プシェミスル朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プシェミスル家の紋章
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝 10世紀–1385年  
 
ヤギェウォ朝 1385年–1572年
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)1569年-1795年
ポーランド分割 1772年、1793年、1795年、1815年
ワルシャワ公国 1807年-1813年
ポーランド立憲王国 1815年-1867年 クラクフ共和国 1815年-1846年 ポズナン大公国 1815年-1848年
第1次世界大戦 1914年–1918年
ポーランド摂政王国 1916年-1918年
ポーランド共和国(第2共和制)1918年–1939年
第2次世界大戦 1939年–45年 亡命政府
ポーランド総督府 1939年-45年
ポーランド人民共和国 1945年–1989年
ポーランド共和国(第3共和制)1989年-現在
年表
[編集]

プシェミスル朝チェコ語: Dynastie Přemyslovců)は、ボヘミアドイツ語でベーメン、チェコ語ではチェヒ)のチェコ人王朝1306年に断絶するまで続いた。伝説上の女傑・リブシェの夫で、一族の伝説上の始祖である農夫プシェミスルから名づけられた。ボヘミアの一君主であったが、13世紀にオタカル2世オーストリア公国を獲得してオーストリア大公の地位に就き、大空位時代神聖ローマ皇帝として推挙されている(ハプスブルク家に敗れた)。さらに13世紀後半、ポーランドも兼ねたヴァーツラフ2世の下で最盛期を誇ったが、息子である次王ヴァーツラフ3世が殺害され断絶した。

歴代君主一覧[編集]

ボヘミア公[編集]

ボヘミア王[編集]

  • オタカル1世Přemysl Otakar I.)(1198年 - 1230年)
  • ヴァーツラフ1世Václav I.)(1230年 - 1253年)
  • オタカル2世Přemysl Otakar II.)(1253年 - 1278年) - 兼オーストリア公(1251年 - 1278年)
  • ヴァーツラフ2世Václav II.)(1278年 - 1305年) - 兼ポーランド王(1300年 - 1305年)
  • ヴァーツラフ3世Václav III.)(1305年 - 1306年) - 兼ハンガリー王(1301年 - 1304年)、ポーランド王(1305年 - 1306年)

(日本語表記は『世界各国史19ドナウ・ヨーロッパ史(山川出版社)』に基づく)

系図[編集]

ポーランド公・ポーランド王家[編集]

  •  :ボヘミア公
  •  :ボヘミア王
 
 
 
プシェミスル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボジヴォイ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピチフニェフ1世
 
ヴラチスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァーツラフ1世
 
ボレスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボレスラフ2世
 
ギュンター
マイセン辺境伯
 
ドゥブラフカ
 
ミェシュコ1世
ポーランド王
 
クリスティアン(Strahkvas)
(c.929-996)
レーゲンスブルクの修道士
 
ムラダ・マリア
プラハの聖イジー女子修道院長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボレスラフ3世
 
ヤロミール
 
オルドジフ
 
ボレスワフ1世
ポーランド王
 
ヴラジヴォイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブジェチスラフ1世
 
ユーディト
ハインリヒ・フォン・シュヴァインフルト娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピチフニェフ2世
 
 
 
 
 
ヴラチスラフ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート1世
 
ヤロミール
(ゲープハルト)
プラハ司教
 
オットー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リウトガルト
(1094没)
(ボーゲン伯アダルベルト娘)
 
ブジェチスラフ2世
 
ボジヴォイ2世
 
ゲルベルガ
(オーストリア辺境伯レオポルト2世娘)
 
ヴラジスラフ1世
 
 
 
 
 
ソビェスラフ1世
 
アーデルハイト
(ハンガリー王子アールモシュ娘)
 
 
 
ルイトルド
 
イーダ
(オーストリア辺境伯レオポルト2世娘)
 
スヴァトプルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルトルート
レオポルト3世娘)
 
ヴラジスラフ2世
 
ユーディト
(チューリンゲン方伯ルートヴィヒ1世娘)
 
 
 
 
 
インドリフ
 
ソビェスラフ2世
 
ヴァーツラフ2世
 
マリア
1=オーストリア辺境伯レオポルト4世
2=ケルンテン公ヘルマン2世
 
コンラート2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルジェーベト
ゲーザ2世娘)
 
ベドジフ
 
オタカル1世
 
ヴラジスラフ3世
 
リクサ
=メドリンク公ハインリヒ(バーベンベルク家
 
インドリフ
プラハ司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルドミラ
(1170-1240)
1=ボーゲン伯アルブレヒト(1198没)
2=バイエルン公ルートヴィヒ1世
 
 
 
ヴァーツラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴラディスラフ
 
ゲルトルート
(オーストリア公レオポルト6世孫)
 
マルガレーテ
(オーストリア公レオポルト6世娘)
 
オタカル2世
 
クンフタ
 
 
 
 
 
ボジェナ
 
オットー3世
ブランデンブルク辺境伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(庶子)
ミクラーシュ1世
オパヴァ公(トロパウ公)
 
グタ
(皇帝ルドルフ1世娘)
 
ヴァーツラフ2世
 
リクサ
(ポーランド王プシェミスウ2世娘)
 
ルドルフ3世
オーストリア公
 
オットー5世
ブランデンブルク辺境伯
ボヘミア摂政(1278 - 1283)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オパヴァ公(トロパウ公)家
 
ヴァーツラフ3世
 
アンナ
 
ハインリヒ6世
ケルンテン公
 
エリシュカ
 
ヨハン・フォン・ルクセンブルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルクセンブルク家

オパヴァ公(トロパウ公)家[編集]

 
ミクラーシュ1世
オパヴァ公(トロパウ公)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミクラーシュ2世
オパヴァ公
ラチブシュ公
 
アンナ
ラチブシュ公プシェミスワフ娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン1世
オパヴァ公
クルノフ公
ラチブシュ公
 
マルケータ
=モラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒ
 
ミクラーシュ3世
グウプチツェ公
 
ヴァーツラフ
オパヴァ公
 
プシェミスル1世
オパヴァ公
グウプチツェ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン2世
オパヴァ公
 
ミクラーシュ4世
ブルンタール公
 
 
 
 
 
ヴァーツラフ2世
グウプチツェ公
 
ヴィレーム
オパヴァ公
ミュンスターベルク公
 
アルノシュト
オパヴァ公
ミュンスターベルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァーツラフ
ラチブシュ公
 
ミクラーシュ5世
クルノフ公
リブニク公
 
 
 
 
 
ヤン
グウプチツェ公
 
ヴァーツラフ
シュタイナウ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン3世
ラチブシュ公
 
ヤン4世
クルノフ公
 
バルボラ
オシフィエンチム公ヤン4世
 
ヴァーツラフ
リブニク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミクラーシュ
ラチブシュ公
 
ヤン
 
ヴァレンティン
ラチブシュ公
 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 薩摩秀登 『物語 チェコの歴史』 中央公論新社、2006年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.
  • Hugo Weczerka, Handbuch der historischen Stätten, Schlesien, Kröner, 1977.