ポーランド第二共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポーランド共和国
Rzeczpospolita Polska
1918年 - 1939年
ポーランドの国旗 ポーランドの国章
国旗 国章
国歌: ドンブロフスキのマズルカ
ポーランドの位置
公用語 ポーランド語
この他にドイツ語ロシア語イディッシュ語リトアニア語ウクライナ語ベラルーシ語の話者も居住
首都 ワルシャワ
大統領
1918年11月14日 - 1922年12月11日 ユゼフ・ピウスツキ(国家元首)
1926年6月4日 - 1939年9月30日 イグナツィ・モシチツキ英語版
首相
1918年11月18日 - 1919年1月16日 イェンジェイ・モラチェフスキ英語版(初代)
1936年5月15日 - 1939年9月30日 フェリツィヤン・スワヴォイ・スクワトコフスキ英語版(最後)
面積
1921年 387,000km²
1931年 388,634km²
1938年 389,720km²
人口
1921年 27,177,000人
1931年 32,107,000人
1938年 34,849,000人
変遷
ユゼフ・ピウスツキがポーランド共和国の成立を宣言 1918年11月11日
ポーランド・ソビエト戦争 1919年2月 - 1921年3月18日
ユゼフ・ピウスツキ、5月クーデターにより首相に就任 1926年5月12日
ナチス・ドイツの侵攻開始
第二次世界大戦勃発
1939年9月1日
ポーランド国内における戦闘行為の終結
ポーランド共和国滅亡
1939年10月6日
通貨 マルカ(1918年 - 1924年)
ズウォティ(1924年 - 1939年)
時間帯 UTC +1(DST: +1)
先代 次代
ロシア共和国 ロシア共和国
オーストリア=ハンガリー帝国 オーストリア=ハンガリー帝国
ドイツ帝国 ドイツ帝国
ポーランド摂政王国 ポーランド摂政王国
ザコパネ共和国 ザコパネ共和国
西ウクライナ人民共和国 西ウクライナ人民共和国
レムコ=ルシン共和国 レムコ=ルシン共和国
コマンチャ共和国 コマンチャ共和国
ウクライナ人民共和国 ウクライナ人民共和国
中部リトアニア共和国 中部リトアニア共和国
ガリツィア・ソビエト社会主義共和国 ガリツィア・ソビエト社会主義共和国
ガリツィア・ロドメリア王国 ガリツィア・ロドメリア王国
タルノブジェク共和国 タルノブジェク共和国
チェコスロバキア チェコスロバキア
ナチス・ドイツ ナチス・ドイツ
ソビエト連邦 ソビエト連邦
リトアニア リトアニア
スロバキア スロバキア
ポーランド総督府 ポーランド総督府
ポーランド亡命政府 ポーランド亡命政府
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
白ロシア・ソビエト社会主義共和国 白ロシア・ソビエト社会主義共和国
リトアニア・ソビエト社会主義共和国 リトアニア・ソビエト社会主義共和国
チェコスロバキア チェコスロバキア
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝
10世紀–1370年
 
プシェミスル朝 1300年-1306年
 
ポーランド・アンジュー朝 1370年-1399年
ヤギェウォ朝 1399年-1572年
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)1569年-1795年
ポーランド分割 1772年、1793年、1795年、1815年
ワルシャワ公国 1807年-1813年
ポーランド立憲王国 1815年-1867年 クラクフ共和国 1815年-1846年 ポズナン大公国 1815年-1848年
第1次世界大戦 1914年–1918年
ポーランド摂政王国 1916年-1918年
ポーランド共和国(第2共和制)1918年–1939年
第2次世界大戦 1939年–45年 亡命政府
ポーランド総督府 1939年-45年
ポーランド人民共和国 1945年–1989年
ポーランド共和国(第3共和制)1989年-現在
年表
[編集]

ポーランド第二共和国ポーランド語: II Rzeczpospolita)は、1918年から1939年までの間、現在のポーランド共和国(第三共和国)を中心とする地域に存在した国家。「第二共和国」とはポーランド・リトアニア共和国(第一共和国)と対比しての呼称で、正式な国号は現在と同じポーランド共和国ポーランド語: Rzeczpospolita Polska)。

領土は現在のポーランド共和国と比較して東寄りであった。この領土の変遷については、オーデル・ナイセ線およびカーゾン線を参照。

歴史[ソースを編集]

第一次世界大戦中、実質的にロシア帝国に支配されていたポーランド立憲王国に代わり、ポーランド王国(摂政王国)建国が提案されたが、これは短命に終わった。1915年夏にドイツ帝国オーストリア=ハンガリー帝国に占領されていたポーランドは、独立を求めていた。そういう時期の1917年ロシア革命が、1918年にドイツ革命が勃発し、これによってチャンスを得たユゼフ・ピウスツキワルシャワへ移動し、初代の国家元首に就任した。ピウスツキはポーランドを率いてウクライナ・ポーランド戦争ポーランド・ソビエト戦争で次々と勝利した。ポーランド・リトアニア戦争ポーランド語版リトアニア語版英語版の停戦協定が結ばれると、新たに建国された中部リトアニア共和国を選挙によりポーランドへ編入した。さらに、三回にわたって蜂起した上シレジア地方をドイツと分割し、その工業地帯の大半をポーランドに編入した。

ところがピウスツキの同僚だったロマン・ドモフスキポーランド語版英語版議院内閣制の導入を検討していた。つまり大統領の権限を大幅に制限しようとしていたのである。これを知ったピウスツキは大統領就任を辞退して政界を引退した。その後もピウスツキとドモフスキとの間に対立が続いた。ドモフスキは反露親独的な方針を示したが、これに対しピウスツキは反独親露的な方針を持っていたからである。

結局、1926年にクーデター「五月革命ポーランド語版英語版」によってピウスツキが1935年まで政権を掌握した。

1932年と1934年にソ連・ポーランド不可侵条約ドイツ・ポーランド不可侵条約を結んだ。これにより、1938年のミュンヘン会談では有利な結果になり、テッシェンを人民投票によって獲得した。しかし、1939年9月1日にドイツやソ連に侵攻され、第二共和国は崩壊した。その後もポーランドは降伏せず、ロンドンに設置された亡命政府や地下政府がドイツを相手に戦い続けた。

領域[ソースを編集]

国旗[ソースを編集]

国章[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]