ミル・マスカラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミル・マスカラス
ミル・マスカラスの画像
2009年
プロフィール
リングネーム ミル・マスカラス
本名 アーロン・ロドリゲス・アレジャーノ
ニックネーム 千の顔を持つ男
仮面貴族
悪魔仮面
スカイ・ハイ
身長 180cm
体重 105kg(全盛時)
誕生日 (1942-07-15) 1942年7月15日(81歳)[1][2]
出身地 メキシコの旗 メキシコ
サン・ルイス・ポトシ州サン・ルイス・ポトシ
スポーツ歴 レスリング
ボディビル
デビュー 1965年7月
テンプレートを表示

ミル・マスカラスMil Máscaras、本名:Aaron Rodríguez Arellano1942年7月15日[1][2] - )は、メキシコプロレスラーサン・ルイス・ポトシ州サン・ルイス・ポトシ出身。

日本では「千の顔を持つ男」「仮面貴族」などのニックネームを持ち、ジグソーの『スカイ・ハイ』が入場テーマ曲に用いられた。

来歴[編集]

学生時代からレスリングボディビルに打ち込み、レスリングではメキシコ代表として1964年東京オリンピックの候補にもなった[1]。ボディビルでは1962年にミスター・メキシコに輝く[1]空手柔道なども日本から遠征して来た渡辺貞三に習ったとされる[3]1964年4月の仮デビュー後、大キャンペーンを経て、1965年7月16日にEMLL(現:CMLL)の本拠地アレナ・メヒコにてデビュー[1]1966年3月22日、レイ・メンドーサを破りナショナル・ライトヘビー級王座を獲得[4]、タイトル初戴冠を果たした[5]

1968年から1971年にかけてはアメリカNWAロサンゼルス地区(NWAハリウッド・レスリング)を主戦場に活動し、バディ・オースチンザ・シークジョン・トロスらを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座WWA世界ヘビー級王座の実質的な後継タイトル)を通算4回獲得[6]1969年11月21日にはドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座に初挑戦した[7]。同地区では同じメキシカンのブラック・ゴールドマンエル・ゴリアス、さらにはアーニー・ラッドブル・ラモスなどの巨漢ヒールとも抗争を展開しており、ラモスとの抗争は髪と覆面を賭けて闘うカベジェラ・コントラ・マスカラ[8]チェーン・デスマッチにまで発展している[9]。なお、ロサンゼルス時代のマスカラスは絶対的なベビーフェイスであったにもかかわらず、その斬新な覆面のデザインが当時の日本では奇怪とも映ったことから、日本においては "悪魔仮面" などと呼ばれていた[10]

1970年にロサンゼルスを一時離れ、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス東部のNWAビッグタイム・レスリング(後のWCCW)に参戦。同地区のヒール軍団の首領格だったジョニー・バレンタインをはじめ、キラー・カール・コックスボリス・マレンコロード・チャールズ・モンタギューリッパー・シクナキラー・コワルスキーボブ・オートンザ・マミートール・タナカサンダーボルト・パターソンなどと対戦し、タッグではワフー・マクダニエルミスター・レスリングホセ・ロザリオらと組んで活躍した[11][12]

1972年

アメリカでは、ニューヨーク州における「覆面レスラーはマスクを脱いで素顔で出場しなければならない」というアスレチック・コミッションの条例を、1972年12月18日にWWWFMSG定期戦において、素顔のザ・スポイラーとの対戦で解禁[13]。覆面を被ったままマディソン・スクエア・ガーデンに登場した初の人物である[1]。以降、北東部でもファンの支持を獲得し、1973年12月にペドロ・モラレススタン・スタージャックWWWFヘビー級王座を明け渡した後、マスカラスがスタージャックを倒して新王者になるというプランもあった(ビンス・マクマホン・シニアは、家族でニューヨークに移住することまでマスカラスに提案したという)[14]

ヨーロッパにも遠征しており、1974年10月には西ドイツ(当時)のミュンヘン・トーナメントに参加。同年8月に新日本プロレスでデビューしたばかりの吉田光雄ローラン・ボックと対戦した(ボックには敗退。トーナメントの戦績は7勝3敗1分で、優勝のミシェル・ナドール、2位のボック、3位のイワン・ストロゴフに次ぐ第4位)[15]

WWWFおよびWWFには1970年代から1990年代にかけて何度となく単発参戦しており、1978年には当時のWWWF王者スーパースター・ビリー・グラハムに挑戦[16]。同年1月23日のMSG定期戦で行われたタイトルマッチでは、ボブ・バックランドがマスカラスのセコンドを務めている[17]。3月20日の定期戦ではアンドレ・ザ・ジャイアント&ダスティ・ローデスと豪華トリオを組み、ケン・パテラミスター・フジプロフェッサー・タナカ組と6人タッグマッチで対戦[17]。この試合は、当時WWFと提携していた新日本プロレスの放送局であるテレビ朝日の『ワールドプロレスリング』においても中継された[18]。同年4月25日のフィラデルフィアでのTVテーピングではストロング小林とも対戦している(マスカラスはヘイスタック・カルホーン&ラリー・ズビスコ、小林はタンク・パットン&ゴールデン・テラーと組んでの6人タッグマッチ)[19]

AWAのテリトリーでは1979年3月24日にコロラド州コロラドスプリングスにて、ニック・ボックウィンクルが保持していたAWA世界ヘビー級王座に挑戦[20]。活動拠点としていたテキサスでも、1981年8月16日にサンアントニオ1983年7月29日にヒューストンにおいて、ボックウィンクルの同王座に挑戦した[20]

1984年にスタートしたビンス・マクマホン・ジュニアのWWF全米侵攻サーキットにも、アメリカでの主戦場だったテキサスやカリフォルニア中西部地区でのショーを中心に出場[21]サムラ・アノアイマイク・シャープタイガー・チャン・リーアレックス・スミルノフジェリー・バリアントレネ・グレイムーンドッグ・スポットビクター・リベラルー・アルバーノバディ・ローズなどから勝利を収めた[22]。同年6月15日にはセントルイスキール・オーディトリアムにてS・D・ジョーンズをパートナーに、ディック・マードック&アドリアン・アドニスが保持していたWWF世界タッグ王座に挑戦している[21]1987年8月28日にはWWFがヒューストンで開催した、同地区のプロモーターだったポール・ボーシュの引退記念興行において、ティト・サンタナと組んでデモリッションアックス&スマッシュ)と対戦した[23]1997年1月19日には、メキシカン人口の多いサンアントニオで行われたロイヤルランブル第10回大会)にも出場した[24]

俳優としても活動しており、これまで20本以上の映画(ルチャシネマ)に出演している。日本では『愛と宿命のルチャ』がBOX東中野で公開され、TBSの深夜映画枠で『ミル・マスカラスの幻の美女とチャンピオン』が放映されたことがある。2007年には久々に主演作品 "Mil Mascaras Versus The Aztec Mummy" (『ミル・マスカラス対アステカのミイラ』)が製作・公開された[25]

2011年10月16日、メキシコシティのパラシオ・デ・ロス・デポルテスで行われたWWEスマックダウン収録に登場。2012年3月31日にはWWE殿堂に迎えられ[26]、甥のアルベルト・デル・リオが式典のインダクターを務めた[27]

日本での活躍[編集]

1971年2月、日本プロレスの『ダイナミック・ビッグ・シリーズ』に初来日[28]。来日第1戦となる2月19日の後楽園ホール大会において星野勘太郎ダイビング・ボディ・アタックで下し、センセーショナルな日本デビューを飾った[29]。3月2日には蔵前国技館にてスパイロス・アリオンと組み、ジャイアント馬場&アントニオ猪木BI砲が保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦[30]。3月6日の前橋市大会では、猪木との最初で最後のシングルマッチも行われた[31]

1973年10月からは全日本プロレスに参戦して、ジャンボ鶴田ザ・デストロイヤーと好勝負を展開。1977年8月25日に田園コロシアムにて鶴田のUNヘビー級王座に挑戦した試合は、プロレス大賞の年間最高試合賞を受賞した。1970年代後半から1980年代前半にかけては『サマー・アクション・シリーズ』など夏場のシリーズに例年参戦しており、ドス・カラスとの兄弟コンビでの編隊飛行は全日本プロレスの「夏の風物詩」ともいわれた。1979年の来日時は、8月22日に札幌中島スポーツセンターにてアブドーラ・ザ・ブッチャーとのシングルマッチが実現[32]。4日後の8月26日には、日本武道館で行われた『プロレス夢のオールスター戦』に全日本プロレスの一員として出場。鶴田&新日本プロレス藤波辰巳とトリオを組み、マサ斎藤高千穂明久タイガー戸口組と6人タッグマッチで対戦した[33]1980年9月12日の一宮市大会では、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座に挑戦している[34]

1986年6月の全日本プロレス参戦を最後に日本マットへの登場は途絶えていたが、1990年代W★INGWARみちのくプロレスに来日(1993年9月12日にはWARと新日本プロレスの合同興行において、ウルティモ・ドラゴンをパートナーに獣神サンダー・ライガー&エル・サムライと対戦)[35]2000年2月にはバトラーツ2001年1月と2002年7月には全日本プロレスへ久々に参戦し[36]2006年9月には大阪プロレスに登場した[37]。その後も2009年3月の『仮面貴族FIESTA2009〜ミル・マスカラス華麗なるゴールデンタイム伝説〜』に来日、初代タイガーマスクとタッグを組んで藤波&グラン浜田と対戦している[38]2013年4月には、女子プロレス団体のスターダムが開催した『STARDOM MASK FIESTA』に出場した[39]

2016年11月28日、東京愚連隊の後楽園ホール大会に来日。NOSAWA論外を挑戦者に、1975年以来保持しているIWA世界ヘビー級王座の防衛に成功した[40]

2019年2月19日、 全日本プロレスの 両国国技館におけるジャイアント馬場没後20年追善興行に来日。弟のドス・カラスと組んでカズ・ハヤシ&NOSAWA論外と対戦し、コーナー最上段からのダイビング・ボディ・アタックで論外からフォール勝ちを収めた[41]

2021年11月3日、秋の叙勲において日本政府より旭日双光章が授与された[42][43]。授与式はコロナ禍のため延期され、約1年後となる2022年11月18日、CMLLアレナ・メヒコ大会で駐メキシコ大使の福嶌教輝から叙勲伝達が行われた[44][45]

「千の顔を持つ男」[編集]

試合毎にマスクを変えることから "千の顔を持つ男" と呼ばれた。リングネームはスペイン語で「千の仮面(マスク)」という意味である。デビュー当時はキャッチコピーに過ぎなかったが、キャリアを重ねた2023年現在は実際に約1,200枚のマスクを保有しているという[46]。マスクはすべて自身のデザインによるもので、頭頂部にある5本のラインには「五大陸で活躍できるように」との願いが込められている[46]

日本では入場時に、試合用マスクの上から別のマスク(オーバーマスク)を更に被り、試合前にそのオーバーマスクを客席に投げてファンにプレゼントするパフォーマンスが人気を集めた。また、全日本プロレス中継の視聴者プレゼント用にマスクを提供することもあった。別のマスクを被る時は顔を隠しながらアゴのあたりからスルッと(2枚のマスクで頭を包むようにして)被り直す特技もあり、絶対に素顔を晒さなかった。

親族[編集]

父のフロレンティーノはサン・ルイス・ポトシにある銀採掘鉱山企業の役員を務め、母のアンへラは学校の教師だった[47]。男9人女3人の12人兄弟で、マスカラスは4男[47]。兄弟では実弟のエル・シコデリコ(エル・サイコデリコ)とドス・カラスもプロレスラーであり、シコデリコは7男、ドスは9男である[47]

全日本プロレスではドス・カラスとの兄弟タッグ「マスカラス・ブラザーズ」としての来日も多く、1978年8月24日の田園コロシアム大会ではジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦[48]。年末の世界最強タッグ決定リーグ戦には1979年1983年に出場しており、1979年大会ではザ・ファンクスアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク[49]1983年大会ではスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディタイガー・ジェット・シン&上田馬之助などのチームと対戦した[50]

甥のドス・カラス・ジュニアシコデリコ・ジュニア(サイコデリコ・ジュニア)は共にプロレスラーとなっており、ドス・カラス・ジュニアは総合格闘技を経て、アルベルト・デル・リオのリングネームでWWEにて活躍した。

得意技[編集]

カネックにレッグロックを仕掛けるミル・マスカラス

獲得タイトル[編集]

WWE殿堂入り式典(2012年)
EMLL
  • ナショナル・ライトヘビー級王座 : 2回[5]
NWAハリウッド・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング / WCCW
インターナショナル・レスリング・アソシエーション
Alianza Latinoamericana de Lucha Libre
全日本プロレス
ワールド・レスリング・アソシエーション
  • WWA世界ヘビー級王座 : 1回
ナショナル・レスリング・アライアンス
ワールド・レスリング・エンターテインメント

入場テーマ曲[編集]

全日本プロレスで使用されたのは、映画主題歌としての「メインタイトル」バージョンである。他団体参戦時には、アップテンポなシングルカット版も使われた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P25(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b Mil Mascaras: Profile & Match Listing”. The Internet Wrestling Database. 2022年12月28日閲覧。
  3. ^ 日本人全レスラー名鑑 渡辺貞三”. 昭和プロレス研究室. 2022年11月22日閲覧。
  4. ^ National Light Heavyweight Title [Mexico]”. Wrestling-Titles.com. 2023年10月4日閲覧。
  5. ^ a b Mil Máscaras: Titles”. Wrestlingdata.com. 2023年10月4日閲覧。
  6. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1969”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  8. ^ "Apache" Bull Ramos still battling”. Slam Wrestling (2004年10月13日). 2009年9月22日閲覧。
  9. ^ 『別冊ゴング 1978年5月号』 P134-137 / ミル・マスカラス思い出の名勝負 海外編3(1978年、日本スポーツ出版社)
  10. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』 P66-67 / ミル・マスカラスが「悪魔仮面」と呼ばれた時代(2010年、辰巳出版ISBN 4777808661
  11. ^ The WCCW matches fought by Mil Máscaras in 1970”. Wrestlingdata.com. 2013年7月9日閲覧。
  12. ^ The WCCW matches fought by Mil Máscaras in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年11月25日閲覧。
  13. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2010年1月31日閲覧。
  14. ^ 『Gスピリッツ Vol.47』P85(2018年、辰巳出版、ISBN 4777820556
  15. ^ 『Gスピリッツ Vol.23』 P76-77(2012年、辰巳出版、ISBN 4777810054
  16. ^ The WWE matches fought by Mil Máscaras in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年11月25日閲覧。
  17. ^ a b WWE Yearly Results 1978”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  18. ^ 『Gスピリッツ Vol.42』 P62(2016年、辰巳出版、ISBN 4777818128
  19. ^ WWWF TV-Taping at Philadelphia”. Wrestlingdata.com. 2019年4月1日閲覧。
  20. ^ a b Mil Máscaras vs. Nick Bockwinkel”. Wrestlingdata.com. 2023年11月30日閲覧。
  21. ^ a b WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  22. ^ The WWE matches fought by Mil Máscaras in 1984”. Wrestlingdata.com. 2019年4月1日閲覧。
  23. ^ WWF Paul Boesch Retirement Show”. Cagematch.net. 2019年7月3日閲覧。
  24. ^ WWE Yearly Results 1997”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  25. ^ Mil Mascaras Versus The Aztec Mummy”. Mmvsam.com. 2011年1月22日閲覧。
  26. ^ a b Mil Máscaras: Bio”. WWE.com. 2023年10月4日閲覧。
  27. ^ Mil Mascaras discusses his induction into the WWE Hall of Fame: WWE.com Exclusive”. WWE.com (2012年4月2日). 2023年10月4日閲覧。
  28. ^ 『Gスピリッツ Vol.42』P72(2016年、辰巳出版、ISBN 9784777818129
  29. ^ 『Gスピリッツ Vol.32』P94(2014年、辰巳出版、ISBN 4777813304
  30. ^ JWA 1971 Dynamic Big Series”. Puroresu.com. 2018年2月16日閲覧。
  31. ^ 『Gスピリッツ Vol.33』P98(2014年、辰巳出版、ISBN 477781372X
  32. ^ AJPW 1979 Black Power Series”. Puroresu.com. 2019年3月14日閲覧。
  33. ^ All Star Dream Card”. Cagematch.net. 2023年6月30日閲覧。
  34. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1980”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  35. ^ The NJPW matches fought by Mil Máscaras in 1993”. Wrestlingdata.com. 2016年12月26日閲覧。
  36. ^ Mil Mascaras: Matches 1993-2004”. Cagematch.net. 2023年10月4日閲覧。
  37. ^ Osaka Pro Osaka Pro Story #34”. Cagematch.net. 2023年10月4日閲覧。
  38. ^ Mask Nobility Fiesta 2009”. Cagematch.net. 2023年10月4日閲覧。
  39. ^ STARDOM MASK FIESTA”. バトル・ニュース. 2016年12月4日閲覧。
  40. ^ 74歳ミル・マスカラスが大飛行で論外圧殺! 41年保持の王座防衛”. デイリースポーツ (2016年11月28日). 2016年12月3日閲覧。
  41. ^ マスカラス兄弟、空中飛行で勝利”. スポーツ報知 (2019年2月19日). 2016年2月22日閲覧。
  42. ^ 秋の叙勲、九州から416人 TOTO元社長の張本氏に旭日重光章”. 西日本新聞社 (2021年11月3日). 2021年11月3日閲覧。
  43. ^ 令和3年秋の叙勲”. 在メキシコ日本国大使館 (2021年11月3日). 2022年11月19日閲覧。
  44. ^ マスカラスさんに旭日双光章の叙勲伝達、プロレス通じ日本とメキシコの懸け橋 - 社会 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ (2022年11月19日). 2022年11月19日閲覧。
  45. ^ ミル・マスカラスさんに叙勲伝達 覆面レスラー、相互理解に貢献:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 (2022年11月19日). 2022年11月19日閲覧。
  46. ^ a b 清水孝輔 (2023年1月19日). “ミル・マスカラスさん「日本は我が家のよう」一問一答”. 日本経済新聞. 2023年1月19日閲覧。
  47. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.59』P24(2021年、辰巳出版、ISBN 4777827437
  48. ^ AJPW Summer Action Series II 1978 - Tag 7”. Cagematch.net. 2022年11月22日閲覧。
  49. ^ AJPW 1979 Real World Tag Team League”. Puroresu.com. 2019年3月14日閲覧。
  50. ^ The AJPW matches fought by Mil Máscaras in 1983”. Wrestlingdata.com. 2019年3月14日閲覧。
  51. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  52. ^ NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  53. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  54. ^ WCWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  55. ^ The IWA matches fought by Mil Máscaras in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年10月1日閲覧。
  56. ^ IWA International/World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]