山岳自治ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山岳自治ソビエト社会主義共和国
Го́рская Автономная Советская Социалистическая Республика
Gorskaya ASSR
北コーカサス山岳共和国 1921年 - 1924年 カラチャイ・チェルケス自治州
カバルダ・バルカル自治州
チェチェン自治州
イングーシ自治州
北オセチア自治州
山岳ASSRの国旗
(国旗)
山岳ASSRの位置
中央上の黄色の部分が山岳ASSRの位置
首都 ウラジカフカス
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
73,000km²
人口
800,000人
変遷
独立 1921年1月20日
ソ連に併合 1924年7月7日

山岳自治ソビエト社会主義共和国(さんがくじちソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく)、山岳ASSR (ロシア語: Го́рская АССР Gorskaya ASSR)はソビエト・ロシア北カフカースに作られた短命な自治共和国。1921年1月20日から、1924年7月7日まで存在した。

以前はクバーニ州クバーニ・コサック軍)とテレク州テレク・コサック)の両州の一部で、ロシア革命の後、北コーカサス国家主義者の建国した北コーカサス山岳共和国英語版の一部となっていた。しかし、ロシア内戦の中、赤軍がこの地を攻略しソ連が統治を行うようになると、1918年7月7日に元あった共和国(en:Terek Soviet Republicなど)はソビエト連邦の一カ国北カフカース・ソビエト共和国に合邦された。1921年1月20日、山岳自治ソビエト社会主義共和国となった。領域は73000km2を超え、人口はおおよそ80万人であった。

この国は、カラチャイ地区カバルディン地区バルカール地区オセチア地区イングーシ地区チェチェン地区の6つの地域を含んでおり、グロズヌイウラジカフカスの二つの都市を持っていた。さらにテレク・コサックスンジャ・コサック)には、特別地区レベルのスンジャ・コサック自治区ロシア語版が与えられ、イングーシ北部に接する地域とグロズヌイに接する部分の飛び地を含む地域で構成されていた。

山岳ASSRの分解はすぐに始まった。1921年9月1日にカバルディン地区が分割され、カバルディン自治州ロシア語版に組み替えられソビエト・ロシアの統治下におかれた。これを皮切りに、次は1922年1月12日カラチャイ地区がカラチャイ・チェルケス自治州英語版に組み替えられ、1922年1月16日にはバルカール地区が分割され、カバルディン自治州とあわせてカバルダ・バルカル自治州ロシア語版になった。チェチェン地区は1922年11月30日に分割されチェチェン自治州英語版になった。

1924年7月7日最高会議の布告によって、山岳ASSRは北オセチア自治州英語版イングーシ自治州英語版に分割され、この時点で山岳ASSRは解散、消滅した。スンジャ・コサック自治区とウラジカフカス市は1924年10月17日まで最高会議の直接支配下に入り、以前の山岳ASSRの全ての地域とさらに二つの地域から北コーカサス地方が構成された。

1921年の領土の様子

関連項目[編集]