カレリア労働コミューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カレリア労働コミューン
Karjalan työkansan kommuuni
Карельская трудовая коммуна
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 1920年 - 1923年 自治カレリア社会主義ソビエト共和国
公用語 フィン語
首都 ペトロザヴォーツク
カレリア労働コミューン執行委員会委員長
1921年2月 - 1923年10月 不明
変遷
形成 1920年6月8日
廃止1923年7月25日

カレリア労働コミューン(カレリアろうどうコミューン、フィンランド語: Karjalan työkansan kommuuni, ロシア語: Карельская трудовая коммуна)は、現在のカレリア共和国の位置に1920年6月8日から1923年7月25日まで存在[1]したロシア社会主義連邦ソビエト共和国内の自治地域団体である。

歴史[編集]

前史[編集]

1919年秋、フィンランド共産党の政治局員エドヴァルド・ギュリングロシア語版は、フィンランド内戦での赤軍の敗北後、カレリア労働コミューンについての提言をウラジーミル・レーニンの元へ送った。その提言とは、カレリア人の自治国家欲求を満たし、東カレリアを主張することによってフィンランドの領土主張の根拠をなくし、スカンジナビア諸国への革命の輸出のための架け橋を作る、という3つの問題を解決するために、カレリアに社会主義国家を建設する、というものであった[2]

1920年6月8日、全ロシア中央執行委員会ロシア語版の命令により、カレリア労働コミューンは、オロネツ県ロシア語版アルハンゲリスク県のカレリア人が居住する地域に形成された。

形成[編集]

1920年6月8日の全ロシア中央執行委員会命令に基づいて、カレリア革命委員会がコミューンの一時的な最高機関として設立された。委員会は、ギュリング(委員長)、ヴァシリー・クジエフとヤッコ・マキで構成された。

10月14日、ソビエト・フィンランド間でタルトゥ平和条約が締結され、第一次ソビエト・フィンランド戦争が終結した。フィンランドはカレリアの2つの国境地域(レボルスカヤとポロソゼルスキ)を割譲した。戦争が終結した後、ソビエト政府はフィンランドから割譲したレボルスカヤとポロソゼルスキをコミューンに加えた。

解体[編集]

1921年2月11日から19日にかけて、第1回全カレリア・ソビエト大会が開催さた 。これはカレリア労働コミューンによる最初の憲法上の最高権力機関であった。ソビエト大会には144名の代表が出席した。大会は、コミューンの最高権力機関であるカレリア州ソビエト執行委員会の結成を採択し、25人の執行委員を選出した。初代議長にはギュリングが選出された。

1923年7月25日の全ロシア中央執行委員会および人民委員会議の布告第51号により、カレリア労働コミューンは自治カレリア社会主義ソビエト共和国ロシア語版に移行した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ カレリア労働コミューン - ソビエト大百科事典の記事
  2. ^ カレリア労働コミューンの歴史・教育