オーストリア公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア公国
Herzogtum Österreich
オーストリア辺境伯領 1156年 - 1457年 オーストリア大公国
オーストリアの国旗 オーストリアの国章
国旗 国章
オーストリアの位置
公用語 ドイツ語
首都 クロスターノイブルク
ウィーン
1156年 - 1177年 ハインリヒ2世
1251年 - 1278年 オタカル2世
1278年 - 1282年 ルドルフ1世
1358年 - 1359年 ルドルフ4世
1439年 - 1457年 フリードリヒ5世
アルブレヒト6世
ラディスラウス(1440年-)
ジークムント(1446年-)
変遷
成立 1156年
ハプスブルク家統治の開始 1278年
大公号の公認 1457年

オーストリア公国(オーストリアこうこく、ドイツ語Herzogtum Österreichハンガリー語: Osztrák Hercegség英語Duchy of Austria)は、神聖ローマ帝国内の、現在のオーストリア共和国の領域に存在した領邦1156年の成立から1457年(大公を称したのは1359年)のオーストリア大公国の成立まで、バーベンベルク家ツェーリンゲン家プシェミスル家ハプスブルク家が統治した。

概要[編集]

前身はオーストリア辺境伯領、さらにオストマルク東方辺境伯領が最初の起源である。神聖ローマ帝国の南東辺境部の領邦ではあるが、帝国内でも重要な地域で、のちにハプスブルク家当主が神聖ローマ皇帝を世襲した。

1359年にルドルフ4世オーストリア大公を僭称した。皇帝に即位したフリードリヒ3世(オーストリア領主としてはフリードリヒ5世)が1457年に帝国法によってこれを正式の称号として定め、以後はその領国もオーストリア大公国を称するようになった。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]