山岳アルメニア共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山岳アルメニア共和国
(アルメニア共和国)
Լեռնահայաստանի Հանրապետութիւն
(Հայաստանի Հանրապետություն)
アルメニア第一共和国 1921年 - 1921年 アルメニア・ソビエト社会主義共和国
アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国
山岳アルメニアの国旗 山岳アルメニアの国章
(国旗) (国章)
山岳アルメニアの位置
緑色の領域
公用語 アルメニア語(事実上)
首都 ゴリス(事実上)
知事
1921年 - 1921年 ガレギン・ヌジュデ英語版
変遷
独立宣言 1921年4月26日
赤軍の侵攻により消滅1921年7月13日

山岳アルメニア共和国(さんがくアルメニアきょうわこく、アルメニア語: Լեռնահայաստանի Հանրապետութիւն、またはシュニク共和国(Սյունիքի Հանրապետություն))は、1921年南コーカサスに存在した短命の国家である。

前史[編集]

ガレギン・ヌジュデ(1919年)

1920年9月24日、アルメニア第一共和国ムスタファ・ケマル率いるトルコ大国民議会(アンカラ政府)の間でトルコ・アルメニア戦争英語版が開始された。アルメニア軍オルトゥトルコ語版サリカミシュ英語版カルスアレクサンドロポリなどでトルコ軍と交戦し惨敗。11月18日に戦争は休戦し、12月2日に結ばれたアレクサンドロポリ条約英語版によって両政府は和解した。

11月29日、赤軍第11軍ロシア語版はアルメニアに侵攻を開始。12月2日にエレバンロシア社会主義連邦ソビエト共和国全権のボリス・レグラン (ru) の最後通牒を受け入れ、アルメニアは共産主義勢力に権力を委譲した。アルメニアはソビエト連邦構成共和国となることに同意したが、見返りとしてロシアはトルコからアルメニアの領土を守ることを約束した。また、ロシアは非共産主義者の迫害のためでなくアルメニア人の防衛のために軍を再編すると誓ったが、ダシナク党が国外追放された時点でこの約束は反故にされた。

さらに、ロシアはアルメニアの山岳アルツァフシュニクアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国へ割譲することを提案した。これを強く拒否したダシナク党のガレギン・ヌジュデ英語版は、12月にシュニクの自治を宣言した。1921年1月に党員仲間のドラスタマット・カナヤン英語版はヌジュデに電報を送り、アルメニアの領土問題を解決するためにソ連と手を結ぶことを提案した。しかし先見の明があったヌジュデはシュニクを離れず、赤軍との戦いを続けた[1]

独立[編集]

ダシナク党はエレバンで反ボリシェヴィキ反乱を主導し、2月18日に権力を奪取した。エレバンは以降42日間ダシナク党の指揮下にあったが、4月には数で勝る赤軍に敗北し、反乱の指導者たちはシュニクへ逃れた。

4月26日、タテヴ英語版で開かれた第2回汎ザンゲズル会議において、ダララキャズザンゲズルロシア語版、山岳アルツァフの自治地域が山岳アルメニア共和国として独立することが宣言された。そして6月1日に国名はアルメニア共和国 (Հայաստանի Հանրապետություն) に改称された[2]。この非公認国家の首都はゴリスに置かれ[3]、ヌジュデは首相と国防相に選出された。その後は7月にシモン・ブラツヤン (hy) が首相となり、ヌジュデは知事兼軍総司令官となった。

ヌジュデはザンゲズルをアゼルバイジャン人から取り戻すことに注力し[4]、一方の赤軍は4月から7月にかけて大規模な軍事作戦を展開し、北と東からシュニクを攻撃した。その後、ソ連が山岳アルメニアをアルメニア・ソビエト社会主義共和国の一部として残すことを約束したため、数か月にわたる熾烈な戦いの末に山岳アルメニアは降伏した。

敗戦後、ヌジュデや彼の兵士たち、アルメニア第一共和国の指導者など多くの著名なアルメニア知識人は、イランタブリーズへ逃れた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Garegin Njdeh biography”. Njdeh.com. 2009年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月19日閲覧。
  2. ^ Mountainous Armenia Archived 2013年10月19日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Լեռնահայաստանի 85-ամյակը նշեցին միայն Սյունիքի մարզկերտում”. Armtown.com. 2011年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年4月27日閲覧。
  4. ^ (ロシア語)Garegin Nzhdeh and the KGB: Report of Interrogation of Ohannes Hakopovich Devedjian” (1947年8月28日). 2007年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]