ロシア臨時政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシア臨時政府
Временное правительство России
Vremennoye pravitel'stvo Rossii
ロシア帝国 1917年3月16日 - 11月8日
ロシアの国旗 ロシアの国章
国旗国章
国歌: 労働者のマルセイエーズ
ロシアの位置
公用語 ロシア語
首都 ペトログラード
首相
1917年3月23日 - 1917年7月21日 ゲオルギー・リヴォフ
1917年7月21日 - 1917年11月8日アレクサンドル・ケレンスキー
変遷
成立 1917年3月16日
崩壊1917年11月8日
通貨ロシア・ルーブル
先代次代
ロシア帝国 ロシア帝国 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
オデッサ・ソビエト共和国 オデッサ・ソビエト共和国
フィンランド王国 フィンランド王国
ポーランド王国 (1916年-1918年) ポーランド王国 (1916年-1918年)
モルダヴィア民主共和国 モルダヴィア民主共和国
リトアニア王国 (1918年) リトアニア王国 (1918年)
クールラント・ゼムガレン公国 (1918) クールラント・ゼムガレン公国 (1918)
ロシアの歴史
Greater coat of arms of the Russian empire.png
この記事はシリーズの一部です。
ヴォルガ・ブルガール (7c–13c)
ハザール (7c–10c)
キエフ大公国 (9c–12c)
ウラジーミル・スーズダリ大公国 (12c–14c)
ノヴゴロド公国 (12c–15c)
タタールの軛 (13c–15c)
モスクワ大公国 (1340–1547)
ロシア・ツァーリ国 (1547–1721)
ロシア帝国 (1721–1917)
ロシア臨時政府 / ロシア共和国 (1917)
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 / ソビエト社会主義共和国連邦 (1917–1991)
ロシア連邦 (1991-現在)

ロシア ポータル
· ·

ロシア臨時政府(ロシアりんじせいふ、ロシア語: Временное правительство России, tr. Vremennoye pravitel'stvo Rossii)は、 1917年二月革命後にロシアで成立した暫定政権

沿革[編集]

1917年3月に勃発したロシア革命二月革命)により、ロシア皇帝ニコライ2世は退位し、ロシア帝国は打倒され、代わって新政府が樹立された[1]

臨時政府下では、ペトログラード労兵ソビエトが軍の指揮権を掌握していた[2]。そして、第一次世界大戦の継続を目指す第一次臨時政府と、講和を求めるソビエトのあいだで対立が生じ、第一次臨時政府は崩壊した[2]

同年5月5日、自由主義者に加えて、社会革命党(エスエル)とメンシェビキを中心とする社会主義者たちが参加する第一次連立政府が成立した[3]。この政府もウクライナ自治問題をめぐって立憲民主党(カデット)の閣僚が辞任して崩壊し、社会主義者であるケレンスキーを首班とする第二次連立政府が成立した[4]。一時的にソビエトの力は弱まったものの、「コルニーロフ反乱ロシア語版英語版」が起きた際には、ケレンスキーはソビエトを頼らざるを得なかった[4]。同年9月1日(グレゴリオ暦9月14日)には国号ロシア共和国(en)(Российская республика)とすることを発表したが、元老院英語版ロシア語版はこれを拒否し、法令としての告示は行われなかった[5]

1917年10月25日(グレゴリオ暦11月7日)の十月革命により、ボリシェビキの主導するソビエトによって臨時政府は解体された[6]。脱出・逃亡したアレクサンドル・ケレンスキーを除く第三次臨時政府の閣僚たちのほとんどは逮捕・監禁されたが、その後国外追放され、もしくは脱獄・亡命した[注釈 1]。リヴォフ以下その他の閣僚経験者も大多数が亡命した。

閣僚[編集]

第一次臨時政府[編集]

出典:[7]

職名 氏名 所属 備考
首相
内務相
Georgy Lvov 1918.jpg ゲオルギー・リヴォフ 無所属
外務相 Pavel Milukov.jpg パーヴェル・ミリュコーフ カデット
陸海軍相 Guchkov.jpg アレクサンドル・グチコフ オクチャブリスト
運輸相 Nikolay Vissarionovich Nekrasov.jpg ニコライ・ネクラーソフ カデット
商工相 Alexander Konovalov.jpeg アレクサンドル・コノヴァーロフ英語版 進歩党英語版
財務相 Tereshenko MI.jpg ミハイル・テレシチェンコ 無所属
教育相 Brockhaus and Efron Encyclopedic Dictionary B82 41-2.jpg アレクサンドル・マヌイロフ英語版 カデット
農務相 A I Shingarev.jpg アンドレイ・シンガリョフ英語版 カデット
司法相 А Ф Керенский.jpg アレクサンドル・ケレンスキー トルドヴィキ英語版
宗務院 ValdimirLvov--historywartimes14londuoft.jpg ウラジーミル・リヴォフロシア語版 中央派
会計監査院長 Ivan Godnev.jpeg イワン・ゴドネフロシア語版 オクチャブリスト
フィンランド担当相 Fedor Rodichev.jpg フョードル・ロジチェフロシア語版 カデット

第一次連立政府[編集]

四月危機後の臨時政府の閣僚は以下の通り:

出典:[8]

職名 氏名 所属 備考
首相
内務相
Georgy Lvov 1918.jpg ゲオルギー・リヴォフ 無所属 留任
外務相 Tereshenko MI.jpg ミハイル・テレシチェンコ 無所属 蔵相から転任
陸海軍相 А Ф Керенский.jpg アレクサンドル・ケレンスキー 社会革命党 司法相から転任
交通相 Nikolay Vissarionovich Nekrasov.jpg ニコライ・ネクラーソフ カデット 留任
商工相 Alexander Konovalov.jpeg アレクサンドル・コノヴァーロフ英語版 進歩党 留任
財務相 A I Shingarev.jpg アンドレイ・シンガリョフ英語版 カデット 農務相から転任
教育相 Brockhaus and Efron Encyclopedic Dictionary B82 41-2.jpg アレクサンドル・マヌイロフ英語版 カデット 留任
農務相 Viktor Chernov (1873-1952), Russian revolutionary (small).jpg ヴィクトル・チェルノフ 社会革命党
司法相 Replace this image JA.svg パーヴェル・ペレヴェルゼフ トルドヴィキ
郵政相 IrakliTsereteliMinistroDeCorreosYTelégrafos1917.jpg イラクリー・ツェレテリ メンシェビキ
労働相 Replace this image JA.svg マトヴェイ・スコベレフ英語版 メンシェビキ
食糧相 Alexey Vasilyevich Peshekhonov.jpg アレクセイ・ペシェホーノフ英語版 人民社会党英語版
国家後見相 Replace this image JA.svg ドミトリー・シャホフスコーイロシア語版 カデット
宗務院 ValdimirLvov--historywartimes14londuoft.jpg ウラジーミル・リヴォフロシア語版 中央派 留任
会計監査院長 Ivan Godnev.jpeg イワン・ゴドネフロシア語版 オクチャブリスト 留任

第二次連立政府[編集]

ケレンスキーの実権掌握後の閣僚は以下の通り:

出典:[1]

職名 氏名 所属 備考
首相
陸海軍相
А Ф Керенский.jpg アレクサンドル・ケレンスキー 社会革命党
副首相
財務相
Nikolay Vissarionovich Nekrasov.jpg ニコライ・ネクラーソフ カデット 交通相から転任
内務相 Replace this image JA.svg ニコライ・アフクセンチェフ メンシェビキ
外務相 Tereshenko MI.jpg ミハイル・テレシチェンコ 無所属 留任
運輸相 Replace this image JA.svg ピョートル・ユーレネフ カデット
商工相 Replace this image JA.svg セルゲイ・プロコヴィチ 無所属
教育相 Oldenburg SF.jpg セルゲイ・オルデンブルク カデット
農務相 Viktor Chernov (1873-1952), Russian revolutionary (small).jpg ヴィクトル・チェルノフ 社会革命党 留任
司法相 Replace this image JA.svg アレクサンドル・ザルドーヌイ 人民社会党英語版
郵政相 Replace this image JA.svg アレクセイ・ニキーチン メンシェビキ
労働相 Replace this image JA.svg マトヴェイ・スコベレフ英語版 メンシェビキ 留任
食糧相 Alexey Vasilyevich Peshekhonov.jpg アレクセイ・ペシェホーノフ英語版 人民社会党 留任
国家後見相 Replace this image JA.svg イワン・エフレーモフ 進歩党
宗務院 Replace this image JA.svg アントン・カルタシェフ メンシェビキ
会計監査院長 Fyodor Kokoshkin.jpeg フョードル・ココシキン カデット

第三次連立政府[編集]

第三次臨時政府の閣僚は以下の通り:

出典:[1]

職名 氏名 所属 備考
首相 А Ф Керенский.jpg アレクサンドル・ケレンスキー 社会革命党
副首相
商工相
Alexander Konovalov.jpeg アレクサンドル・コノヴァロフ カデット
内務相
郵政相
Nikitin AM.jpg アレクセイ・ニキーチン メンシェビキ
外務相 Tereshenko MI.jpg ミハイル・テレシチェンコ 無所属 留任
財務相 Replace this image JA.svg ミハイル・ベルナツキー カデット
運輸相 Liverovsky A V.JPG アレクサンドル・リヴェロフスキー 無所属
陸軍相 Alexander I. Verkhovsky.jpeg アレクサンドル・ヴェルホフスキー
海軍相 Dmitry Verderevsky.jpg ドミトリー・ヴェルジェレフスキー
教育相 Replace this image JA.svg セルゲイ・サラズキン 無所属
農務相 Replace this image JA.svg セメイ・マスロフ[要出典] 社会革命党
司法相 Malyantovitch.jpg パーヴェル・マリャントヴィチ メンシェビキ
労働相 Replace this image JA.svg クズマ・グヴォージェフ メンシェビキ
食糧相 Replace this image JA.svg セルゲイ・プロコポーヴィチ 無所属
国家後見相 Kishkin n m.jpg ニコライ・キシュキン カデット
宗務院 Replace this image JA.svg アントン・カルタシェフ カデット 留任
会計監査院長 Replace this image JA.svg セルゲイ・スミルノフ カデット
経済評議会議長 Replace this image JA.svg セルゲイ・トルチャコフ 進歩党

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 陸軍大臣のアレクサンドル・ヴェルホフスキーのみ赤軍に参加し、後に大粛清の犠牲となる

出典[編集]

  1. ^ a b c 藤本他 1999, pp. 190-191.
  2. ^ a b 藤本他 1999, p. 192.
  3. ^ 藤本他 1999, p. 193.
  4. ^ a b 藤本他 1999, p. 194.
  5. ^ 池田 2017, p. 177.
  6. ^ 藤本他 1999, pp. 195-196.
  7. ^ 池田 2017, p. 45.
  8. ^ 池田 2017, p. 81.

参考文献[編集]

  • 池田嘉郎『ロシア革命 破局の8か月』岩波書店〈岩波新書〉、2017年。ISBN 9784004316374
  • 『ロシア近現代史 ピョートル大帝から現代まで』藤本和貴夫松原広志ミネルヴァ書房、1999年。ISBN 9784623027477

関連文献[編集]

関連項目[編集]