統一ロシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロシアの旗 ロシア連邦政党
統一ロシア
Единая Россия
ЕдРо (лог).svg
党首 ドミートリー・メドヴェージェフ
下院会派代表 アンドレイ・ヴォロビヨフ
成立年月日 2001年12月1日
前身政党 統一[1]
祖国・全ロシア[1]
本部所在地 モスクワ
国家院議席数
324 / 450   (72%)
(2021年9月19日)
連邦院議席数
141 / 170   (83%)
[2]
党員・党友数
207万3772人
(2011年[3]
政治的思想・立場 中道右派[4][5][6] - 右翼[7][8][9]
保守主義[10][11]
国民保守主義[12][13]
社会保守主義[14]
国家主義[15][16][17]
ナショナリズム[18]
包括政党[19][20][21][22]
ウラジーミル・プーチン支持[23][24][25][26]
シンボル ロシア国旗に熊
公式サイト Единая Россия официальный сайт Партии
テンプレートを表示
2007年ロシア連邦下院選挙で統一ロシアに投票を呼びかける看板。「モスクワはプーチンに賛成!」と書かれている(2007年11月28日)
2008年4月、党大会に向かうグルイズロフ、プーチン、シャイミーエフメドヴェージェフショイグ(左から)
党大会にて拍手の中で立ち上がるプーチン(2008年4月15日)

統一ロシア(とういつロシア、ロシア語: Единая Россия、エジーナヤ・ラシーヤ)は、ロシア連邦の政党。2022年6月現在、政権与党である。党首は2012年よりドミートリー・メドヴェージェフが務める。2021年の選挙では450議席中326議席を獲得し、圧倒的な与党である。またロシア共産党、公正ロシアの両党が「体制内野党」であるため、実質的なプーチンによる大政翼賛会的な議会構成になっている。

歴史[編集]

1999年ロシア連邦下院選挙前に強い与党の創設を目論んだ政権側の肝入りで、有力州知事らがショイグ非常事態相を党首に結成した政党「統一英語版」と、同年にモスクワルシコフ市長とタタールスタンシャイミーエフ大統領がプリマコフ首相と共に結成した中道左派連合「祖国・全ロシア」が、2001年12月1日に統合して成立した。創設者のショイグ、ルシコフ、シャイミーエフの三者が党最高会議の共同議長(党首)を務めた[27]

2003年ロシア連邦下院選挙で統一ロシアは圧勝し、第一党となる。2004年11月の党大会でグルイズロフ下院議長が党最高会議議長に選出された。

2006年12月2日エカテリンブルクで党大会が開催された。党大会ではグルイズロフ下院議長・党首、ルシコフら地方政府代表が参加した。この党大会では今後10年間の国家建設の指針となる「国家発展戦略」を採択した。同戦略は2007年ロシア連邦下院選挙及び2008年ロシア連邦大統領選挙に向けての党の公約でもある。一方で党内ではシロヴィキと反シロヴィキの駆け引きが熾烈なものとなり、党役員改選では、当初役員に選出されると予想されていたロシア鉄道ウラジーミル・ヤクーニン社長が選出されなかった。

2007年の下院選挙ではプーチン大統領が党の比例代表名簿1位となり、国民の支持を集めて政権与党としての有利さを最大限生かして大勝し、6割以上の議席を獲得する[28]。2008年の大統領選ではドミートリー・メドヴェージェフ第一副首相を支持した。同年4月15日にプーチンは党大会に出席し、次期党議長(党首)への就任を受諾した。同年5月7日大統領退任と共に正式に党首に選出された。

複数政党制のロシアで大きな影響力を誇る統一ロシアであるものの、2008年からの世界同時不況で人気に陰りが見え始めたと言う指摘がある。2009年3月にはトベリ市議会選挙でロシア連邦共産党に第一党の地位を奪われ、スモレンスクエカテリンブルク近郊の首長選挙でも統一ロシアの候補は当選できなかった[29]

2011年ロシア連邦下院選挙では3233万1244票(49.29パーセント)を獲得して238議席を得たが、前回と比べては大幅な議席減という結果になった。2012年ロシア連邦大統領選挙でも勝利を収めた。

その後もロシアの中核都市の市長選挙で統一ロシア候補が惨敗するなど、地方選挙では苦戦を強いられている。「ニェザヴィーシマヤ・ガゼータ」は「ロシア国民の目が肥えてきた」と論評している[30]2014年ノヴォシビルスク市長選挙[31]2015年イルクーツク州知事選挙で共産党が統一ロシアに勝利している[32]

2012年5月26日に党首にドミートリー・メドヴェージェフ首相を選出した[33]

2011年の下院選挙辺りから、統一ロシアの国民的イメージは選挙不正・統一ロシア議員の不祥事などから低下しており、プーチン大統領は統一ロシアを事実上見限り、超党派の国民運動体「全ロシア人民戦線」を2013年6月に正式な社会団体に格上げすることで自身の権力の安泰を図ろうとしている[34]。しかし2014年3月辺りからロシアのウクライナに対する強硬姿勢が国民の支持を集め、プーチン政権並びに統一ロシアの支持率が再び上昇している[35]

ロシア下院選挙(2011年および2016年)における「統一ロシア」の得票率と議席占有率

「統一ロシア」は2016年ロシア連邦下院選挙に向けて選挙制度を改正し、比例代表制から小選挙区比例代表並立制に変更した。これにより2016年の下院選挙で「統一ロシア」は、小選挙区で他の党を圧倒し、225選挙区のうち203選挙区で勝利した。比例代表と合わせると獲得議席数は343となり、前回の下院選挙の238を遥かに凌ぐ結果となった[36]。「統一ロシア」が獲得した得票率は2011年の選挙とほぼ同じであったが、議席占有率は大幅に高まった(右グラフを参照)。

2019年9月8日に統一地方選挙ではモスクワ市議会選挙で議席数を減らし、地方議会選挙でも苦戦した[37]。2022年、プーチンがウクライナへの侵略戦争に踏み切ったことで、言論の自由は実質的に皆無の状況となった。統一ロシアや、ギリシャ正教会主教らも、この体制と戦争を支持している。

政治的立場[編集]

結成当初は中道左派・社会民主主義政党の国際組織である社会主義インターナショナルの会合に代表を送ったこともあった。だが、大統領ウラジーミル・プーチン支持だけを旗印に様々な思想・信条を持つ政治家らが集まった「寄せ集め」政党との指摘もある。当初は中道を標榜していたが、2006年10月に、中道左派色の強い公正ロシア[38]が結成されたため、保守あるいは右派と見なされることが多くなった。2013年6月には伝統的なロシアの価値観に反するとして同性愛宣伝禁止法を制定したり、イスラム教徒を弾圧するなど、保守・右派色を強めている。

批判[編集]

統一ロシアは、ロシアで汚職の蔓延が続いているため、「詐欺師と泥棒の党」(活動家アレクセイ・ナワリヌイ[39]によって造られた用語・партияжуликовиворов )であるとの批判を受けている。[99] 2011年10月、ノーヴァヤ・ガゼータ[40]・Novaya Gazetaは、一般の人々がどのように抗議して紙幣にスローガンを書いているかを、説明する記事を発表した。2011年12月、ウラジーミル・プーチンは汚職の告発を拒否し、それは特定の政党に限定されない「一般的な問題である」と述べた。特定の政治力、それは権力に関連する決まり文句...しかし、重要なのは、与党政府がこれらの否定的なことと、どのように戦っているのかということである。2011年11月に行われた世論調査では、ロシア人の3分の1以上が、統一ロシアを「詐欺師と泥棒の党」として特徴付けることに、同意したことがわかった。

ゴルバチョフの見解[編集]

第7代ソビエト連邦最高指導者だったミハイル・ゴルバチョフは、「統一ロシアは旧ソビエト連邦共産党の出来の悪いコピーだ」とメディアに語っている[41]

外国政党との関係[編集]

統一ロシアは、外国の右翼政党、左翼政党の両方を関係を結んでいる。オーストリアの右翼ポピュリスト・自由党[42]、セルビア進歩党、カンボジア人民党、日本の自由民主党、およびイタリア連盟と協力協定を締結した。その青年部、統一ロシアのヤングガードは、右翼ポピュリストのドイツのための選択肢・青年部と同盟を結んでいる。党はまた、ボスニア・ヘルツェゴビナの独立社会民主同盟のセルビア民族主義同盟および エストニア中央党と協力協定に署名した(ただし、党首のユリ・ラタスは最近、協定は10年間有効でなく、現在の協力はないと主張した)。党は、イタリア・ポピュリストの五つ星運動(M5S)に協力協定を提案した。五つ星運動は提案に対して適切な答えを出すことはなく、実際に提案を受け入れたかどうかは現在不明である。

統一ロシアはまた、カザフスタンのヌルオタン党、モンゴル人民党、ウズベキスタン自由民主党、タジキスタン人民民主党、共和国社会党と協力協定を締結した。モルドバ共和国、ラオス人民革命党、ベトナム共産党、南アフリカのアフリカ民族会議、新アゼルバイジャン党、繁栄するアルメニア党、アラブ社会主義バース党(–シリア地域)、朝鮮労働党、キューバ共産党、そしてフィリピンのPDP-ラバン党とも協力関係にある。党はかつてラトビア社会民主党「調和」と協定を結んでいたが、協定は2016年に失効し、更新されなかった。

歴代党首[編集]

党首[編集]

党首 在任期間
1 共同代表
セルゲイ・ショイグ ユーリ・ルシコフ ミンチメル・シャイミーエフ
Sergey Shoigu.jpg Yuri Luzhkov 2010 Moscow Unesco 02.jpg RIAN archive 395745 President of the Republic of Tatarstan Mintimer Shaimiyev.jpg
2001年12月1日 - 2005年4月15日
2 Boris Gryzlov 2006.jpg ボリス・グルイズロフ 2005年4月15日 - 2007年12月31日
3 Vladimir Vladimirovich Putin (2nd Presidency).jpg ウラジーミル・プーチン 2007年12月31日 - 2012年5月30日
4 Dmitry Medvedev official portrait (05).jpg ドミートリー・メドヴェージェフ 2012年5月30日 -

日本の政党との関係[編集]

統一ロシアは日本自由民主党とは2002年以来政党間交流を行うなど友党関係にあり、統一ロシアの地方組織は日本の自民党を参考にして作られた[43]。自民党はロシアのクリミア侵攻以降である2018年4月にも、安倍晋三総裁の下で二階俊博幹事長がロシアを訪問し、メドヴェージェフ首相との間で統一ロシアとの正式な協力協定に署名した[44]。また2011年11月26から27日に行われた党大会には、民主党の国際局長を務める渡辺浩一郎衆議院議員が出席した。野田佳彦代表内閣総理大臣)の親書をコサチョフ国家院国際問題委員長に手渡し、両者は党間交流の推進で合意している[45]

脚注[編集]

  1. ^ a b ロシア連邦 ろしあれんぽう Russian Federation英語 Российская Федератсия Rossiyskaya Federatsiya ロシア語 #歴史”. コトバンク. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2019年8月23日閲覧。 “与党「統一ロシア」(2001年に与党の「統一」と中道連合「祖国・全ロシア」の統合によって成立”
  2. ^ http://er.ru/persons/federal_council/
  3. ^ ИНФОРМАЦИЯ о численности членов Всероссийской политической партии «ЕДИНАЯ РОССИЯ» в каждом из ее региональных отделений (по состоянию на 1 января 2011года) Nuvola-inspired File Icons for MediaWiki-fileicon-doc.png (Microsoft Word.doc)” (ロシア語). minjust.ru (2011年2月1日). 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月30日閲覧。
  4. ^ Political actors in a modern Russian drama. ル・モンド・ディプロマティーク. (2007年12月)
  5. ^ Russian general elections 2011: parties. Euronews. (2011年11月20日)
  6. ^ Nordsieck, Wolfram (2016年). “Parties and Elections in Europe”. Parties-and-elections.eu. 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ Kremlin-Backed Opposition Party Foundering as Elections Loom”. The Washington Post (2007年10月26日). 2018年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月27日閲覧。 “"'As of today, we are truly an opposition party,' Mironov told reporters the day after Putin informed a United Russia congress that he would lead the party at the polls. 'And the president's support consists only of this: He agrees that Russia needs not only the right-wing United Russia but also a powerful socialist or social democratic party. And we don't need any more from him. The rest we'll do ourselves, relying on the support of our voters.'"”
  8. ^ United Russia 'determined itself as a right-wing party'”. RT (2009年11月23日). 2017年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月27日閲覧。 “Having called themselves "conservatives," the members of United Russia "have simply determined their place" as a right-wing party, political scientist Dmitry Travin said. That means that they are "politicians who defend values of the market economy based on national traditions," Rosbalt news agency quoted him as saying.”
  9. ^ Paulo Vicente Alves (2014). Emerging Markets Report (1st ed.). AVEC Editora. ISBN 9788567901053. https://books.google.com/books?id=pHnoCwAAQBAJ&lpg=PP1&pg=PP1#v=onepage&q&f=false 2018年3月27日閲覧. "Here are the two main parties, the "Right-Wing" United Russia and the "Statist" CPRF (Communist Party). United Russia was created in 2001 from the union of the Unity and Fatherland parties. Their "Right-Wing" position in the frontier of "Leftist" groups shows how hard it is to define United Russia but it is definitely trying to move Russia toward capitalism with stability." 
  10. ^ Mezhuev, Boris V. (2013). Democracy in Russia: Problems of legitimacy. Routledge. p. 115 
  11. ^ White, Stephen (2011). Understanding Russian Politics. Cambridge University Press. p. 362 
  12. ^ Chaisty, Paul; Whitefield, Stephen (20 April 2015). Putin's Nationalism Problem. E-International Relations 
  13. ^ Is 'National Conservatism' the New Ideology of the Russian People?”. Diena (2008年12月5日). 2019年8月12日閲覧。
  14. ^ Lansford, Tom. Political Handbook of the World 2015. CQR Press. "United Russia ... espouses social conservatism" 
  15. ^ Sakwa, Richard (2013). Power and Policy in Putin's Russia. Routledge. p. 7. ISBN 978-1-317-98994-3. https://books.google.com/books?id=6QjcAAAAQBAJ&pg=PA7 2017年10月14日閲覧。 
  16. ^ New Russian “Patriots””. The Institute of Modern Russia (2012年10月25日). 2017年5月26日閲覧。
  17. ^ Nordsieck, Wolfram (2016年). “Parties and Elections in Europe”. Parties-and-elections.eu. 2017年10月29日閲覧。
  18. ^ Laruelle, Marlène (2009). “Nationalism as Conservative Centrism: United Russia”. In the Name of the Nation. New York: Palgrave Macmillan. pp. 119–152. doi:10.1057/9780230101234_5. ISBN 978-1-349-38117-3 
  19. ^ Chen, Cheng (2016). The Return of Ideology: The Search for Regime Identities in Postcommunist Russia and China. University of Michigan Press. p. 87. ISBN 978-0-472-11993-6. https://books.google.com/books?id=27ypDAAAQBAJ&pg=PA87 2017年10月30日閲覧。 
  20. ^ Sakwa, Richard (2011). The Crisis of Russian Democracy: The Dual State, Factionalism and the Medvedev Succession. ケンブリッジ大学出版局. pp. 217–218 
  21. ^ Bodrunova, Svetlana S.; Litvinenko, Anna A. (2013). New media and political protest: The formation of a public counter-sphere in Russia, 2008–12. ラウトレッジ. pp. 29–65, at p. 35 
  22. ^ Rose, Richard (2009). Understanding Post-Communist Transformation: A bottom up approach. ラウトレッジ. p. 131 
  23. ^ Will Stewart (2019年8月22日). “Pro-Putin politician 'murdered wife in front of kids after catching her with lover' - World News - Mirror Online” (英語). Mirror Online (デイリー・ミラー). https://www.mirror.co.uk/news/world-news/politician-murdered-wife-front-kids-18982073 2019年8月23日閲覧. "... Pro-Putin political party United Russia has suspended his membership, it was announced. ..." 
  24. ^ Sarah Rainsford (2016年11月9日). “US election 2016 Why Russia is celebrating Trump win” (英語). BBCニュース (英国放送協会). https://www.bbc.com/news/election-us-2016-37928171 2019年8月23日閲覧. "... "They were fighting the establishment, traditional Washington and the lies pouring from all the TV channels," is how Vyacheslav Nikonov, a deputy with the pro-Putin United Russia party, interpreted Donald Trump's voters." 
  25. ^ “Not so gay times in Russia World Breakings news and perspectives from around the globe” (英語). ドイチェ・ヴェレ. (2015年7月12日). https://www.dw.com/en/not-so-gay-times-in-russia/a-18575064 2019年8月23日閲覧. "... It's a point not lost on the pro-Putin party, United Russia. ..." 
  26. ^ Sophia Kishkovsky (2011年11月23日). “Virgin Mary’s Belt Draws Crowds in Moscow” (英語). ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2011/11/24/world/europe/virgin-mary-belt-relic-draws-crowds-in-moscow.html 2019年8月23日閲覧. "... They wait here, within view of the Kremlin, snaking past the hulking Ministry of Defense building and billboards in support of United Russia, the pro-Putin governing party. ..." 
  27. ^ ПОЛИТ.РУ \ НОВОСТИ \ Съезд центристов избрал Генеральный совет «Единства и Отечества» и призвал россиян вступать в ряды новой партии.
  28. ^ ロシア下院に多数党が誕生」 ノーボスチ・ロシア通信社、2007年12月4日。
  29. ^ “【09衆院選 海外の目】日露与党 蜜月の終焉 学ぶべき衰退の経緯”. 産経新聞. (2009年8月26日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090826/erp0908261808002-n1.htm 2009年8月27日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ しんぶん赤旗 2012年4月5日 国際欄
  31. ^ “「赤いベルト」復活なるか 批判票とり込み狙う共産党 大統領には矛先向けず”. 産経ニュース. (2016年9月15日). https://www.sankei.com/article/20160915-YH4L6ZIKVJO2PLGDON7GFE4LLU/ 2016年10月20日閲覧。 
  32. ^ 「ロシアのイルクーツク州、政権与党の知事候補敗北」産経ニュース2015年9月28日
  33. ^ (日本語) 「統一ロシア」のために革命を!”. ロシアの声ホームページ (2012年5月26日). 2012年6月3日閲覧。
  34. ^ “超党派で権力基盤強化 プーチン氏 「人民戦線」が本格始動へ”. 産経新聞. (2013年4月1日). オリジナルの2013年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130401083927/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130401/erp13040100090000-n1.htm 2013年4月3日閲覧。 
  35. ^ ВЦИОМ: Всероссийский Центр Изучения Общественного Мнения: Электоральный рейтинг политических партийWCIOM
  36. ^ “ロシア下院選で与党圧勝、100議席超増やす”. TBS. (2016年9月20日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2872523.html 2016年9月20日閲覧。 
  37. ^ “統一地方選、地方議会選で与党「統一ロシア」が苦戦”. (2019年9月11日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/09/c64d1cdf92d51ffc.html 2019年9月30日閲覧。 
  38. ^ 政権内与党である
  39. ^ 暗殺されかかったが、一命を取り留めた。だがその後、身に覚えのない罪状で収監されている
  40. ^ 編集長のムラトフがノーベル平和賞を受賞している
  41. ^ “次の露大統領はどっち? ポスター合戦勃発”. 産経新聞. (2011年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110729/erp11072909510002-n2.htm 2011年8月5日閲覧。 [リンク切れ]
  42. ^ 議会のおいて大きく勢力を伸ばしている右派政党である
  43. ^ 武部幹事長が「統一ロシア」の訪日団と会談自由民主党ホームページ、2004年11月1日。
  44. ^ “二階・自民幹事長:露首相と会談 協力協定に署名”. 毎日新聞. (2018年4月18日). オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313052159/https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/005/010/129000c 2022年3月25日閲覧。 
  45. ^ プーチン党首(首相)宛の野田代表(首相)親書を手交”. 民主党. 2011年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]