クラクフ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自由にして独立した完全に中立なクラクフ市とその付随領域
Wolne, Niepodległe i Ściśle Neutralne Miasto Kraków z Okręgiem
ワルシャワ公国 1815年 - 1846年 クラクフ大公国
ガリツィア・ロドメリア王国
クラクフ共和国の国旗 クラクフ共和国の国章
(国旗) (国章)
クラクフ共和国の位置
1815年のクラクフ及び隣接三国の地図
公用語 ポーランド語
首都 クラクフ
大統領
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
1815年 1164km²
人口
1815年 95,000人
1843年 146,000人
変遷
ウィーン会議(成立) 1815年5月3日
十一月蜂起 1830年11月29日
クラクフ蜂起(併合) 1846年11月16日
通貨 ポーランドズウォティ(~1835年
クラクフズウォティ1835年~)
オーストリアプロイセンロシアの保護国
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝 10世紀–1385年  
 
ヤギェウォ朝 1385年–1572年
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)1569年-1795年
ポーランド分割 1772年、1793年、1795年、1815年
ワルシャワ公国 1807年-1813年
ポーランド立憲王国 1815年-1867年 クラクフ共和国 1815年-1846年 ポズナン大公国 1815年-1848年
第1次世界大戦 1914年–1918年
ポーランド摂政王国 1916年-1918年
ポーランド共和国(第2共和制)1918年–1939年
第2次世界大戦 1939年–45年 亡命政府
ポーランド総督府 1939年-45年
ポーランド人民共和国 1945年–1989年
ポーランド共和国(第3共和制)1989年-現在
年表
[編集]

自由にして独立した完全に中立なクラクフ市とその付随領域ポーランド語: Wolne, Niepodległe i Ściśle Neutralne Miasto Kraków z Okręgiem)、通称クラクフ共和国は、1815年ウィーン会議により成立した都市国家で、場所はクラクフとその近隣を含む。都市国家は、ロシアプロイセンオーストリア保護国であった。1846年クラクフ蜂起の失敗によりオーストリア帝国に併合されて消滅した。

クラクフ自由市(Wolne Miasto Kraków)などとも称される。

1843年 人口 146,000人、カトリック教徒 85% 、ユダヤ人 14%。

歴史[編集]

1815年のウィーン議定書に基づき成立した。

1830年の十一月蜂起(ポーランドにおける民族運動)で、クラクフはロシア支配下のポーランド立憲王国に武器を密輸する基地であった。 十一月蜂起後、警察はオーストリアの管理下に置かれ、大統領選挙は三国(ロシア・プロイセン・オーストリア)の承認が必要となった。 三国による政治的干渉に置かれていた。

1836年から1841年、クラクフにオーストリア軍が占拠した。

1846年2月のクラクフ蜂起が失敗に終わり、11月16日にオーストリア帝国に併合されて消滅した。その後、オーストリア帝国領内のクラクフ大公国となった。


関連項目[編集]

自由にして独立した完全に中立なクラクフ市とその付随領域 1815-1846