ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
Российская Советская
Федеративная Социалистическая
Республика
ロシア臨時政府 1917年 - 1991年 ロシア
ロシア共和国の国旗 ロシア共和国の国章
国旗 国章
国の標語: Пролетарии всех стран, соединяйтесь!
万国の労働者よ、団結せよ!
国歌: 労働者のラ・マルセイエーズ
(1917年 - 1918年)
インターナショナル(1918年 - 1944年)
ソビエト連邦国歌(1944年 - 1991年)
ロシア共和国の位置
公用語 ロシア語
首都 モスクワ
元首等
1917年 - 1917年 レフ・カーメネフ(全ロシア中央執行委員会議長)
1990年 - 1991年 ボリス・エリツィン(最高会議議長/大統領)
面積
17,075,200km²
人口
147,386,000人
変遷
成立 1917年11月7日
ソビエト連邦社会主義共和国 1922年12月30日
独立 1991年12月12日
通貨 ソビエト連邦ルーブル
ロシア語: рубль
時間帯 UTC +2 - +11

ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国(ロシア・ソビエトれんぽうしゃかいしゅぎきょうわこく、: Российская Советская Федеративная Социалистическая Республика、略称:РСФСР)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成国の一つ。ロシア・ソビエト社会主義連邦共和国とも訳される。通称はロシア共和国またはロシア連邦共和国。面積、人口共に連邦構成国内最大であり、実質的にはソビエト連邦の中核を成した。旧暦1917年10月25日(新暦11月7日)の十月革命で成立、1922年白ロシアウクライナおよびザカフカースとともにソビエト連邦を形成。1991年に成立したロシア連邦の前身。

概要[編集]

連邦国家であるため、国(ソビエト連邦)の中の国(ロシア連邦共和国)に国(自治共和国)があるという珍しい国家形態が形成された。1991年のソビエト連邦解体時点では、ロシア本土と合わせ17の共和国(ロシア連邦共和国+16の自治共和国)から構成されていた。

他の連邦構成共和国と異なり、末期の短期間を除き共和国単位の共産党組織を持たず、ソビエト連邦共産党が直接指導にあたった。共和国最高会議は党決定の追認機関であったため、党組織を擁しない共和国が注目されることは少なかった。ペレストロイカにより、自由選挙で選ばれた人民代議員大会から共和国最高会議議員が選出される制度が導入されると、改革派の牙城となり主権宣言などを行う。ソ連8月クーデター失敗後は共和国大統領ボリス・エリツィンがソビエト連邦の政局を主導し、ソ連を解体に追い込んだ。

なお、ソ連邦構成共和国の中で唯一独自の国歌を持たず、ソビエト連邦の国歌を使用していた。

関連項目[編集]