ネルソン・フレイジャー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネイソン・フレイジャー・ジュニア
ネイソン・フレイジャー・ジュニアの画像
プロフィール
リングネーム ビッグ・ダディ
ビッグ・ダディ・ブードゥー
ビッグ・ダディV
キングV
ヴィセラ
メイブル
キング・メイブル
ビッグ・ネルソン
ネルソン・ナイト
本名 ネルソン・フレイジャーJr.
ニックネーム 肉弾モンスター
500ポンド・ラブマシーン
ビッグ・ヴィス
身長 206cm
体重 220kg
誕生日 1971年2月14日
死亡日 (2014-02-18) 2014年2月18日(満43歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗テネシー州メンフィス
デビュー 1991年
テンプレートを表示

ネルソン・フレイジャー・ジュニアNelson Frazier, Jr.1971年2月14日 - 2014年2月18日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州メンフィス出身のアフリカ系アメリカ人

WWEではメイブルMabel)、ヴィセラViscera)、ビッグ・ダディVBig Daddy V)、全日本プロレスではビッグ・ダディBig Daddy)、ビッグ・ダディ・ブードゥーBig Daddy Voodoo)などのリングネームで活躍した。

来歴[編集]

1991年ジェリー・ジャレットジェリー・ローラーが主宰していた地元メンフィスのUSWAでデビュー。ネルソン・ナイトNelson Knight)のリングネームを名乗り、ボビー・ナイトことロバート・ホーンとの黒人タッグチームザ・ハーレム・ナイツThe Harlem Knights)で活躍、ジェフ・ジャレット&ビッグ・ボスマンザ・ムーンドッグスなどと抗争を展開した[1]

1993年よりホーンと共にWWF(現・WWE)と契約。ホーンはモー、自身はメイブルと名乗り、ラップ担当のオスカーをマネージャーに加えたヒップホップ系ユニット、メン・オン・ナ・ミッションMen on a Mission / 略称はメイブル、オスカー、モーの3人のイニシャルでもあるMOM)を結成[2]。リング上でラップを踊るベビーフェイス軍団として子供たちの人気を集め、1994年3月29日にはジャックピエールのザ・ケベッカーズを破りWWE世界タッグ王座を獲得した[3]

1995年にモーと共にヒールに転向し、6月25日のキング・オブ・ザ・リング優勝を機にキング・メイブルと改名。8月27日のサマースラムではディーゼルWWF世界ヘビー級王座に挑戦するなどトップ・ヒールとして活躍した[4]

1996年のWWF離脱後はプエルトリコWWCやMCWなどで活動。WWCではカルロス・コロンを下しユニバーサル・ヘビー級王者となるが、アブドーラ・ザ・ブッチャーに敗れて王座から陥落した[5]

1999年にWWFと再契約し、ヴィセラのリングネームでジ・アンダーテイカー率いる暗黒軍団ミニストリー・オブ・ダークネスのメンバーとなる。2000年4月2日にはタズからハードコア王座を奪取するも、リキシ戦での怪我で同月に解雇され、その後はTNAなどを転戦した。

2004年よりWWEに復帰し、同時期に再契約を交わしたギャングレルと共に、9月16日のスマックダウンに登場。当時のWWE王者JBLを攻撃するミニストリー時代の主君、アンダーテイカーを急襲した。しかしこのアングルは長続きせず、ヴィセラはロウに移籍した後ベビーフェイスに転向し、しばらくはミッドカードを中心に戦う。その後、ナイトガウンとパジャマに身を包み、女性を惹きつける「ラブマシーン」ギミックのキャラクターに変身。リング・アナウンサーリリアン・ガルシアとの恋愛ストーリーが組まれる。最初は嫌がっていたリリアンも、最終的にはリング上でキスを交わすほどの仲にまで発展。しかし、ザ・ゴッドファーザーが連れてきたHoにヴィセラが惚れてしまい、恋愛ストーリーは終結を迎えた。

2006年には、バル・ビーナスとタッグを組み、入場テーマもその容姿とはミスマッチな曲に変更。たまたまチャーリー・ハースが、入場シーンでリリアン・ガルシアにぶつかり怪我を負わせてしまったことにより(この事故自体は偶然の産物である)、過去の恋愛関係を引きずっていたヴィセラが抗争相手に抜擢されたが、2人そろってリリアンに振られる形で抗争を終える。

2007年ECWへ移籍し、ヒールターンしてビッグ・ダディVのリングネームで活動。かつてのワンマン・ギャングバンバン・ビガロなど、肥満体の重量級選手は見栄えの悪いボディを隠すためにTシャツなどのコスチュームを身に纏ったまま試合をする場合が多く、メイブルやヴィセラも同様だったが、ビッグ・ダディVはその肥大化した上半身を曝け出し、超巨漢ヒールの迫力を醸成。同年12月16日のアルマゲドンではスマックダウン所属のマーク・ヘンリーと「0.5tタッグ」を組み、CMパンク&ケインに勝利、圧倒的な存在感を見せつけた。

2008年2月17日のノー・ウェイ・アウトでは、レッスルマニアでの世界ヘビー級王座挑戦権をかけたエリミネーション・チェンバー・マッチに出場するなど活躍をするものの、ウェイトダウンのための欠場後、復帰をしないまま同年8月にWWEを解雇された。その後はキングVKing V)をリングネームにインディー団体のNWAに参戦、リトル・グイドーボールズ・マホーニーとユニットを結成した。

2010年全日本プロレスに来日し、ビッグ・ダディ・ブードゥーの名でVOODOO-MURDERSに加入。TARUとのタッグで&浜亮太からアジアタッグ王座を奪取した。ブードゥー・マーダーズ解散後はビッグ・ダディと改称。同じブードゥー・マーダーズのメンバーであったジョー・ドーリングとタッグチームを結成するなどして活動した。

2014年2月18日、心臓発作のため死去(43歳没)[6][7][8]

得意技[編集]

ビッグ・スプラッシュ
ダイビング・ボディ・プレスのこと。
ゲットー・ドロップ
バックフリップと同じ技。
ランニング・エルボー・ドロップ
助走を付けて決めるものを得意とする。
ヴィセラドライバー / SEXドライバー
ネック・ハンギング・ツリーの体勢から、自分の足を開脚して尻餅(シットダウン)を着くように着地し、パワーボムのように相手を落とす。いわゆるボルドー・ボム。
ヴィスアグラ
ラブマシーン・ギミック時代に使用。性行為を連想させるいやらしいモーションと共にうつ伏せの相手に覆いかぶさる。相手にとって凄まじく屈辱的な技。名前はヴィセラのニックネーム「ビッグ・ヴィス」とバイアグラから。
スピニング・ヒールキック
ミニストリー加入時代に多用していた。巨体が故に圧巻の破壊力がある。同じく巨漢であるウマガなどもこれを使用する。

獲得タイトル[編集]

WWE
USWA
  • USWAヘビー級王座 : 1回
WWC
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座 : 1回
全日本プロレス
その他

入場曲[編集]

  • World's Largest Love Machine(ヴィセラ時代に使用)
  • Calling All Cars

逸話[編集]

  • ラブマシーンギミック時にWWEから発売されたTシャツには、"XXXL Lover"(恋する巨漢)、"Size matters!"(デカさは重要!)と書かれていた。

脚注[編集]

  1. ^ The USWA matches fought by Mabel in 1993”. Wrestlingdata.com. 2014年2月22日閲覧。
  2. ^ Tag Team Profiles: Men on a Mission”. Online World of Wrestling. 2010年12月21日閲覧。
  3. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年5月21日閲覧。
  4. ^ WWE Yearly Results 1995”. The History of WWE. 2010年5月21日閲覧。
  5. ^ WWC Universal Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月21日閲覧。
  6. ^ Nelson Frazier passes away”. Wrestling Observer. 2014年2月19日閲覧。
  7. ^ Nelson Frazier Jr., WWE's Mabel, Viscera and Big Daddy V, dies at 43”. Los Angeles Times. 2014年2月19日閲覧。
  8. ^ Nelson Frazier Jr, known as Mabel and Big Daddy V passes away”. SLAM! Sports. 2014年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]