ポーランド民主化運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝
10世紀–1370年
 
プシェミスル朝 1300年-1306年
 
ポーランド・アンジュー朝 1370年-1399年
ヤギェウォ朝 1399年-1572年
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)1569年-1795年
ポーランド分割 1772年、1793年、1795年、1815年
ワルシャワ公国 1807年-1813年
ポーランド立憲王国 1815年-1867年 クラクフ共和国 1815年-1846年 ポズナン大公国 1815年-1848年
第1次世界大戦 1914年–1918年
ポーランド摂政王国 1916年-1918年
ポーランド共和国(第2共和制)1918年–1939年
第2次世界大戦 1939年–45年 亡命政府
ポーランド総督府 1939年-45年
ポーランド人民共和国 1945年–1989年
ポーランド共和国(第3共和制)1989年-現在
年表
[編集]

ポーランド民主化運動(ポーランドみんしゅかうんどう)は、ポーランドの政治改革運動。最終的に従来のポーランド統一労働者党による政権下野し、レフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)率いる独立自主管理労働組合「連帯」が政権を握った。


通常ポーランドや欧米では、この民主化期間を第3共和制と示す。

第3共和制ポーランド語:III Rzeczpospolita (III RP)、英語:the Polish Third Republic )とは、1989年以降、特に1989年-1991年にかけて行なわれた民主化(運動)による民主政権を呼ぶ。


背景[編集]


ポーランドはロシアと領土を巡り、中世から幾度となくポーランド・ロシア戦争は続いていた。第二次大戦後、共産主義ソビエト連邦によりポーランドはナチスドイツ占領から解放され、ソ連の重要な東側諸国となった。ポーランド人共産主義者により国は統制された[1]

共産主義時代、ポーランド人民共和国の経済状況は持続的に慢性の悪化となっていた。西側諸国から膨大な借り入れを続け、インフレーション、食料配給制と食料・物資・経済の欠乏、ストライキ暴動暴動鎮圧を繰り返していた[2]

1987年、政府は経済政策に失敗。急激なインフレは、40%価格が値上がり、直ちに全国で暴動と長期的なストライキが起こる。政府により暴力的な暴動鎮圧と軍の介入がなされた。 1989年、円卓会議 により、ストライキの終了となる。東欧革命と共にポーランドの共産主義は破壊した。 1999年、NATOに加盟、2004年、EUに加盟。

キリスト教や宗教は共産主義政権により弾圧されていた。ポーランド人ヨハネ・パウロ2世は、1979年6月にポーランドを訪問[3]、国民を勇気づけた。 1980年からレフ・ヴァウェンサ率いる独立自主管理労働組合「連帯」が活動を活発化、政府は1981年に連帯を非合法化。1983年戒厳令が解除、非合法ながら連帯は活動を続けた。依然として国内改革と民主化を要求し、ポーランド統一労働者党による政権を揺るがし続けた。 ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ政権は、連帯の非合法化と戒厳令英語版ポーランド語版を敷いた。その後は穏健主義の立場で事態の打開を模索した。

民主化の推移[編集]

ポーランドでの民主化を模索する動きは1970年代末、ポーランド系ユダヤ人活動家は反共産主義グループ「en:Workers' Defence Committee (KOR)」を組織した。1981年、非合法化された「連帯」を合法化、1989年の2月からはポーランド統一労働者党政権と連帯や他の民主化勢力との(円卓会議)が行なわれた。両者間で自由選挙[4]の実施をすることで合意がなされた。東欧では先頭を切って自由選挙が実施され、ヴァウェンサ率いる連帯が圧勝[5]。新政権として民主化を求める非労働党勢力が主導権を握りつつも、労働党勢力を政権に取り入れる連立政権が発足し、ヤルゼルスキが暫定的な大統領に就任。首相以下閣僚に連帯などの非労働党勢力出身の人物を任命して、新生ポーランドがスタートした。

新政権は、ポーランド統一労働者党の共産主義やスターリン主義に基づいた憲法の改正、国名改正でポーランド共和国となる。国民の直接選挙による大統領選挙の導入を決定。1990年、国民投票の結果、大統領を直接選挙によってではなく総選挙後の国会で決めることになる。大統領選挙により、連帯のヴァウェンサ(ワレサ)が当選。

ポーランド民主化運動の主な人物[編集]

ポーランド国外で民主化運動を支援した人物[編集]

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wojciech Roszkowski, Najnowsza historia Polski 1914-1945. Warszawa: Świat Książki, 2003, p. 236-240, 678-680, 700-701. ISBN 83-7311-991-4.
  2. ^ http://www.britannica.com/EBchecked/topic/466681/Poland/28216/Communist-Poland
  3. ^ a b 、1983年から2004年までに9回訪問教皇ヨハネ・パウロ2世の海外司牧訪問(1979~2004)参照。
  4. ^ 従来からの議会(セイム)については、460議席の内、65%(299議席)を統一労働者党とその衛星政党に事前配分、残る35%(161議席)を自由選挙枠とした。そして新設されたセナト上院)については100議席全てを自由選挙枠とした。
  5. ^ セイムは自由選挙枠の全161議席、セナトで100議席中99議席を連帯系が獲得(残り1議席は無所属)。連帯系当選者は選挙後、上下両院合同で「市民議会クラブ」(OKP) を結成した。