ザ・ラシアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ラシアンズThe Russians)は、1980年代アメリカ合衆国で活躍したプロレスラータッグチーム・ユニット。NWAジム・クロケット・プロモーションズにおいて、ロード・ウォリアーズロックンロール・エクスプレスNWA世界タッグ王座を争った。冷戦を意識してロシア人を名乗り、反米ヒール軍団として米ソ対立を煽っていたが、彼らがロシア(旧ソビエト連邦)出身であることはギミックである。

メンバー[編集]

概要[編集]

1984年下期、ジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区において、イワン・コロフニキタ・コロフタッグチームとして結成される。ニキタは同年にデビューした新人であり、イワンの「甥」という設定だった[1]

1985年3月18日、ダスティ・ローデス&マニー・フェルナンデスからNWA世界タッグ王座を奪取[2]クラッシャー・クルスチェフも同年よりメンバーに加わり、以降はトリオのユニットとして活動。ファビュラス・フリーバーズと同様に3者共有でタッグ王座を保持し[3]ロード・ウォリアーズロックンロール・エクスプレスと抗争を繰り広げた。

1986年1月と10月にはニキタとクルスチェフのコンビで全日本プロレスに来日[4][5]。同年9月28日には新設されたミッドアトランティック版USタッグ王座の争奪トーナメントにイワンとクルスチェフのコンビで出場、準決勝でダスティ・ローデス&マグナムTA、決勝でボビー・ジャガーズ&ダッチ・マンテルのカンザス・ジェイホークスを破り、初代王者チームとなった[6][7]

ニキタのベビーフェイス転向後はイワンとクルスチェフのタッグチームで活動していたが、1987年にクルスチェフがWWFに移籍し、デモリッションのスマッシュに変身。以後、イワン・コロフはウラジミール・ペトロフ(アル・ブレイク)を新パートナーに活動を続けたが[8]、冷戦の終結に伴い反米ロシア人ギミックが前時代的になったこともあり、ラシアンズは解散した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nikita Koloff Biography Page 2”. Nikita Koloff.com. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ a b NWA World Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月12日閲覧。
  3. ^ Barry Darsow: Happy to be done wrestling”. SLAM! Wrestling (April. 5, 2001). 2012年2月12日閲覧。
  4. ^ AJPW 1986 New Year Wars”. Puroresu.com. 2016年4月26日閲覧。
  5. ^ AJPW 1986 Giant Series”. Puroresu.com. 2016年4月26日閲覧。
  6. ^ MACW 1986/09/28”. Cagematch.net. 2016年4月26日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月12日閲覧。
  8. ^ Wrestler Profiles: Vladimir Petrov”. Online World of Wrestling. 2012年2月15日閲覧。
  9. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]