総書記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

総書記(そうしょき)とは、共産党の最高指導者の役職名「書記長」(: General secretary, : Генеральный секретарь)の中国語訳由来の漢語

解説[編集]

中国共産党では1927年の初代総書記陳独秀から1943年まで総書記の職があり、1982年胡耀邦が復活させてそれまで使用していた「主席」に代わり、最高指導者の地位にこの名称を採用している。日本では「書記長」の語が通用しており、外国語からの翻訳にもこれを用いているが、中国共産党についてはそのまま「総書記」と訳している。

このほか、朝鮮語ベトナム語では「書記」に「秘書」の字をあてるため、朝鮮労働党ベトナム共産党の最高指導者はともに「総秘書」という漢字表記になるが、日本では通例それぞれ「朝鮮労働党総書記」(マスメディアによる金正日の「金総書記」との呼称でより一般化した)、「ベトナム共産党書記長」と訳している。

関連項目[編集]