カルムイク自治ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルムイク自治ソビエト社会主義共和国
Хальмг Автономи Советск Социалистическ Республик
Калмыцкая Автономная Советская Социалистическая республика
カルムイク自治州 1935年 - 1943年
1958年 -1992年
カルムイク共和国
カルムイクASSRの国旗 カルムイクASSRの国章
(国旗) (国章)
カルムイクASSRの位置
カルムイク自治ソビエト社会主義共和国の位置
公用語 ロシア語カルムイク語
首都 エリスタ
最高議会第一書記
1935年 - 1943年 不明
面積
1987年 76100km²
人口
1987年 329000人
変遷
カルムイクAOから昇格 1935年10月22日
ドイツ軍の侵攻により廃止 1943年
カルムイクAOから昇格 1958年
カルムイク共和国に 1992年3月31日

カルムイク自治ソビエト社会主義共和国 (カルムイクASSR ロシア語: Калмыцкая Автономная Советская Социалистическая республика カルムイク語:Хальмг Автономи Советск Социалистическ Республик)はソビエト・ロシア内の自治共和国。1935年から1943年にかけてと、1958年から1990年にかけての二つの時期に存在した。首都はエリスタ。都市と農村の人口はそれぞれ13万9千人と19万人であった[1]

一回目のカルムイクASSRは1935年10月22日にカルムイク自治州の昇格によって設立された。1943年になるとナチス・ドイツの侵攻によって占領され、消滅した。カルムイク人は多くが中央アジアに移住させられた。ドイツ軍の退却以後はスタブロポリ州スターリングラード州に分けられていた。

1957年1月にカルムイク自治州が再建され、1958年にはカルムイク自治州の再昇格によって二度目のカルムイクASSRが設立された。1990年には政体の変化と主権の宣言がソビエト連邦に受け入れられた。カルムイクASSRは1992年3月31日まで続いたが、その後カルムイク共和国に変化し、ロシア連邦の共和国になった。

小惑星カルムイキアは1977年にソビエト連邦の天文学者Nikolai Stepanovich Chernykhに発見され、この国に由来して名づけられている[2]

民族構成[編集]

1979年の国勢調査によると人口の民族構成は以下のようなものだった[3]

[編集]

  1. ^ СССР, Административно-териториаляное деление союзных республик, стр. 37: Данните са към 1 януари 1987 г.
  2. ^ Schmadel, Lutz D. (2003). Dictionary of Minor Planet Names (5th ed.). New York: Springer Verlag. p. 186. ISBN 3-540-00238-3. http://books.google.com/books?q=2286+Fesenkov+NH. 
  3. ^ СССР Энциклопедический справочник, ред. А. М. Прохоров, стр. 531

関連項目[編集]