フィンランド社会主義労働者共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フィンランド社会主義労働者共和国
Suomen sosialistinen työväentasavalta
フィンランド王国 1918年 - 1918年 フィンランド王国
フィンランド社会主義労働者共和国の国旗
(国旗)

フィンランド社会主義労働者共和国の位置
初期のフィンランド共産党の占領地(赤色)。南部の工業地帯を全て占領していた

公用語 フィン語
首都 ヘルシンキ
不明

1918 - 1918 オットー・クーシネン

変遷

独立 1918年1月28日
滅亡1918年5月5日
通貨フィンランド・マルッカ

フィンランド社会主義労働者共和国(フィンランド語: Suomen sosialistinen työväentasavalta, スウェーデン語: Finlands socialistiska arbetarrepublik)は短命なフィンランド社会主義政府。この政府はフィンランド独立後のフィンランド内戦の直前に、10月革命の余波で設立された。この国は1918年1月28日まで、名称が決められていなかったが、以降ヘルシンキの人民会議であるヘルシンキソビエトの法令で国名を仮定した。 ソ連の元首ウラジミール・レーニンはフィンランド人の社会主義者に"フィンランド社会主義労働者共和国"の名を採用させるように強制したとされる[1]

国家の計画と憲法案はオットー・ヴィルホ・クーシネンによって書かれた。彼は後の冬戦争の際にソ連の傀儡政権であるフィンランド民主共和国の指導者となっている。

歴史[編集]

この革命は前ボルシェビキ党派であったフィンランド社会民主党によって始められた。人民会議(kansanvaltuuskunta)は今日ソビエトと呼ばれるものであり、議会の所在地であるヘルシンキに、フィンランド人の社会主義者によって組織された。新国家はロシア・ソビエト連邦社会主義共和国との友好条約の交渉を行い、これは3月1日にペトログラードで調印された。

この国家を建国した幾らかのフィンランドの社会主義者の関心にもかかわらず、マルキストプロレタリアート独裁の考えはこの計画にはなかった。それにもかかわらず、フィンランド社会主義労働者共和国はロシア・ソビエト連邦社会主義共和国から援護を受けた。

フィンランドの社会主義者は国家の工業地帯である南部を完全に支配下に置いた。彼らの敵となった白衛軍の占領地は大きかったが、人口が少ない北部であり、白衛軍の不利が予測された。しかし、ドイツ帝国で訓練されたフィンランド白衛軍の兵士とドイツ軍自身が内戦に介入すると、フィンランド社会主義労働者共和国はソ連に軍事的、経済的な援助を当てにせざるをえなくした。しかし、RSFSRも本国のロシア内戦に忙しかったために援助はまばらなものであった。内戦は赤軍が1918年4月26日にヴィープリから撤退、5月5日にはフィンランドでの拠点を全て失い、内戦は終結した。

赤軍は敗北して、数万人の社会主義者が白色テロの犠牲者となった。これを生き残った人は地下に潜るか、国外に亡命した。この敗北の数ヵ月後、モスクワへの社会主義者の亡命避難民は幾つかの派閥には分かれていたものの、フィンランド共産党を結成した。これらの組織はフィンランド本国にフィンランド社会主義労働者党などを結成してフィンランド本国に対して影響を持とうとしたが、本国では一貫して圧力を受け続けた。また、本国に残り勢力を盛り返したフィンランド社会民主党とも友好関係とは言えなかった。

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]