ニキタ・コロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニキタ・コロフ
ニキタ・コロフの画像
プロフィール
リングネーム ニキタ・コロフ
本名 ネルソン・スコット・シンプソン
ニックネーム ロシアの悪夢
ロシアの鬼人
身長 193cm[1]
体重 135kg(全盛時)[1]
誕生日 (1959-03-09) 1959年3月9日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州
ヘネピン郡ミネアポリス
スポーツ歴 アメリカンフットボール
ウエイトリフティング
トレーナー イワン・コロフ
ドン・カヌードル
エディ・シャーキー英語版
デビュー 1984年
引退 1993年
テンプレートを表示

ニキタ・コロフ"The Russian Nightmare" Nikita Koloff、本名:Nelson Scott Simpson1959年3月9日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身(ギミック上の出身地はロシア共和国モスクワ)。

1980年代後半を全盛期に、ロシア人ギミックの大型ラフ&パワーファイターとしてNWAミッドアトランティック地区(ジム・クロケット・プロモーションズ)を主戦場に活動[2]。当初はヒール、後にベビーフェイスとなって活躍した[2]

来歴[編集]

学生時代はアメリカンフットボールで活躍しUSFLのトライアウトを受けるが、同郷の友人ロード・ウォリアー・アニマルに誘われてプロレス入り[3]NWAジョージア地区を経て、1984年イワン・コロフの「」のニキタ・コロフNikita Koloff)としてNWAミッドアトランティック地区のジム・クロケット・プロモーションズに登場。イワンのタッグパートナーとなり、筋骨隆々の肉体を誇る大型ヒールとして台頭する。

1985年からはクラッシャー・クルスチェフをメンバーに加えたロシア人ユニット、ザ・ラシアンズThe Russians)の中核となって活躍[4]ロード・ウォリアーズロックンロール・エクスプレスNWA世界タッグ王座を争い[5]、シングルでは同年7月6日のグレート・アメリカン・バッシュ第1回大会)において、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[6]

1986年1月にはクルスチェフと共に全日本プロレスに初来日(10月にも再来日)[7][8]ジャンボ鶴田&天龍源一郎鶴龍コンビや、ジャパンプロレス長州力&アニマル浜口とも対戦した[9]。同年はシングル・プレイヤーとしての活動に比重を置き、マグナムTAとの抗争ではNWA USヘビー級王座を巡る7番勝負を展開[10]。9月28日には、ジョージア地区のタイトルだったNWAナショナル・ヘビー級王座をワフー・マクダニエルから奪取している[11]

ファン投票で1986年度の "Most Hated Wrestler" に選ばれた[12]ほどの大ヒールだったが、やがて悪党人気がファンの支持に変わり、交通事故で引退したマグナムTAに代わるダスティ・ローデスの新パートナーに起用され、1986年10月24日よりベビーフェイスに転向。1987年4月11日にはローデスと組んでタッグチーム・トーナメント "Crockett Cup" に出場、決勝でフォー・ホースメンタリー・ブランチャード&レックス・ルガーを破り、優勝を飾った[13][14]

ローデスとのコンビはスーパーパワーズThe Superpowers)と呼ばれ、旧敵ウォリアーズとも共闘してフレアー率いるフォー・ホースメンと軍団抗争を展開、フレアーのNWA世界ヘビー級王座にも再三挑戦した。1987年8月17日にはブランチャードからNWA世界TV王座を奪取[15]、11月26日のスターケードでは提携団体UWF(ビル・ワット主宰。当時すでにクロケット・プロに吸収合併されていた)のTV王者テリー・テイラーを下し、両団体のTVタイトルを統一した[16]。その間の10月には全日本プロレスへの3度目の来日が実現、ジョン・テンタザ・グレート・カブキと対戦し、テリー・ゴディともタッグを組んだ[17]

1988年マイク・ロトンドバリー・ウインダムと抗争し、フェイスターンを果たしたイワンとのコンビを再結成するなどしたが、妻がホジキンリンパ腫を患ったために同年11月に戦線を離脱[18]。同時期、ジム・クロケット・プロモーションズはテッド・ターナーに買収されWCWが発足したが、妻の死後はWCWに参加せず、1989年から1990年までは地元ミネアポリスのAWAに出場、ラリー・ズビスコが保持していたAWA世界ヘビー級王座にも挑戦した[19]

1991年2月、ヒールとしてWCWに復帰し、スティングとの連戦を開始。7月14日のグレート・アメリカン・バッシュでは十八番のロシアン・チェーン・マッチでスティングから勝利を収めている[20][21]1992年からはベビーフェイスに戻り、リッキー・スティムボートとのタッグチームなどで活動。リック・ルードベイダーとも抗争した[22]

ベイダーとの抗争で首を負傷したこともあり、1993年より新生キリスト教徒となって現役を引退、以降は宣教師としての活動を続けている[23]。選手時代はハルク・ホーガンのライバル候補としてWWFとの契約が何度となく噂されたものの、WWF参戦は一度も実現しなかった。

引退後は長らくプロレス業界から離れていたが、2003年1月15日に覆面レスラーミスター・レスリング4号Mr. Wrestling IV)を名乗ってTNAに登場。かつての盟友ダスティ・ローデスを急襲し、覆面を脱いでその正体を明かした。その後はフェイスターンしてローデスを援護、スーパーパワーズ再結成をほのめかすも、選手としてリングに復帰することはなかった[2]

2008年には、かつての主戦場ジム・クロケット・プロモーションズの団体と同名称のインディー団体MACW(ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング)に出場。3月15日の興行ではバフ・バグウェルの試合に介入、5月16日にはボビー・イートンと対戦するリック・スタイナーセコンドを務めた[2]。同年は、NWA殿堂にも迎えられている[24]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
  • UWF世界TV王座:1回[16]
ナショナル・レスリング・アライアンス

脚注[編集]

  1. ^ a b 来日全外国人レスラー名鑑 ニキタ・コロフ”. 昭和プロレス研究室. 2022年5月7日閲覧。
  2. ^ a b c d Nikita Koloff”. Online World of Wrestling. 2009年12月2日閲覧。
  3. ^ Nikita Koloff Biography Page 1”. Nikita Koloff.com. 2009年12月2日閲覧。
  4. ^ Russians”. Online World of Wrestling. 2015年12月22日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  6. ^ NWA The Great American Bash 1985”. Cagematch.net. 2015年3月19日閲覧。
  7. ^ AJPW 1986 New Year Wars”. Puroresu.com. 2015年10月19日閲覧。
  8. ^ AJPW 1986 Giant Series”. Puroresu.com. 2015年10月19日閲覧。
  9. ^ The AJPW matches fought by Nikita Koloff in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年12月22日閲覧。
  10. ^ a b NWA United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  11. ^ a b NWA National Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  12. ^ Nikita Koloff Biography Page 2”. Nikita Koloff.com. 2009年12月2日閲覧。
  13. ^ 2nd Annual Jim Crockett, Sr. Memorial Tag Team Tournament Cup”. ProWrestling History. 2012年2月12日閲覧。
  14. ^ NWA Jim Crockett Sr. Memorial Cup 1987 - Tag 2”. Cagematch.net. 2015年12月22日閲覧。
  15. ^ a b NWA World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  16. ^ a b UWF World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  17. ^ The AJPW matches fought by Nikita Koloff in 1987”. Wrestlingdata.com. 2015年12月22日閲覧。
  18. ^ The WCW matches fought by Nikita Koloff in 1988”. Wrestlingdata.com. 2022年5月7日閲覧。
  19. ^ The AWA matches fought by Nikita Koloff in 1990”. Wrestlingdata.com. 2022年5月7日閲覧。
  20. ^ WCW The Great American Bash 1991”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月19日閲覧。
  21. ^ WCW The Great American Bash 1991”. Cagematch.net. 2015年12月22日閲覧。
  22. ^ The WCW matches fought by Nikita Koloff in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年3月19日閲覧。
  23. ^ Nikita Koloff Biography Page 3”. Nikita Koloff.com. 2009年12月2日閲覧。
  24. ^ a b NWA Hall of Fame”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月24日閲覧。
  25. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]