ウドムルト自治ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウドムルト自治ソビエト社会主義共和国
Удмуртская Автономная Советская Социалистическая Республика
ウドムルト自治州 1934年 - 1990年 ウドムルト共和国
ウドムルトASSRの国旗 ウドムルトASSRの国章
(国旗) (国章)
ウドムルトASSRの位置
ウドムルト共和国の位置。現在と変わりはない。
公用語 ロシア語ウドムルト語
首都 イジェフスク
議長
1934年 - 1990年 不明
面積
42 100km²
変遷
設置 1934年12月28日
ウドムルト共和国 1990年10月20日

ウドムルト自治ソビエト社会主義共和国(ロシア語:Удмуртская Автономная Советская Социалистическая Республика、ウドムルト語:Удмурт Автономной Совет Социалист Республика)、ウドムルトASSRソビエト連邦自治共和国。名称はウドムルト人に因んで名づけられた[1][2][3]。1920年11月4日にヴォート自治州として生まれ、1932年にウドムルト自治州に改名、1934年12月に自治共和国に昇格したが[4]、1936年までソビエトロシアのフルメンバーではなかった[3][5]

1937年、ウドムルト政府が作られ、ウドムルトASSRソビエト最高会議が権力を手に入れた。ウドムルト最高会議は1990年の10月20日に独立を宣言し[3]、1991年10月11日ウドムルトASSRはウドムルト共和国に変化し現在まで続いている[1]

歴史[編集]

1917年10月27日、ボルシェビキイジェフスクを占領し、地方政府を設置した。最初の議会は1918年の6月にソビエト・ロシアへの参加を決定した。1919年4月、ウドムルトはアレクサンドル・コルチャークの軍に奪取され、1919年の6月に赤軍はコルチャークを排除し再びウドムルトを占領した。1920年には中央行政委員会とソビエト・ロシアの人民委員会議会がヴォート自治州を設置し、1921年に自治区として最初の地方共産党会議が布告された。1932年ヴォート自治州はウドムルト自治州に改名された[6]

1929年から1940年にかけての五カ年計画の下で、ウドムルトは工業化された。1940年までに文学と専門芸術が育てられ、教育と科学施設が設立された。1937年に第2議会がウドムルト政府を正式に承認した[5]

第2次大戦の間、ウドムルトの労働者は赤軍のための兵器を生産し[5][2]、ウドムルトは1100万挺の小銃カービン銃を生産し、ドイツの工業的生産力を凌駕した[3]。工場はウクライナからウドムルトに疎開させられ、これによってロシア人の人口比率が増加し経済成長が刺激された。

1969年にはウドムルトは域内中に製油所を設立した[2]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b Kommersant - Russia's Daily Online”. Kommersant Publishing House. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ a b c Udmurt (Udmurtia) Republic, Russia overview, economics, nature”. 2011年6月17日閲覧。
  3. ^ a b c d - Udmurt Republic”. 2011年6月17日閲覧。
  4. ^ Russia-InfoCentre :: History of Udmurt Republic (Udmurtia) :: Regions & Cities”. 2011年6月17日閲覧。
  5. ^ a b c Udmurt Autonomous Soviet Socialist Republic”. 2011年6月19日閲覧。 An article from the "Great Soviet Encyclopedia"
  6. ^ Republic of Udmurtia”. Tatarstan.eu. 2011年6月19日閲覧。