ロシア連邦議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
連邦議会
Федеральное Собрание
Federalnoye Sobraniye
紋章もしくはロゴ
種類
種類
議院連邦院(上院)
国家院(下院)
役職
連邦院議長
ワレンチナ・マトヴィエンコ
2011年9月21日より現職
国家院議長
構成
定数国家院: 450
連邦員: 170
Russia Federal Council 2022.svg
連邦院院内勢力
政党 (167)

欠員 (3)

  •   欠員 (3)
Russian 8th State Duma 2021.svg
国家院院内勢力
与党 (325)

他の政党 (124)

欠員 (1)

  •   欠員 (1)[1]
選挙
連邦構成主体の代表者が選出
小選挙区比例代表並立制
前回連邦院選挙
1993年12月12日
前回国家院選挙
2021年9月17-19日
次回国家院選挙
2026年9月20日までに施行
ウェブサイト
Федеральное Собрание Российской Федерации
ロシア

ロシアの政治


  • 憲法裁判所
  • 最高裁判所
  • 最高仲裁裁判所(2014年廃止)
行政区画

その他の国 · 地図

ロシア連邦議会(ロシアれんぽうぎかい、ロシア語: Федеральное Собрание Российской Федерации、フェデラーリノイェ・サブラーニイェ・ラシーイスカイ・フェデラーツィイ)は、ロシア連邦立法府連邦院上院)と国家院下院)から構成される両院制議会である。

議会構成[編集]

1993年に制定されたロシア連邦憲法によって設置された。なお連邦議会を帝政時代末期の1906年から1917年まで設置された第1から第4国会(ドゥーマ)を継承するとして第5国会と見なす考え方もある。

構成[編集]

ロシア連邦議会は上院に当たる連邦院Совет Федерации、 Sovet Federatsii、連邦会議)と下院に当たる国家院Государственная дума 、Gosudarstvennaya Duma、国家会議、国家ドゥーマ)の両院制議会である。議員定数は憲法制定当初は上院178・下院450であったが、2012年では上院が170名・下院が450名である。

連邦院は選挙によってではなく、連邦構成主体の行政府及び立法機関の代表各1名より構成され、任期は無い。国家院は任期5年(2011年までは4年)で、当初は定数450議席を小選挙区比例代表により半数ずつ選出していたが、2007年12月選挙より完全比例代表制へ移行した。2016年9月の選挙より再び小選挙区と比例代表により半数ずつ選出する制度に変更された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ушел из жизни Владимир Вольфович Жириновский”. Государственная Дума. 2022年5月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]