ワレンチナ・マトヴィエンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワレンチナ・マトヴィエンコ
Валентина Матвиенко
В.И. Матвиенко.jpg
2014年3月6日
生年月日 (1949-04-07) 1949年4月7日(73歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
Flag of Khmelnytskyi Oblast.svg フメリニツキー州シェペティフカ
出身校 レニングラード化学薬科大学
ソ連共産党アカデミー
前職 共産党官僚
外交官
マルタ大使
ギリシャ大使
所属政党 ソビエト連邦共産党
祖国・全ロシア
統一ロシア
配偶者 ウラジミール・ヴァシリエヴィッチ・マトヴィエンコ(1948 - 2018)
子女 セルゲイ・マトヴィエンコ
サイン Signature of Valentina Matviyenko.png

在任期間 2011年9月21日 -
大統領 ドミートリー・メドヴェージェフ
ウラジーミル・プーチン

在任期間 2003年10月15日 - 2011年8月22日
大統領 ウラジーミル・プーチン
ドミートリー・メドヴェージェフ

ロシアの旗 北西連邦管区
大統領全権代表
在任期間 2003年3月11日 - 2003年10月5日
大統領 ウラジーミル・プーチン

ロシアの旗 ロシア連邦
副首相
在任期間 1998年9月24日 - 2003年3月11日
大統領 ボリス・エリツィン
ウラジーミル・プーチン
テンプレートを表示

ワレンチナ・イワノヴナ・マトヴィエンコマトビエンコロシア語: Валенти́на Ива́новна Матвие́нко、ラテン文字表記の例:Valentina Ivanovna Matviyenko1949年4月7日 - )は、ロシア連邦政治家。副首相、北西連邦管区大統領全権代表、サンクトペテルブルク市長を歴任した後は連邦院議長を務めており、ロシアで最も著名かつ人気のある女性政治家の1人である。

経歴[編集]

1949年4月7日にウクライナ・ソビエト社会主義共和国フメリニツキー州シェペティフカに誕生する。1972年にレニングラード化学薬科大学を卒業し、1984年までコムソモール活動に従事する。1985年ソ連共産党アカデミーを卒業し、レニングラード市共産党組織・機関に勤務する。

1989年人民代議員に当選し、最高会議女性・家族・児童問題委員会議長に選出された。1991年から1998年にかけて外交官となり、マルタ大使・ギリシャ大使などのポストを歴任した。1998年にロシア連邦政府に戻り、社会政策担当の副首相を務めた。

2003年3月にプーチン大統領によって北西連邦管区大統領全権代表に任命される。2003年10月にサンクトペテルブルク市長候補に指名され、選挙を経て当選した。

2011年8月にサンクトペテルブルク市長を辞任し、同年9月に連邦院議長に就任した[1]。2019年9月25日に議長に3選した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
アレクサンドル・トルシン
(代行)
ロシアの旗 連邦院議長
第4代:2011年9月21日 -
次代
現職
先代
ウラジーミル・ヤコブレフ
Flag of Saint Petersburg.svg サンクトペテルブルク市長
2003年10月15日 - 2011年8月22日
次代
ゲオルギー・ポルタフチェンコ
先代
ヴィクトル・チェルケソフ
ロシアの旗 北西連邦管区大統領全権代表
2003年3月11日 - 2003年10月5日
次代
イリヤ・クレバノフ