ポーランド亡命政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポーランド亡命政府
Rząd Rzeczypospolitej Polskiej na uchodźstwie
ポーランド第二共和国 1939年 - 1990年 ポーランド
ポーランドの国旗 ポーランドの国章
国旗 国章
国歌: ドンブロフスキのマズルカ
公用語 ポーランド語
首都 ワルシャワ法令上
パリ(1939年-1940年)
アンジェ(1940年)
ロンドン(1940年-1990年)
大統領
1939年 - 1947年 ヴワディスワフ・ラチュキェヴィチ
1989年 - 1990年 リシャルト・カチョロフスキ
首相
1939年 - 1943年 ヴワディスワフ・シコルスキ(初代)
1986年 - 1990年 エドヴァルト・シュチェパニク(最後)
変遷
ポーランド防衛戦 1939年9月1日
ポーランド民主化 1990年12月22日
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝  
プシェミスル朝
 
ヤギェウォ朝
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)
ポーランド分割
ワルシャワ公国
ポーランド立憲王国 クラクフ共和国 ポズナン大公国
ポーランド摂政王国
ポーランド共和国(第2共和制)
ソ連による占領 亡命政府
ナチス・ドイツによる占領
ポーランド共和国
ポーランド人民共和国
ポーランド民主化運動
ポーランド共和国(第3共和制)
年表
[編集]

ポーランド亡命政府(ポーランドぼうめいせいふ、ポーランド語: Rząd Rzeczypospolitej Polskiej na uchodźstwie)は、1939年ナチス・ドイツソビエト連邦ポーランド侵攻により本国を追われたポーランド第二共和国政府により組織された亡命政府である。

ポーランド亡命政府は、ポーランド地下国家英語版国内軍 の組織構造を通し第二次大戦期間に影響力があったとされる。終戦後、ポーランドはソ連の衛星国ポーランド人民共和国となり、亡命政府は存在したが影も薄く影響力も無かった。共産主義支配の終了後、亡命政府は正式に責務を新政府の第3共和制(Third Polish Republic)に移行した。

ポーランド亡命政府は、パリで発足し、アンジェに移転(1939年-1940年)。冷戦期は、ロンドンに留まった( 1940年-1990年)。

歴史[編集]

独ソ両国のポーランド侵攻を受け、1939年9月17日、ポーランド大統領イグナツィ・モシチツキは上院議長ヴワディスワフ・ラチュキェヴィチを、憲法規定に従い後継指名する。9月30日、モシチツキの辞任を受けたラチュキェヴィチは亡命先のパリにおけるポーランド大使館で大統領への就任を宣誓し、首相ヴワディスワフ・シコルスキを任命。ポーランド亡命政府が発足する。ポーランド海軍の大部分は脱出していたためこれを指揮下に収め、さらに脱出に成功した一部の陸軍将兵も指揮下に入る。翌年アンジェに移転。そしてフランスが降伏しヴィシー政権が作られるとロンドンに移された。

殆どのポーランド海軍は英国へ逃げた[1]。数万のポーランド軍人らはハンガリールーマニアを越えて逃げフランスで続けて戦った。多くは同盟国ノルウェー軍の戦いに参戦した。バトル・オブ・ブリテン大西洋の戦い (第二次世界大戦)アフリカではトブルク包囲戦イタリアアンコーナモンテ・カッシーノの戦いなど他の同盟国と共に戦った。ポーランドとソ連は、シコルスキ、マイスキー 協定英語版により、ソ連管理下に置かれたポーランド市民の解放およびナチスドイツに抗戦する同盟軍の軍隊を組織する。

亡命政府は政治的には、ポーランド農民党ポーランド社会党(PPS)、労働党、国民党の連立となった。

1941年6月、ドイツがソ連を攻撃した。これを期に亡命政府はソ連との外交関係を築く[2][3]

1941年12月11日、ポーランド亡命政府が日本に宣戦布告した[4]

1939年、数万のポーランド軍人は捕虜となる。ポーランド市民や流罪人は釈放され、国内軍 を組織するのを許可された。国内軍はイラン中東に退避、そこではエルヴィン・ロンメルドイツアフリカ軍団の抗戦(北アフリカ戦線ガザラの戦い)において英国側が必要としていた。この軍隊は、後にポーランド第2軍団となり同盟国と共に戦う。 戦時中、特に1942年ユダヤ人ホロコースト進行中の同盟軍に派遣した[5][6]

1943年、ドイツはカティンの森で多数の死体を発見した事を公表した[7]。ソ連は、ドイツの陰謀と公表、亡命政府はソ連の発表の受け入れを拒否。スターリンは亡命政府と関係を断絶した。ドイツからポーランドを解放するのが米英でなくソ連になるのは明白であった為、 不履行は必然的な成り行きとなった。1943年、亡命政府の首相でポーランド軍の指導者でもあったシコルスキを含む政府・軍関係者13人が飛行機事故(en)で亡くなった[8]

1942年1945年、ロンドンのポーランド亡命政府内に、ユダヤ人救済委員会の「ジェゴタ(en:Żegota)」は組織された。このメンバーには、後の外務大臣(1999-2001年)ヴワディスワフ・バルトシェフスキを含む。

1943年-1944年、同盟国のウィンストン・チャーチルはソ連と亡命政府の会談再開を試みたが、幾つかの問題([9]、領土権問題など)により放棄された[10]。亡命政府の党首ミコワイチクは領土問題において拒否した。

1944年8月には東側からナチスドイツを攻めるソ連の呼び掛けに応じ亡命政府の国内軍主導によるワルシャワ蜂起となる、11月ミコワイチクはソ連に不信を持つにも関わらず辞任[11]、ポーランドに戻りソ連占領下の新政府の挙国一致臨時政府英語版において副総理となり、首相は社会主義者モラフスキ、もう1人の副総理は共産主義者のリーダー ゴムウカとなる。 第二次大戦終了時、亡命政府はワルシャワ共産主義政権(『ルブリン政権』)と共同歩調を取ると思われたが表舞台から退くこととなり、1945年国内軍は解散、ソ連の傀儡政権であった共産政権側が亡命系の大臣や政治家の逮捕や国外追放などを行ったため安全な帰国ができず多くの構成員は他国に移民し、ロンドンのポーランド人はポーランド大使館から撤退しなければならなかった。

東欧革命の流れで1990年共産主義政権が崩壊、レフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)政権(ポーランド第三共和国)が成立した。これにともない、亡命政府大統領のリシャルト・カチョロフスキはそれまで保持していた政権の正統性を示すレガリア(1918年ポーランド憲法〈ポーランド第二共和国憲法〉正文、ポーランド国旗正旗など)を第三共和国へと承継し、その役割を終えて消滅した。ワレサ政権は成立式典にポーランド亡命政府を招き、自らを第二共和国の正統な後継者として位置づけたが、前共産主義政権のヴォイチェフ・ヤルゼルスキ前大統領の式典招待はなかった(そもそも、ヴァウェンサ政権を「第三共和国」と称すること自体、「ポーランド人民共和国を『第三共和国』とは認めない」ということになる)。

亡命政府の歴代大統領はポーランドの大統領一覧 
亡命政府の歴代首相はポーランドの首相一覧 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jozef Garlinski Poland in the Second World War, ISBN 0-333-39258-2 Pages 17-18
  2. ^ Stanislaw Mikolajczyk The Pattern of Soviet Domination Sampson Low, Marston & Co 1948 Page 17
  3. ^ Wojciech Roszkowski The Shadow of Yalta ISBN 83-60142-00-9 Page 27
  4. ^ Intelligence, Issue 9. 20世紀メディア研究所. ISBN 9784877383282. Page 79
  5. ^ Note of the Foreign Minister Edward Raczynski "The mass extermination of Jews in German occupied Poland, Note addressed to the Governments of the United Nations on December 10th 1942", also published (30 December 1942) by the Polish Foreign Ministry as a public document with the aim to reach the public opinions of the Free World. See: http://www.projectinposterum.org/docs/mass_extermination.htm
  6. ^ Martin Gilbert, Auschwitz and the Allies, 1981 (Pimlico edition, p.101) "On december 10, the Polish Ambassador in London, Edward Raczynski sent Eden an extremely detailed twenty-one point summary of all the most recent information regarding the killing of Jews in Poland; confirmation, he wrote, "that the German authorities aim with systematic deliberation at the total extermination of the Jewish population of Poland" as well as of the "many thousands of Jews" whom the Germans had deported to Poland from western and Central Europe, and from the German Reich itself."
  7. ^ J.K.Zawodny Death in the Forest ISBN 0-87052-563-8 Page 15
  8. ^ John Coutouvidis & Jamie Reynolds Poland 1939-1947 ISBN 0-7185-1211-1 Page 88。
  9. ^ カティンの森事件
  10. ^ Kielce: Wyższa Szkoła Pedagogiczna im. Jana Kochanowskiego. p. 294. ISBN 83-7133-100-2., also in Wrocławskie Studia Wschodnie, Wrocław, 1997.
  11. ^ John Coutouvidis & Jamie Reynolds Poland 1939-1947 ISBN 0-7185-1211-1 Page 107

書籍[編集]