドキッソン
ニックネーム 鉄の爪三世
身長 183cm
体重 95kg
誕生日 (1988-06-01) 1988年6月1日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州グランドプレーリー
所属 プロレスリング・ノア
スポーツ歴 レスリング
ブラジリアン柔術
アメリカンフットボール
円盤投げ
トレーナー 丸藤正道
ハーリー・レイス
ケビン・フォン・エリック
デビュー 2012年4月20日
テンプレートを表示

ロス・フォン・エリックRoss Von Erich、本名:David Michael Ross Adkisson1988年6月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州グランドプレーリー出身。日本のプロレス団体、プロレスリング・ノアに所属。

祖父は往年のレスラーであるフリッツ・フォン・エリック、父は同じくケビン・フォン・エリック、弟は同日デビューしたマーシャル・フォン・エリック、さらに叔父たちもプロレスラーというプロレス名門家の出である(フォン・エリック・ファミリー参照)。

概要[編集]

レスリングブラジリアン柔術アメリカンフットボール円盤投げなどの各種スポーツ格闘技経験を持つ[1]

2011年10月18日から22日にかけてアメリカ・ミズーリ州エルドンにおいて行なわれたWLWとノアの合同レスリングキャンプに弟のマーシャル・フォン・エリックとともに参加。キャンプの監督者にはWLW代表のハーリー・レイスや父ケビン・フォン・エリックのほか、リッキー・スティムボートウィリアム・リーガル、当時のノアGMの仲田龍などがいた。そして兄弟共にトライアウトに合格。父・ケビンの強い勧めもあり、祖父・父・叔父が活躍した日本行きを決意。ノアへの入団が決定した[1]

2012年1月14日、弟のマーシャルとともにノアへ入団。日本でも知名度の高いフリッツ・フォン・エリックの孫ということもあり、兄弟と父がそろっての入団会見が汐留日テレタワー1階大屋根広場にて開かれ、その模様は日本テレビG+が生放送した[2]

その後、ノア合宿所でのトレーニングを経て、2012年4月20日、カンザス州セダンにおけるWLWの興行にて、当時のWLW世界ヘビー級王者ジェイソン・ジョーンズとその前の同王者ブライアン・ブレイカーを相手に、マーシャルとの兄弟コンビによるタッグマッチでデビュー(試合は15分44秒、マーシャルがジョーンズのエビ固めに敗れた)[3]

以降もWLWで試合を積み、6月22日にはミズーリ州スプリングフィールドにて、マーシャルとのコンビでジェフ・ストロングジャック・ギャンブルの "ストロング&レックレス" が保持するWLW世界タッグ王座へ挑戦。14分10秒、ギャンブルの横入り式エビ固めにマーシャルが敗れ、タイトル奪取には至らなかった[4]

1か月後の7月22日、両国国技館での "GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU" にて、マーシャルとのタッグでの日本国内デビュー戦が行われるも[5]シェイン・ヘイスト&マイキー・ニコルスに敗退した[6]

なお、エリック兄弟のデビューは、2005年12月24日のマイバッハ谷口以来[7]、6年4ヶ月ぶりとなるノアにおける新人レスラーのデビューとなった。

得意技[編集]

キャリアが浅いため、まだ得意技・決め技と呼べるものはないが、入団会見で、祖父・父が代名詞として得意としたアイアン・クロー(ブレーン・クロー)をはじめとする各種クロー系の技、およびそのアレンジ技に磨きをかけたい意思を示している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]