ソビエト連邦共産党書記長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソビエト連邦の旗ソビエト連邦共産党中央委員会
書記長
Генеральный секретарь ЦК КПСС
КПСС.svg
官邸 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワカザコフ館
任命者 共産党中央委員会
創設 1917年4月
初代 ヤーコフ・スヴェルドロフニコライ・クレスチンスキーエレーナ・スタソヴァヴャチェスラフ・モロトフ (責任書記)
最終代 ウラジーミル・イワシコ (書記長代行)
廃止 1991年8月29日
非公式名 (acronym) генсек (gensek)

ソビエト連邦共産党書記長(ソビエトれんぽうきょうさんとうしょきちょう、ロシア語: Генеральный секретарь ЦК КПСС ,ラテン文字表記:General Secretary of the Communist Party of the Soviet Union)は、ソビエト連邦共産党中央委員会の職務上の役職。正式には「ソビエト連邦共産党中央委員会書記長」と称する。ソビエト連邦共産党(以下「ソ連共産党」と表記)の事務官であり、ヨシフ・スターリンの在任中は同党およびソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)の最高指導者という位置付けであった。これに倣い、「書記長」という肩書きは、ほかの多くの共産党の指導者に用いられた。1953年から1966年までは「第一書記」という肩書きであり、ニキータ・フルシチョフがこれを用いた。

歴史[編集]

スターリン体制における強化[編集]

スターリン政権以前は、ソ連共産党政治局においてウラジーミル・レーニンが最高指導者の地位を占めていたことは疑いの余地がなかった。1919年以降、「責任書記」(ответственный секретарь)が党中央の事務を処理したが、政治的役割は果たさなかった[1]。地方の党委員会の責任書記は、それぞれの委員会の指導者を務めた。

1922年に新設された書記長は、純粋に、行政上の規律的な役割であった。スターリンが最初に任命されると、党紀(Party discipline)と党に対するあらゆる従属と党の一般方針(general line of the party)、派閥争いに対する罰則、党の指導者の仕事を任務とする民主集中制の原則が適用された。より高等な組織が下部組織に全面的に義務を負わせ、党幹部である書記長による統制はより強くなり、別の党の指導者間における地位は高まっていった。中央政治局のほかの局員たちは党幹部からますます孤立し、分裂し、スターリンが異なる党派を互いに対抗させるのを黙認して漁夫の利を得たことで、結局、彼ら自身は排除された。1930年までに、党のみならずのソ連の事実上の指導者にまでなったのはスターリンのみであった。スターリンの権力による支配力がより確かなものになったことで、彼は党の公式の役割を軽視し始めるようになる。スターリンの周囲で、彼に対する個人崇拝の発生が容認された。

1927年の第15回党大会後の12月19日、最初の党中央委員会総会にて、スターリンは地位の廃止を提案したが、それは反対された。1934年1939年および1952年の党大会の後、それにより選出された中央委員会は、スターリンが書記長であることを確認するためのものではなくなっていた。むしろ、スターリンは役職に関係なく、政治局、書記局、そして組織局 (Orgburo) に選出され、「中央委員会書記」として書類に署名することをますます好んだ。役職への公式な言及はスターリンの死までなされなかったが、それにもかかわらず、1922年の書記長任命から1953年の死去までは「書記長」と見なされている。

その後[編集]

1948年以降、スターリンの将来的な後継者としてゲオルギー・マレンコフが書記を務めることになり、組織の指揮を執る。その後のスターリンは書記局の仕事からますます離れるようになる[2]。スターリンが死ぬ少し前の1952年10月、スターリンは書記長の役職の廃止(これによってスターリンの権力が衰えることは無かったが)を含む党の指導者の再編成を行った[3]

スターリンの死によって中央委員会の統率が再編成されたとき、書記長の座は一時的に空いたままだったが、政治局の上級委員で書記局にいた2人の人物、すなわち新首相となるマレンコフとニキータ・フルシチョフがいた。組織の事実上の支配権を握ったフルシチョフによって、1953年3月14日、マレンコフは書記局から追われた。1953年9月7日の党中央委員会にて、フルシチョフはソ連共産党中央委員会第一書記に選出された。当初は集団指導体制を考えていたフルシチョフも、自身の政敵の追放のため、ソ連共産党第一書記の権限を強化した。この「第一書記」という呼称は1964年にフルシチョフを失脚させたレオニード・ブレジネフの時代でも継続されたが、呼称に対する党幹部の不満が表出した。1966年の第23回党大会にて、初期の呼称である「書記長」に復帰した。

終焉[編集]

1991年8月のクーデターを受けて、ミハイル・ゴルバチョフ大統領は書記長を辞任し、ウラジーミル・イワシコ副書記長が書記長代行を5日間務めた。1991年8月29日、ロシアの初代大統領となるボリス・エリツィンがソ連共産党の全ての活動を停止させ、ソ連共産党は解散した。

書記長一覧[編集]

氏名 肖像 就任 退任 生年月日 死亡年月日
1 ヨシフ・スターリン 1922年4月3日 1953年3月5日 (1878-12-18) 1878年12月18日 1953年3月5日(1953-03-05)(74歳)
2 ゲオルギー・マレンコフ
(筆頭書記の肩書きを用いた)
Georgy Malenkov 1964.jpg 1953年3月5日 1953年3月13日 (1902-01-13) 1902年1月13日 1988年1月14日(1988-01-14)(86歳)
3 ニキータ・フルシチョフ
(筆頭書記及び第一書記の肩書きを用いた)
Bundesarchiv Bild 183-B0628-0015-035, Nikita S. Chruschtschow.jpg 1953年3月14日(筆頭書記)
1953年9月7日(第一書記)
1964年10月14日 (1894-04-17) 1894年4月17日 1971年9月11日(1971-09-11)(77歳)
4 レオニード・ブレジネフ Leonid Brežněv (Bundesarchiv).jpg 1964年10月14日 1982年11月10日 (1906-12-19) 1906年12月19日 1982年11月10日(1982-11-10)(75歳)
5 ユーリ・アンドロポフ Yuri Andropov - Soviet Life, August 1983.jpg 1982年11月12日 1984年2月9日 (1914-06-15) 1914年6月15日 1984年2月9日(1984-02-09)(69歳)
6 コンスタンティン・チェルネンコ Konstantin Chernenko1.jpg 1984年2月13日 1985年3月10日 (1911-09-24) 1911年9月24日 1985年3月10日(1985-03-10)(73歳)
7 ミハイル・ゴルバチョフ Mikhail Gorbachev 1987.jpg 1985年3月11日 1991年8月24日 (1931-03-02) 1931年3月2日(87歳)
- ウラジーミル・イワシコ
(副書記長・書記長代行)
1991年8月24日 1991年8月29日 (1932-10-28) 1932年10月28日 1994年11月13日(1994-11-13)(62歳)

脚注[編集]

  1. ^ 責任書記の地位を占めていたのは、ヤーコフ・スヴェルドロフニコライ・クレスチンスキーエレーナ・スタソヴァ、そしてヴャチェスラフ・モロトフである。
  2. ^ Zhores A. Medvedev & Roy Aleksandrovich Medvedev, The Unknown Stalin, p. 40.
  3. ^ Geoffrey Roberts, Stalin's wars: from World War to Cold War, 1939-1953, p. 345.

関連項目[編集]