モスクワ休戦協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モスクワ休戦協定
Finnish areas ceded in 1944.png
継続戦争後のフィンランドからソビエト連邦へ割譲された領域。ポルッカラ1956年にフィンランドに返却された。[1]
署名 1944年9月19日(モスクワ)
言語 ロシア語
主な内容 冬戦争について、フィンランドとソ連の講和
フィンランド一部領土の割譲
一部領域における無条件通行許可
条文リンク

[1](英語)
[2](ロシア語)

[3](フィンランド語)
テンプレートを表示

モスクワ休戦協定(モスクワきゅうせんきょうてい、露: Московское перемирие、芬: Moskovan välirauha)は、1944年9月19日にフィンランド側とソビエト連邦イギリス側によって署名された協定であり、これによって事実上継続戦争は終結した[2]。この休戦協定は、1940年モスクワ講和条約の条件に多少変更を加え復帰させたものである。なお、フィンランド・連合国諸国間の最終的な講和条約1947年パリで締結されたパリ条約である。

講和条件[編集]

モスクワ休戦協定の講和条件は1940年のモスクワ講和条約で合意された条件、つまりカレリアサラそしてフィンランド湾に浮かぶ諸島の割譲に近いものである。この休戦協定ではソ連は新たにペツァモ(現ペチェングスキー)全域の割譲を要求し、さらにフィンランドにポルッカラを50年間貸すことを強いた。なおポルッカラは1956年にフィンランド統治下に返却された。

他の条件としてフィンランドは、向こう6年間に渡って3億ドル(現在の米ドルで約40億ドル)分の物資をソ連へ賠償することが含まれていた[3]。フィンランドはまた党則を多少変更した後フィンランド共産党を合法化することに同意し、ソ連が当時ファシスト政党と考えていたものを禁止した[4]。さらに、ソ連側は戦争責任があると判断した人物を逮捕し裁判にかけた[5]。この一連の裁判の中でもリスト・リュティのものが最も有名である。最終的にこの休戦協定はフィンランドに自国領土内にいるドイツ軍の退出を強いることになり、結果的に1944年から1945年にかけてのラップランド戦争へと繋がる。

関連記事[編集]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • Malbone W. Graham. (1945). "Armistices – 1944 Style". The American Journal of International Law 39, 2: 286–95.

外部リンク[編集]