バリー・ブキャナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリー・ブキャナン
バリー・ブキャナンの画像
プロフィール
リングネーム ブル・ブキャナン
ブキャナン
B-2、B2
リーコン
ザ・パニッシャー
サム・マグロー
本名 バリー・ブキャナン
ニックネーム 粉砕隊長
世界一の握力
身長 197cm
体重 140kg
誕生日 1968年1月15日(46歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州エディビル
デビュー 1995年
テンプレートを表示

バリー・ブキャナンBarry Buchanan1968年1月15日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーケンタッキー州エディビル出身。ブル・ブキャナンBull Buchanan)などのリングネームで知られる。

来歴[編集]

1995年、ジョージア州北部のインディー団体NCWでデビュー。その後、ジム・コルネットが主宰するノックスビルのSMWに参戦し、ザ・パニッシャーThe Punisher)のリングネームでコルネットのボディーガード役を務めた。同時期、SMWはWWFと提携関係にあったため、1996年のSMW閉鎖後はWWFとデベロップメント契約を結び、同じくWWFの提携団体だったメンフィスUSWAでキャリアを積んだ。

USWAではリーコンRecon)と名乗り、軍人ギミックの超大型ユニット "トゥルース・コミッション" に加入。インテロゲーターと組んでUSWA世界タッグ王座を3回に渡って奪取した。

1997年6月末より、トゥルース・コミッションとしてWWFに参戦。スナイパーを加えたトリオのユニットとして、リージョン・オブ・ドゥームらと対戦するがブレイクには至らず、ブキャナンはファーム団体OVWで再調整することになった。

2000年3月、ブル・ブキャナンBull Buchanan)の名前でビッグ・ボスマンのパートナーとしてWWFに復帰。ボスマンの看守時代の仲間という設定のもと黒ずくめのSWATスタイルとなり、ボスマンと共にミスター・マクマホンの用心棒を務めた。タッグ戦線にも進出し、APAハーディー・ボーイズとも抗争を行うが、6月に早くも仲間割れを起こしてチームは解散。

翌7月よりスティーブン・リチャーズ率いる自主検閲同盟 "RTC(ライト・トゥ・センサー)" のメンバーとして登場。白シャツにネクタイ、黒いスラックス姿で戦い、WWFタッグ王座を獲得するなどトップ戦線で活躍した。2001年のRTC解散後は再び2軍に降格。その後、2002年末にB2(Bスクウェア)と名前を改めジョン・シナと共に行動するも、短期間で解雇された。

その後TAKAみちのくの誘いで最強外国人軍団 "RO&D" のメンバーになり全日本プロレスで活躍。リコ・コンスタンティノの引退により返上したアジアタッグ王座を再度狙い、2005年9月22日の岐阜大会でディーロ・ブラウンと組んで挑戦した。2006年チャンピオン・カーニバルでは武藤敬司に勝利。しかし、同年9月17日のRO&Dvsブードゥー・マーダーズ "敗者チーム解散マッチ" においてディーロと共にTAKAとケアを裏切りブードゥー・マーダーズに加入。

2007年には、TAKAみちのくがプロレスリング・ノアでRO&Dを再結成し、ノアに主戦場を移した。来日当初は華がないせいか陰に隠れていたが、ブルーザー・ブロディを彷彿させるようなシャウトや、フードを脱ぐと豹変しクレイジーになる二重人格、世界一の握力から放つアイアンボムというギミックを手に入れてから一気にブレイクした。

近年は、ジョージア州のSECW(サザン・エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング)を拠点としたインディー団体に出場。2011年11月にはジョン・シナゆかりの人物としてB2名義でWWERAWにゲスト出演した。TAKAみちのくによれば、2013年1月の時点では長距離ドライバーをしながらプロレスも継続しているとのことである。

得意技[編集]

アイアンクロー
アイアンボム
アイアンクローをかけたまま相手を持ち上げ、チョークスラムのようにマットに叩き付ける技。フィニッシュ・ホールドとして多用。
アイアンバスター
アイアンクローをかけたまま仕掛けるSTO
アイアン大外刈
アイアンクローをかけたまま大外刈をかける技。この技を布石に使い、アイアンボムにいくコンビネーションがある。上記のアイアンバスターと同一とされることが多い。
オールド・スクール
元はジ・アンダーテイカーのオリジナル技で、ブキャナンの場合、手刀以外にネックブリーカーのバリエーション(オールド・スクール・カッター)もある。
シザースキック
前屈みになった相手の後頭部に向かって二段蹴り式の踵落としを放つ技。WWE在籍時および来日当初の決め技。
三角跳びラリアット
一旦セカンドロープに飛び乗り、さらにコーナーのトップロープに駆け上って反転し、ダイビング・ラリアットを放つ。WWE在籍時より用いている定番ムーブ。

入場テーマ曲[編集]

  • Wollt Ihr Das Bettin Flammen Sehen(Rammstein

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
プロレスリング・ノア
WWE
USWA

外部リンク[編集]