ルナ・バション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルナ・バション
ルナ・バションの画像
プロフィール
リングネーム ルナ・バション
"ルナティック" ルナ・バション
プリンセス・ルナ
ルナ
エンジェル・ベイビー
本名 ガートルード・エリザベス・バション
ニックネーム Daughter of Darkness
身長 168cm
体重 64kg(全盛時)
誕生日 (1962-01-12) 1962年1月12日
死亡日 (2010-08-27) 2010年8月27日(満48歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
トレーナー ブッチャー・バション
ビビアン・バション
ファビュラス・ムーラ
デビュー 1985年
引退 2007年
テンプレートを表示

ルナ・バションLuna Vachon1962年1月12日 - 2010年8月27日)は、カナダケベック州モントリオール出身の女子プロレスラーマネージャー。本名はガートルード・エリザベス・バションGertrude Elizabeth Vachon)。

父親は元AWA世界タッグ王者のポール "ザ・ブッチャー" バション、伯父は元AWA世界ヘビー級王者でありWWE殿堂者モーリス "マッドドッグ" バション、叔母は元AWA女子王者のビビアン・バションというプロレスリング・ファミリーに育った[1][2]。元夫のデビッド・ヒースもプロレスラーである[3]

来歴[編集]

叔母のビビアンファビュラス・ムーラのトレーニングを受け、1985年にムーラの主宰する女子プロレス団体にてデビュー[4]。同年よりNWAフロリダ地区に入り、ロックことウィノナ・リトルハートと「ドーターズ・オブ・ダークネスThe Daughters of Darkness)」なるタッグチームを結成[4]。髪を半分剃り上げ、毒々しいメーキャップを施した怪奇派のヒールとして頭角を現し、ケビン・サリバン率いるアーミー・オブ・ダークネス[5]に加入、パープル・ヘイズマハ・シンフォーリン・エンジェルらと共闘した[4]

1986年にはジャパン女子プロレスの旗揚げ第2弾シリーズに初来日。このときはロックとともに「女子版ウォリアーズ」と謳われ、父のポール・バションマネージャーとして来日している[6][7]。その後、カナダカルガリースタンピード・レスリングプエルトリコWWCなどを転戦し、デビッド・ヒースとトム・ナッシュの覆面タッグチーム、ブラックハーツのマネージャーを担当した[8]

1993年WWFに初参戦。センセーショナル・シェリーと仲間割れしたショーン・マイケルズセコンドとしてレッスルマニア9に登場し、以降シェリーと抗争を展開。シェリーの離脱後は1993年下期よりバンバン・ビガロ[9]1994年からはブル中野のマネージャーとなり、ブルと共に当時のWWF女子王者アランドラ・ブレイズと抗争した[10]

WWFを離れてからはUSWAECWに登場[4]。ECWではスティービー・リチャーズからスチール・ケージ・マッチで勝利を収めている[4]。バンパイア・ウォリアーことデビッド・ヒースのマネージャーも務め、1997年はヒースがバリー・ヒューストンを新パートナーに再結成したブラックハーツに同伴してIWAジャパンに来日。初代王者に認定されていたAWF女子王座の防衛戦も行われたが、元川恵美に破れ、タイトルを失った[11]。1997年にはWCWにも単発出場している[2]

1997年の末にWWFと再契約。より変態的なキャラクターの "The Artist Formerly Known As Goldust" に変身したゴールダストの新マネージャーを担当し、マーク・メロ&セイブルと抗争を展開[12]1998年レッスルマニア14では両チームによるミックスド・タッグマッチが行われた。その後はクルガンゴルガジャイアント・シルバらの怪物軍団「ヒューマン・オディティーズThe Human Oddities)」の一員となり、1998年下期からは彼らと共にベビーフェイスにも転向した。オディティーズ解散後の1999年はアイボリー(リサ・モレッティ)やジャクリーンを相手に女子王座戦線で活動したが、2000年初頭にバックステージでのトラブルがもとでWWFを解雇された[4]。なお、同時期WWFにはデビッド・ヒースがギャングレルのリングネームで在籍していたが、ルナとの共闘は実現しなかった[4]

以後、2000年代はレスラー兼マネージャーとして各地のインディー団体を転戦。オーストラリアワールド・レスリング・オールスターズイギリスオールスター・レスリングなど、海外にも遠征した[13][14]

2004年、元プロレスラーのニキタ・コロフにより洗礼を受け新生キリスト教徒となる[15]2006年にデビッド・ヒースと離婚し[16]、翌2007年にプロレスリング・ビジネスから引退、フロリダ州ポートリッチーにてレッカー車のオペレーターに転じた[1][2][15]

2010年8月27日、フロリダにある母親の自宅にて死去[1][17]。48歳没。死因は鎮痛剤として用いていたオキシコドンの過剰摂取ともされている[18]

獲得タイトル[編集]

  • USWA女子王座:1回 [19]
  • AWF女子王座:1回[11]
  • LMLW女子王座:1回
  • GLCWレディース王座:1回
  • SWFレディース王座:1回
  • WWOW TV王座:1回
  • POWWタッグ王座:2回(w / ホット・ロッド・アンディー)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Ex-WWE star Luna Vachon dies at 48”. Fox Sports: August 28, 2010. 2010年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c A visit to Luna's Little Land of Lunacy”. SLAM! Wrestling: August 7, 2008. 2010年9月4日閲覧。
  3. ^ Conversations with Gangrel”. AdultFYI.com: November 15, 2007. 2007年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Canadian Hall of Fame: Luna Vachon”. SLAM! Wrestling. 2010年9月4日閲覧。
  5. ^ Wrestling Gallery: The Army of Darkness”. Online World of Wrestling. 2010年9月4日閲覧。
  6. ^ 追悼 "エンジェル" ルナ・バションの思い出!”. Invitation to W★ing. 2012年11月25日閲覧。
  7. ^ “アルタ前といえば「いいとも」より「女暴走戦士」?”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/197590/ 2013年10月27日閲覧。 
  8. ^ Tag Team Profile: The Blackhearts”. Online World of Wrestling. 2010年9月4日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1993”. The History of WWE. 2010年9月4日閲覧。
  10. ^ WWE Yearly Results 1994”. The History of WWE. 2010年9月4日閲覧。
  11. ^ a b American Wrestling Federation World Women's Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年6月11日閲覧。
  12. ^ WWE Yearly Results 1998”. The History of WWE. 2010年9月4日閲覧。
  13. ^ Matches of Luna Vachon 2001”. Genickbruch.com. 2010年9月4日閲覧。
  14. ^ Matches of Luna Vachon 2006”. Genickbruch.com. 2010年9月4日閲覧。
  15. ^ a b Catching up with Luna Vachon”. WWE.com: March 14, 2007. 2010年9月4日閲覧。
  16. ^ Conversations with Gangrel”. AdultFYI.com: November 15, 2007. 2007年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月4日閲覧。
  17. ^ Luna Vachon passes away”. WWE.com: August 27, 2010. 2010年9月4日閲覧。
  18. ^ WWE Star Luna Vachon Dies: Oxycontin Overdose?”. Opposing Views. 2010年9月4日閲覧。
  19. ^ USWA Women's Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]