アジャリア自治ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジャリア自治ソビエト社会主義共和国
აჭარის ავტონომიური საბჭოთა სოციალისტური რესპუბლიკა
グルジア民主共和国 1921年 - 1991年 アジャリア自治共和国
アジャリアASSRの国旗 アジャリアASSRの国章
(国旗) (国章)
アジャリアASSRの位置
左下の緑色の地域がアジャリアASSR
公用語 グルジア語ラズ語
首都 バトゥミ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
人口
1969310,000人
変遷
設置 1921年7月16日
ソ連崩壊1991年
時間帯UTC +3

アジャリア自治ソビエト社会主義共和国アジャリアASSRアジャールASSR(グルジア語: აჭარის ავტონომიური საბჭოთა სოციალისტური რესპუბლიკა)はソビエト連邦グルジア・ソビエト社会主義共和国に設置された自治共和国

歴史[編集]

アジャリアASSRの建国50周年を記念し、1971年にソビエト連邦で発行された郵便切手。

1918年から1920年にわたるトルコイギリス軍の一時的な占領のあと、アジャリアは再度グルジア民主共和国に再統合された。1921年3月のトルコとソ連の短時間の軍事衝突の後、トルコ政府はカルス条約の第6条に従ってムスリムに自治が提供されるという条件でグルジア領をソ連に譲渡した。ソ連はこの条項に合うようにアジャリアASSRを1921年7月16日に設置した。[1]

この自治は、ムスリムの信仰の自由を保護すると共に、この地域にトルコの影響力を残そうとするものでもあった。しかし、ソ連はこれを阻止するために黒海の制海権を掌握し、ソ連支配下のアジャリアでは国民の共産主義化が優先しイスラム教はキリスト教同様に指弾された。1929年4月、イスラム住民は信仰の弾圧と強制集産化に反対してアジャリアで武装蜂起した。しかし、この反乱はすぐさま鎮圧され、多くのイスラム住民がこの地を追われた。

1991年のソ連崩壊の後はジョージア(グルジア)のアジャリア自治共和国に再編されている。

脚注[編集]

  1. ^ Eric Lohr (2003), Nationalizing the Russian Empire: the Campaign against Enemy Aliens during World War I, Seiten 151–152, 220–221. Harvard University Presse, ISBN 0674010418.