バリー・ダーソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バリー・ダーソウ
バリー・ダーソウの画像
デモリッション・スマッシュ(2008年)
プロフィール
リングネーム デモリッション・スマッシュ
リポマン
クラッシャー・クルスチェフ
クラッシャー・ダーソウ
ブラックトップ・ブリー
スーパー・デストロイヤー21号
本名 バリー・アレン・ダーソウ
身長 193cm
体重 135kg(全盛時)
誕生日 (1959-10-06) 1959年10月6日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州ミネアポリス
トレーナー エディ・シャーキー
テンプレートを表示

バリー・ダーソウBarry Allen Darsow1959年10月6日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身。

クラッシャー・クルスチェフKrusher Khruschev)、デモリッション・スマッシュDemolition Smash)、リポマンRepo Man)など、様々なキャラクターで活躍した。

来歴[編集]

地元ミネアポリスでエディ・シャーキーのトレーニングを受けた後、スチュ・ハートが主宰するカナダカルガリースタンピード・レスリングにてハワイ行きを打診され、1980年代初頭にハワイでデビュー[1]。以後、ニュージーランドジョージアなどを転戦し、1983年下期よりクラッシャー・ダーソウリングネームビル・ワットのMSWAに登場[2]。その後、ロシア人ギミッククラッシャー・クルスチェフ(ロシア語の読みではフルシチョフ)に変身し、ニコライ・ボルコフのパートナーとなって頭角を現す。NWAフロリダ地区では1984年10月3日、ジム・ナイドハートと組んで同地区認定のUSタッグ王座を獲得した[3]

1985年よりジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区に参戦し、イワン・コロフ&ニキタ・コロフとのロシア人ユニット「ザ・ラシアンズ」の一員となって活躍。ニキタ・コロフと組んでのロード・ウォリアーズとの抗争は、同地区のドル箱カードとなった[1]。同年11月28日にはトーナメントの決勝でサム・ヒューストンを破り、前王者バズ・タイラーの離脱で空位となっていたNWAミッドアトランティック・ヘビー級王座を獲得している[4]

1986年は1月と10月にニキタ・コロフとのザ・ラシアンズとして全日本プロレスに2回来日[5][6]ジャンボ鶴田&天龍源一郎鶴龍コンビや、ジャパンプロレス長州力&アニマル浜口とも対戦した[7]。同年9月28日、新設されたミッドアトランティック版USタッグ王座の争奪トーナメントにイワン・コロフと組んで出場[8]。準決勝でダスティ・ローデス&マグナムTA、決勝でボビー・ジャガーズ&ダッチ・マンテルのカンザス・ジェイホークスを破り、初代王者チームとなった[9]

1987年WWFに移籍。ロシア人ギミックを捨てて顔面にペイントを施し、デモリッション・スマッシュと改名。デモリッション・アックスとのタッグチームデモリッション」の一員となり、WWF世界タッグ王座を3回に渡って獲得する[10]。アックスの離脱後はデモリッション・クラッシュをパートナーに、チーム・リーダーとなって活躍した。1991年には、当時のWWFの日本での提携先だったSWSに来日している[11]

デモリッション解散後の1991年下期からは、新ギミックのリポマンに変身(リポマンとは "Repossession Man" の略で、借金を払わない債務者から自動車を盗む集団の俗称)。黒いアイマスクで顔を隠し、入場時も周囲の人目を気にしながらリングイン。凶器も車の牽引ロープやホイールキャップを用いるなど徹底したキャラクター設定のもと、卑劣かつコミカルな中堅ヒールとして悪党人気を集めた。ダーソウ自身も、リポマンのキャラクターを演じることを楽しんでいたという[1]

1994年にはWCWに登場。ブラックトップ・ブリーBlacktop Bully)のリングネームで主に前座要員として試合を行うが1995年に解雇される。その後は地元ミネソタ州のプロレスリング・アメリカやシカゴのAWFなどインディー団体を転戦。本名のバリー・ダーソウとして、ゴルファーのギミックでWCWにも単発出場した。

2000年9月には日本のインディー「世界のプロレス」に来日。NWAジャパン・ワールド・タッグリーグにおいてビル・アーウィンのパートナーを務め、ビルの兄スコット・アーウィンのギミック「スーパー・デストロイヤー」にあやかり、覆面を被ってスーパー・デストロイヤー21号を演じた。リポマンの名義でも試合を行ったが、コスチュームはブラックトップ・ブリー時代のものだった。

2001年4月1日、レッスルマニアX-Sevenのギミック・バトルロイヤルでリポマンとして久々にWWEに登場[12]2007年12月10日のRAW15周年大会でのオールドタイマーによるバトルロイヤルにも参加した[13]。その後もインディー団体へのスポット参戦を続け、2008年2月29日にはチカラで行われた6人タッグマッチのトーナメントに、アックス&ワンマン・ギャングとの "Team WWF" として出場している[14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ミッドサウスTV王座:1回(初代王者)[15]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAミッドアトランティック・ヘビー級王座:1回[4]
  • NWA USタッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / イワン・コロフ[9]
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):2回(w / イワン&ニキタ・コロフ[16] ※3者でタイトルを共有
  • NWA世界6人タッグ王座(ミッドアトランティック版):2回(w / イワン&ニキタ・コロフ)[17]
ワールド・レスリング・フェデレーション
インディー
  • GLCWタッグ王座:1回(w / デモリッション・アックス)
  • USXWタッグ王座:1回(w / デモリッション・アックス)
  • IAWタッグ王座:1回(w / ポール・ローマ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Barry Darsow: Happy to be done wrestling Reflecting on a long list of characters”. SLAM! Sports (April 5, 2001). 2010年2月3日閲覧。
  2. ^ The UWF matches fought by Barry Darsow in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年12月22日閲覧。
  3. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  4. ^ a b NWA Mid-Atlantic Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月23日閲覧。
  5. ^ AJPW 1986 New Year Wars”. Puroresu.com. 2015年12月22日閲覧。
  6. ^ AJPW 1986 Giant Series”. Puroresu.com. 2015年12月22日閲覧。
  7. ^ The AJPW matches fought by Barry Darsow in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年12月22日閲覧。
  8. ^ MACW 1986/09/28”. Cagematch.net. 2016年4月23日閲覧。
  9. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月15日閲覧。
  10. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  11. ^ The SWS matches fought by Barry Darsow in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年12月22日閲覧。
  12. ^ WWF WrestleMania X-7”. Cagematch.net. 2015年12月22日閲覧。
  13. ^ WWE Monday Night RAW #759 - 15th Anniversary”. Cagematch.net. 2015年12月22日閲覧。
  14. ^ CHIKARA King Of Trios 2008 - Tag 2”. Cagematch.net. 2015年12月22日閲覧。
  15. ^ Mid-South Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月2日閲覧。
  16. ^ NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月6日閲覧。
  17. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title History [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]