ウクライナ・ポーランド戦争 (1918年‐1919年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウクライナ・ポーランド戦争
ウクライナ独立戦争
Ukrainian State 1918.11-12.png
      ウクライナ      西ウクライナ      ポーランド      ハンガリー      ルーマニア王国      ソビエトのロシア
1918年 - 1919年
場所 西ウクライナ
結果 ポーランド側の勝利
衝突した勢力
Template:Country alias POL1918の旗 ポーランド
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国
ハンガリーの旗 ハンガリー民主共和国
ボヘミアの旗チェコの旗 チェコスロバキア
ウクライナの旗 西ウクライナ人民共和国
ウクライナの旗 ウクライナ人民共和国
指揮官
Template:Country alias POL1918の旗 J.ピウスツキ ウクライナの旗 Y.ペトルーシェヴィチ
戦力
ポーランド軍:190,000人
ルーマニア軍:4,000人
ハンガリー軍:620人
西ウクライナ軍:75,000人
ウクライナ軍:35,000人
被害者数
10,000人 15,000人

ウクライナ・ポーランド戦争ウクライナ語: Українсько-польська війнаポーランド語: Wojna polsko-ukraińska)は、1918年から1919年にかけてガリツィア地方の支配を巡って、西ウクライナ人民共和国ポーランド共和国との間に行われた戦争である。オーストリア・ハンガリー帝国の解体に伴い、1918年11月1日にポーランドによる西ウクライナのリヴィウへの侵攻から始まった。第一次世界大戦に勝利を収めた連合国は、ウクライナ人ドイツ・オーストリアの同盟者と見なしてポーランドを支援した。ウクライナの軍勢が東方へ撤退する途中、ハンガリールーマニアが戦争に介入し、ポーランド側に味方してウクライナのザカルパッチャブコビナを占領した。1918年7月にウクライナ軍は反撃を試みたが、国際的支援や物資不足のために撤退せざるを得なかった。1918年7月17日にポーランド軍がガリツィア全地域を確保したことにより戦争は終結し、西ウクライナ人民共和国の政府はウクライナ人民共和国へ亡命した。

参考文献[編集]

  • (日本語) 伊東孝之, 井内敏夫, 中井和夫編 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』 (世界各国史; 20)-東京: 山川出版社, 1998年. ISBN 9784634415003
  • (日本語) 黒川祐次著 『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』 (中公新書; 1655)-東京 : 中央公論新社, 2002年. ISBN 4121016556
  • (日本語)中井和夫著 『ウクライナ・ナショナリズム』東京大学出版会、1998年.
  • (ウクライナ語) Литвин М. Українсько-польська війна 1918—1919 рр. / Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича НАН України; Інститут Східно-Центральної Європи. — Л., 1998.
  • (ポーランド語) Hupert, W. Zajęcie Małopolski Wschodniej i Wołynia w roku 1919 — Lwów, 1929.
  • (ポーランド語) Kozłowski, M. Między Sanem a Zbruczem: Walki o Lwów i Galicję Wschiodnią 1918–1919 — Kraków, 1990.

外部リンク[編集]