河津落とし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河津落とし(かわづおとし)または河津掛け落とし(かわづかけおとし)は、プロレス技の一種である。英語圏ではロシアン(ラシアン)・レッグ・スウィープRussian Leg Sweep)、ロシアン(ラシアン)・スウィープRussian Sweep)とも呼ばれる(ロシア人ギミックニキタ・コロフも得意技としていた)。

概要[編集]

相手の首の後ろに肩を組むような感じで自身の右腕を回し、相手の左腕を左手で掴み、相手の左足に正面から右足を引っ掛けて、相手もろとも後ろに倒れ込み、相手の後頭部や背中を叩きつける。

相撲の決まり手の1つである河津掛けジャイアント馬場がプロレス用の攻撃技として発展させた技で馬場の得意技の1つとして認知されている。河津落としの原型は大相撲出身レスラーの力道山ルー・テーズバックドロップを仕掛けられたところを河津掛けの要領で返したものがある。

馬場は弟子である小橋建太が河津落としを使用した際にテレビ解説で「かけるのは自分より背の低い相手じゃないと、相手の頭を抱えている自分の腕がクッション代わりになってしまい威力が半減する」と説明していた。

派生技[編集]

ミリオンダラー・バスター[編集]

テッド・デビアスのオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手の左足に右足を引っ掛けて、相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の後頭部を打ちつける。

ストローク[編集]

ジェフ・ジャレットのオリジナル技。河津落としの体勢から相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の顔面を叩きつける。

ブレイクダウン[編集]

クリス・ジェリコのオリジナル技。相手をフルネルソンに捕らえて相手の右足の内側に自身の左足を正面から引っ掛けて、前後に軽く反動をつけて相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の顔面を叩きつける。

フラットライナー[編集]

クリス・キャニオンのオリジナル技。向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の体を引き寄せて相手の左肩の上に右腕を回し、相手の右足の脹脛のあたりに自身の左足を引っ掛けて、背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸を痛打させる。

ペイダート[編集]

シェルトン・ベンジャミンのオリジナル技。向かい合った相手に助走して近づいて相手の左首筋に右腕を回し、相手の首を抱え込み、相手の右肩に左手を添えながらジャンプして背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸を叩きつける。

シェルショック[編集]

アレックス・シェリーのオリジナル技。向かい合った相手の右肩の上に左腕を引っ掛けて、自身の右膝を軽く折り曲げて相手の体を後ろに仰け反らせて相手の背中を立てた左腿の上に接触させた自身の上半身を右方向へと軽く捻りながら自身の上半身を左方向へと振りつつ背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面を痛打させる。

ジグザグ[編集]

ドルフ・ジグラーのオリジナル技。相手の背後に回り込んでジャンプして相手の首の後ろに右腕を左肩の上に左腕を、それぞれ回し、背中から落下する勢いで相手の体を後ろにひっくり返して相手の後頭部を打ちつける。

関連項目[編集]